PowerPoint 2013 プロが使う快速・便利テクニック

アニメーション効果を組み合わせる

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
PowerPointでは、アニメーション効果を“組み合わせ”て、新しいアニメーションをつくることができます。アニメーションの組み合わせ方を学び、イメージどおりの動きをつくってみましょう。
講師:
08:11

字幕

PowerPoint では アニメーション効果を組み合わせて 新しいアニメーションを 作ることが出来ます このレッスンではアニメーションの 組み合わせ方を学び イメージ通りの動きを作ってみましょう 例えばこちら ご覧ください こう飛び散るように 文字が入れ替わっています これは「ディゾルブ」と 「ベーシックズーム」を 合成した見せ方です フレーズが飛び散りながら 入れ替わるように見えます もう1度ご覧いただきます いきます こんな感じですね 面白い表現ですね これは「ディゾルブ」と 「ベーシックズーム」を 同時にかけている見せ方です では次に行きます これは「ピーク」と「ズーム」を 合成したアニメーションです 見てみましょう 行きますね 文字が立体的に回るように 切り替わるアニメーションに見えます ではもう1度みます 矢印の上キーで戻ります 行きます こんな感じです くるっと回転するように 文字が入れ替わります このように幾つかのアニメーションを 同時に実行することによって 既存のアニメーションだけではできない 表現も可能になります それでは実際にやってみましょう これがサンプルです このようなアニメーションを作ってみます 行きます こんな感じです もう1度みます 行きます 「A Wise Use」の部分が 飛び散るように消えていってます こちらを次のスライドで作ってみます ではスライドの7スライド目 に作ってみましょう これは終了効果のディゾルブアウト というアニメーションと 強調効果の拡大 / 縮小を 合わせて作ります では実際にやっていきます まず この文字 ここが変化するところです この文字をテキストボックスを選んで Ctrl+Shift を押しながら 上にコピーします 更にこの文字を 透過させます 文字の部分をドラッグして 選択します そしてこの上で 右クリックします その中で「文字の効果の設定」を選びます 「文字の塗りつぶし」を選びます 「文字の塗りつぶし」を開いて 「透明度」を設定します では そうですね 50% ぐらいに設定しておきます 「50」 これで文字が半分 透過しました では背景の書式設定を一旦閉じます では飛び出るアニメーションです さっきのように 砕け散るように飛び出るアニメーションは こちらのコピーして作った 透過させた文字に作っていきます まず 拡大のアニメーションを付けます 「アニメーション」のタブから 「アニメーションスタイル」で 「強調効果」の「拡大 / 縮小」 を選びます そして「アニメーション ウィンドウ」 を表示させます 「アニメーション ウィンドウ」から ここを設定していきます 下の三角(▽)を押して まず効果のオプションです 「効果のオプション」 ここで拡大サイズを変えます こちらをクリックして 「ユーザー設定」で 300% にします 「300」と打って Enter を押します 更に「テキストの動作」なのですが 今「すべて同時」になっているのを 「文字単位で表示」にします 更にここを今 「10 %文字間で遅延」となっています これを「0」にします これであとタイミングですね 「タイミング」タブを押して 「継続時間」が「2 秒」になっています これを「0.5 秒」にします これでプレビューされると思うので 見てみます 「OK」を押します こんな感じです 文字が1文字ずつ同時に 拡大されています これが1つのアニメーションです もう1つディゾルブアウトという アニメーションをつけます アニメーションを追加するのは テキストボックスを選んで 「アニメーション」タブの 「アニメーションの追加」です 「アニメーションの追加」から 「その他の終了効果」を選びます その中にある 「ディゾルブアウト」を選びます これで「OK」します 「OK」します この2つのアニメーションは 同時に実行されるようにしますので 下の方ですね 先程「ディゾルブアウト」を 設定した所ですけれど ここを「直前の動作と同時」 にまず変えます 更に「効果のオプション」を開きます ここで確認するのは 「文字単位で表示」 「0 %」遅延ですね 先程の拡大 / 縮小と同じタイミング 文字単位で表示になっています 「タイミング」を押して 「継続時間」も「0.5 秒」 同じになっていますね これでOKです これで「OK」を押します ではこの2つの文字を重ねます 両方とも文字を Shift を 押しながらクリックして 「書式」から「配置」 「下揃え」で揃えます これで重なりました 「アニメーション ウィンドウ」を 一旦閉じます これで確認してみましょう スライドショーで見ます 「スライドショー」を押して では Enter キーを押します こんな感じです もう1度見てみましょう 上矢印で戻って Enter キーを押します こういう感じです もう1度みます 上矢印を押して Enter キーで こういう感じでできました これはアニメーション2つが 同時に実行されている状態です こういう風にアニメーションを こう組み合わせて作ると いろんなバリエーションが生まれます こうイメージでこうしたい というものがありましたら アニメーションを組み合わせてみると うまくそれが表現できるかもしれません このレッスンではアニメーションの 組み合わせ方を学びました アニメーションの効果を 一通り把握すれば 組み合わせのイメージも 明確になります アニメーションを合成して 意味の伝わりやすい表現を 考えてみましょう

PowerPoint 2013 プロが使う快速・便利テクニック

このコースでは、プレゼンのプロが使っているPowerPointのショートカットテクニックやプレゼンのおもしろみを高めるさまざまな手法を紹介します。パネルディスカッションを取り入れたプレゼン方法や発表者ツールや拡大鏡を駆使したプレゼン、いろいろなアニメーション効果などについて解説します。

3時間03分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年10月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。