PowerPoint 2013 プロが使う快速・便利テクニック

キネティック タイポグラフィの簡単設定

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
文字が躍動的に動きながらストーリーを構成していく「キネティック・タイポグラフィ」。モーショングラフィックの人気手法を、PowerPointで再現してみましょう。
講師:
08:40

字幕

文字が躍動的に動きながら ストーリーを構成して行く キネティック・タイポグラフィ このレッスンでは キネティック・タイポグラフィ風の表現を PowerPoint で再現してみましょう まずは PowerPoint での キネティック・タイポグラフィ表現を ご覧いただきましょう こんな感じで文字がこう大きくなったり 小さくなったりしながら出てくる 順番に構成されて行く そういう感じの見せ方です もう1ついきましょうか はいこういう感じですね ではもう1つご覧いただきますね こんな感じで構成されて行きます このキネティック・タイポグラフィですが その動きがだいたいこの3つから 構成されています まず1つは俯瞰です これは全体を引いて見る感じです 引いて見る 全体を見る感じです そして次に接近 これは一部分にズームして行く動きです そして3つ目が移動ですね 文字の場所が変わって行くという動きです この3つの動きを組み合わせると キネティック・タイポグラフィ風の 表現ができます そこでこのレッスンでは簡単な キネティック・タイポグラフィの表現を― レクチャーしたいと思います 例えばこんな感じです 行きます はいこんな感じです もう1度見ましょうか 行きますね こんな感じで文字が単語単位で 組み立てられて行くという表現です この表現に使っているアニメーションは 1つだけです それはすべて開始効果の「スライドイン」です 「スライドイン」の継続時間は 結構速めです スピードが速いです 0.25 秒くらいに設定してみます ここでのポイントは「スライドイン」を 軽くバウンドさせていることです バウンドさせる方法をいうのは すごく簡単です 「スライドイン」の効果のオプションにある 「急に終了」という所を適応します 大体 0.1 から 0.2 秒くらいを ここに適応します ここです 「急に終了」という所です それだけでバウンドしているような効果が 出ます それでは実際に作ってみましょう では Esc でスライドに戻ります この内容にすこし スライドイン そしてバウンドさせるアニメーションを 設定して行きます まずすべて「スライドイン」なので もう全部しますね 文字を全部選びます そして「アニメーション」タブをクリックして 「アニメーションウィンドウ」を表示します そして「アニメーション」の「スタイル」から 「スライドイン」を選びます はい今全部下から出てきました そして1つずつ順番に出したいので これは今全部選ばれている状態ですが ここで 「直前の動作の後」に全部設定します このような感じです さてここからですが まずは今全部 アニメーションが選ばれている状態なので このまま「タイミング」を設定します 「継続時間」を 0.25 秒にしましょう 0.25 秒 これでどれくらいのスピードか見ています 「選択した項目の再生」を押します このような感じです 次にこの文字の飛び込んでくる方向を変えます ではまず今一番上に来ているのが 「 PowerPoint 」ですね 「 PowerPoint 」の向きを 右からにしましょうか 「効果」のオプションで 「右から」にします 右からにしました 次は何でしょう これですかね 「CREATIVE 」 これは縦の文字なので 下からでこのままでいいですね 「下から」にしますね そして3つ目 これは「文字」ですね ではこれは左からにしましょうか 「左から」にしますね そして次が「イラスト」 これは前の文字が左から入ってきたので これも右からにしましょう 「右から」に変えます そして次が「図形」です これはそうですね これも下からでいいですね 「下から」にしましょう そして次が「映像」ですね 「映像」は上からにしますね 「上から」にします 次がこれです「音」 これは左からにしましょう 「左から」 最後が「 MOTION 」という言葉です これはさっき左から来たので 右からにしましょうか はい「右から」 これでいろんな方向から文字が やってくることになりました ちょっと見てみますね 「すべて再生」で見てみます こんな感じです こんな感じになっています ここにバウンドの効果を付け足していきます ではすべての この「アニメーションウィンドウ」で アニメーションを選びます 一番上のアニメーションをクリックして 一番下のアニメーションを Shift を押しながらクリックします そしてこちらです この三角を押して効果のオプションを出します そこで「急に終了」を 0.2 ぐらいに 0.2 秒に設定します これで「OK 」を押します では今プレビューで出ていますが この様な感じになりました ではスライドショーで見てみましょう 行きます 急に始まりますので 行きますよ こんな感じ 何となくキネティック・タイポグラフィっぽい 感じですね もう1度見ますね 上矢印で戻ります Enter で始めますね このような感じで すこしバウンドしながら出ています もう1度見ましょうね このような感じで ストーリーが組み立てられて行くように 表示して行く これ非常に簡単ですね これはバウンドがあるだけで すごく勢いが出て見えます そういう形でキネティック・タイポグラフィ風の 表現を簡単に作る方法でした このレッスンでは キネティック・タイポグラフィ風の見せ方を 簡単に設定する方法を学びました 今回のレッスンで取り上げたバウンドする 「スライドイン」をベースに 所々のアニメーションの開始効果を変更すれば より面白い表現にできます Youtube でキネティック・タイポグラフィ作品を いろいろ見て 表現を工夫してみましょう

PowerPoint 2013 プロが使う快速・便利テクニック

このコースでは、プレゼンのプロが使っているPowerPointのショートカットテクニックやプレゼンのおもしろみを高めるさまざまな手法を紹介します。パネルディスカッションを取り入れたプレゼン方法や発表者ツールや拡大鏡を駆使したプレゼン、いろいろなアニメーション効果などについて解説します。

3時間03分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年10月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。