PowerPoint 2013 プロが使う快速・便利テクニック

「スタンバイスライド」を用意する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「スタンバイスライド」とは、プレゼンがスタートする前にスクリーンに表示しておくスライドのこと。このスタンバイスライドの役割と例をご紹介します。
講師:
03:36

字幕

「スタンバイスライド」とは プレゼンがスタートする前に スクリーンに表示しておくスライドのことです このレッスンでは スタンバイスライドの役割と いくつかのパターンをご紹介します では いきます まず スタンバイスライドの役割です よくあるプレゼンは プレゼンがスタートする時点で スクリーンに PowerPoint の 画面が写っていたり スライドショーモードになっていたとしても いきなり プレゼンのタイトルが 表示されていたりしますが これは あまりよくありません これはオープニングの無い映画の様なもので プレゼンテーションの雰囲気や プレゼンに対する期待感が 作れていないからです 一方 こんなスライドがスクリーンに 表示されていたらいかがでしょう? なんとなく これから始まるプレゼンに 期待感を抱きませんか? もしくは しっかりと準備されているという 印象を持つでしょう これがスタンバイスライドというものです スタンバイスライドとは つまり... プレゼンの雰囲気を作り オーディエンスの期待感を高める― 「プレゼンの表紙」なのです ページを開いて物語を読みたくなる そんな役割のものです 最も代表的なスタンバイスライドは こんな感じです まず スライドの中央に ロゴやキーメッセージを配置します これはあまり大きくせず やや小さめの方がスマートに見えます そして 背景には 会社の場合ならば コーポレートカラーであったり プレゼンのトーンに合った 画像や映像を配置します これだけで OK なんです あまりゴチャゴチャしていない方が 期待感が高まります 具体的にはこんな感じです 真ん中にはロゴが配置してあります そして 背景には映像を使っています 背景は やや明るさを抑え ロゴが浮き出るような見せ方にしています こちらは 背景の映像違いのものです プレゼンの内容に合わせて スタンバイスライドの雰囲気を変えれば 良い感じになると思います 映像や画像ではなくて この様に ブランドカラーや コーポレートカラーを 使うだけでも構いません いきなりタイトルではなく スタンバイスライドが一枚あるだけで プレゼンの雰囲気は大きく変わってきます このレッスンでは スタンバイスライドの役割と いくつかの事例を紹介しました スタンバイスライドはオーディエンスの方を プレゼンに出迎える重要な要素です 何か面白いことが始まりそうな そんな期待感を スタンバイスライドで作りましょう

PowerPoint 2013 プロが使う快速・便利テクニック

このコースでは、プレゼンのプロが使っているPowerPointのショートカットテクニックやプレゼンのおもしろみを高めるさまざまな手法を紹介します。パネルディスカッションを取り入れたプレゼン方法や発表者ツールや拡大鏡を駆使したプレゼン、いろいろなアニメーション効果などについて解説します。

3時間03分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年10月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。