PowerPoint 2013 プロが使う快速・便利テクニック

「パパッと点滅する」効果で記憶に焼きつける

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
パパッと電気が走ったように瞬くアニメーション。インパクトがあり、高い強調効果を発揮します。表現を記憶に焼き付ける強力なアニメーション効果を学びます。
講師:
11:30

字幕

パパッと電気が走ったように 瞬くアニメーション インパクトがあり 高い強調効果を発揮します このレッスンでは表現を記憶に焼き付ける 強力なアニメーション効果を学びます こちらがその完成形です 今パパッと瞬きました これは文字がじわじわと大きくなる効果と 合わせて使うと非常に効果的です 非常にこれはインパクトのある効果ですけど 設定自体は結構簡単です では実際にやってみましょう Esc でスライドショーを終わらせます こちらのスライドで設定していきます まずはこのテキスト こちらにアニメーションを設定します テキストボックスをクリックして 最初に文字がじわじわと大きくなる アニメーションを設定します 文字がじわじわと大きくなるアニメーションは 「アニメーション」タブをクリックして 「アニメーションスタイル」から 「拡大/縮小」を選びます 「アニメーション ウィンドウ」を表示します この ここですね 今「拡大/縮小」を設定した所の 右の矢印を押して 「効果のオプション」を表示します 現在サイズが「150%」になっているのですけれど 矢印をクリックして「ユーザー設定」で 「110%」に変えます 「110」 と打ち込んで Enter です 更にタイミングです 「タイミング」タブをクリックして 「継続時間」 現在「2 秒」になっています これを「5 秒」に変えます 更にこのスライドが切り替わった瞬間に アニメーションを始めたいので 今「開始」が「クリック時」 になっていますけれど ここを「直前の動作と同時」に変えます これで「OK」です こんな感じです 5秒間かけて 110% 大きくなる もう1回見ます 5秒間かけて 110 % じわじわと文字が大きくなる設定ができました それでは次にパパッと点滅する アニメーションを設定します テキストボックスを選択して 今度は「アニメーションの追加」です 「アニメーションの追加」をクリックして 「その他の強調効果」をクリックします その中に「ブリンク」というのがあります これは点滅をするアニメーションです 「ブリンク」を選択します そして「OK」を押します これが先程設定したブリンクの アニメーションの設定です ここから 「タイミング」を選びます パパッと素早く点滅するブリンクにするには 「継続時間」を 0.1 秒にします ここに「0.1」と打ち込みます 更に「繰り返し」です これが何回か繰り返されているほうが 点滅感が出るので まず3回繰り返しましょう 「3回」ですね そして ここですね 今はクリックしないとアニメーションが 発動しないのですけれど じわじわと大きくなっている間に アニメーションをかけたいので ここを「直前の動作と同時」にします 更に「遅延」ですね 「遅延」 大体2秒ぐらい経ってから 点滅させたいということでしたら 「2」と打ち込みます 2秒です これでOKします ということは 現在どうなっているかというと 文字がじわじわと大きくなる中で 3回 0.1 秒の点滅が入りました 1回だけ点滅させるよりも もう1度同じように 点滅の効果を作ると 非常に印象的になります ではやってみます テキストボックスをクリックして 選択して 「アニメーションの追加」から 「その他の強調効果」です そして「ブリンク」を選びます そして今作ったこのブリンクの所から 「タイミング」を選びます 同様に「継続時間」に 「0.1」と打ち込み 「繰り返し」回数は2回目なので ちょっと多めに「5回」にします そして「開始のタイミング」は この拡大していく中で 同時に点滅させたいので これも「直前の動作と同時」です 更に先程 最初の点滅では 「遅延」2秒させました それよりも 1秒後に点滅をさせたいので 今度はここを3秒にします 「3 秒」 これで「OK」を押します これで見てみます じわじわと大きくなる中で 一回点滅してもう1度点滅します こんな感じです スライドショーでも確認してみましょう 画面が切り替わって 拡大しだして 点滅が2度入るという感じです