PowerPoint 2013 プロが使う快速・便利テクニック

スライドにペンで書き込みをする

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スライドショーの途中に、スライドにペンで書き込みをすることができます。スライドにプレゼンターが関わることで、プレゼンにライブ感が生まれます。この方法をレクチャーします。
講師:
04:38

字幕

PowerPoint ではスライドショーの途中で スライドにペンで書き込みを することができます スライドにプレゼンターが関わることで プレゼンにライブ感が生まれます このレッスンではスライドにペンで 書き込みをする方法をレクチャーします スライドショー中にペンモードに切り替える ショートカットは Ctrl キー + P キーです Pは Pen のPですね 逆にペンモードからポインタに戻すのは Ctrl キー + Aキーです Aは Arrow つまり矢印のAですね そして書き込みをすべて消去するのは Eキーを押すだけです また消しゴムのように部分的に消したい場合は Ctrl キー + Eキーです Eは Erase つまり「消す」のEですね この4つを覚えておくと スムーズにペンが使えます このペンモードなんですけども PowerPoint の発表者ツールにも入っています しかしこのようなショートカットを 覚えておく方が断然素早く操作できます ではちょっとやってみましょうか こちらのスライドでやってみますね まず今 ポインタになってるんですけども それをペンモードに切り替えます ペンモードに切り替えるのは Ctrl + P です 押しますね Ctrl + P これでこのように赤くなってますけども ペンモードに切り替わったんですね これでドラッグして こういう風に 書き込みができます こんな感じですね これがペンモードです では一度これをポインタに戻しますね ポインタに戻すのは Ctrl キー + Aですね Ctrl + Aを押しますね これでポインタに戻りました これが普通の状態ですね 次にこの書き込みですね この3つ今 丸をつけたんですけども これをすべて消去します これはEのキーを押すだけです Eを押します これで全部消えました 次にもう一度ペンモードに切り替えますね Ctrl + P です これでペンになってますね ペンになって書き込みができます 次にこの書き込みを部分的に消したい場合は 消しゴムモードに変えます これは Ctrl + Eですね 押しますね Ctrl + E これで消しゴムのマークに変わりましたね これで例えば今ここに書いた円を消したい時は その上をなぞります するとひとつ単位で消えていきます こんな感じですね こういう形でペンモードを使います これが非常にスムーズに使えると プレゼンにライブ感が出て 非常に面白い見せ方ができるかと思います では消しゴムモードをポインタに戻しますね Ctrl + Aですね Ctrl + Aを押します ポインタに戻りました ということでこのレッスンでは スライドにペンで書き込みをする方法を 学びました ペンはアニメーションの代わりに 重要な部分を指し示すことができるツールです いかにもペンツールを使っています という感じではなく さりげなく使えるようになると より効果的になるでしょう とりあえず Ctrl + Pと Ctrl + Aを覚えて さりげなくペンを使えるように しておきましょう

PowerPoint 2013 プロが使う快速・便利テクニック

このコースでは、プレゼンのプロが使っているPowerPointのショートカットテクニックやプレゼンのおもしろみを高めるさまざまな手法を紹介します。パネルディスカッションを取り入れたプレゼン方法や発表者ツールや拡大鏡を駆使したプレゼン、いろいろなアニメーション効果などについて解説します。

3時間03分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年10月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。