こんな感じで設定できます 結構簡単ですね では他のこんな形のものも 見てみましょう こちらです こちらはどうなるかというと やります いきます こんな感じになります もちろん文字でなくても 写真でもできます これがどういうふうになっているかと 申しますと Esc でスライドショーを終わらせます これは写真が2枚重なっています 上の写真にブリンクの 先程の点滅するブリンクの設定がしてあります 要するに上の写真が 点滅している時に 下の写真がチラッと見えるということです ではもう1度これを見てみましょう いきます いきますね 上の写真が点滅している時に 下の写真が見えるということです いきます こういうことです これも同じ設定です ではこれもせっかくなので 設定してみましょう Esc でスライドショーを終わらせます こちらも写真が2枚重なっています こんな感じです 雷の写真 では上の写真に ブリンクを設定していきます ではこれも同じです 「写真」を選択して 「アニメーション」の 「アニメーションスタイル」から 「その他の強調効果」を選びます そして「ブリンク」を選びます そしてブリンクの設定 「タイミング」を 「継続時間」0.1 秒 一度目は繰り返しを 3 回 これはそうですね これも「クリック時」ではなくて 「直前の動作と同時」にしてみましょうか で「遅延」を 2 秒にします 2 秒 これで1回目の設定 ブリンク設定を「OK」します こんな感じです ではもう1度入れましょう もう1度画像を選んで 「アニメーション」の 「アニメーションの追加」ですね 追加から「その他の強調効果」で 「ブリンク」を選びます で「タイミング」ですね 「タイミング」を 「継続時間」を「0.1」 2回目なので「5回」 開始は「直前の動作と同時」 「遅延」を4秒にしますね 4秒 これで「OK」を押します ではこのスライド スライドショーで見てみましょう こんな感じですね こういう感じになります 非常に簡単です では次にいきます もう1つだけ行ってみます こちらです こちら どうなるかと言いますと こうなります 行きます 文字に光が走ったようになります もう1度見ます これは先ほどのブリンクを 1文字ずつ 1文字単位 文字単位で設定しているだけです これも簡単です 実際にやってみましょう Esc で終わらせます ではこれも本当に簡単です テキストを選びます 「アニメーション」の 「アニメーションスタイル」 「その他の強調効果」から 「ブリンク」を選びます そしてこちらですね 「タイミング」で 「継続時間」を「0.1」 「繰り返し」をまずは「3」 「開始」を「直前の動作と同時」にして 「遅延」を「2 秒」にして 「OK」します これですと 普通のブリンクです でもう1度行きます この「アニメーション ウィンドウ」の所から 「効果のオプション」という所を開いて テキストの動作を「すべて同時」から 「文字単位で表示」に変えます これで 左から光が走るように見えます これも同様にもう1度選んで 「アニメーションの追加」で 「その他の強調効果」>「ブリンク」 >「OK」 まずここの「効果のオプション」で 「文字単位」になっていますね ここを「10%」遅延にします で「タイミング」 「直前の動作と同時」 「遅延」が「4 秒」 「継続時間」「0.1」 「繰り返し」2回目なので「5 回」 これで「OK」しましょう これで スライドショーで見てみましょう 2秒後に3回走りました こんな感じですね こういうふうに いろんな設定ができます このレッスンではパパッと点滅する アニメーション効果を学びました パパッと点滅するアニメーションは まるでサブリミナル効果のように 印象に焼きつきます 訴求したいキーワードに使うと 非常に効果的でしょう

PowerPoint 2013 プロが使う快速・便利テクニック

このコースでは、プレゼンのプロが使っているPowerPointのショートカットテクニックやプレゼンのおもしろみを高めるさまざまな手法を紹介します。パネルディスカッションを取り入れたプレゼン方法や発表者ツールや拡大鏡を駆使したプレゼン、いろいろなアニメーション効果などについて解説します。

3時間03分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年10月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。