初めてのMaya インターフェース

ステータスライン

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
この解説ではメニューセレクターや選択モードの設定やスナップツール等のたくさんの重要なツールがあるステータスラインを紹介します。
講師:
02:11

字幕

このレッスンではステータスライン について説明します ステータスラインには使用頻度の高い ツールがいくつか並んでいます 一番左側には メニューセレクタがあって メニューセットはこれで選べます その右には3つボタンがあります この一番左のボタンは 新規にシーンを作成する 真ん中のボタンは既存のシーンを開ける 右側のボタンが今開いているシーンを 保存する というボタンです この3つは この「ファイル」メニューを開いた時の 「新規シーン」「シーンを開く」 「シーンを保存」と同じことです その右側には3つボタンが並んでいて この3つのボタンは選択モードのボタンで これで何を選択するかを選びます 例えば階層だとか オブジェクトだとか オブジェクトの形作っている コンポーネントであるとか この3つを選ぶボタンです 例えば このオブジェクトでも 何のオブジェクトを選ぶかというのを この選択マスクで選びます いつもこうやって隠れているので 左マウスクリックでオープンして下さい この右側にはスナップツールが 並んでいます スナップツールというのはオブジェクトでも コンポーネントでもいいのですが セレクションして このツールを使うことによって グリッドだとか カーブ上のポイントだとか ポイントだとかにスナップできるツールです この右側にはレンダリングの ショートカットキーが並んでいて これによってレンダリングできます 一番右側には この下の部分の ウィンドウのセレクタがあって ツールのセレクタだとか アトリビュートエディタのセレクタ または このチャンネルコントロールの セレクタなどが ここに置いてあります これを押すことによって この右側に何を 表示するか変わってきます このようにステータスラインには 使用頻度の高いツールが 一杯並んでいるので 是非習って使用して下さい

初めてのMaya インターフェース

このコースでは3Dアニメーションのパイプラインの解説やMayaの基本概念、またユーザーインターフェース全体の説明をプロジェクトを作成しながら学習します。モデリングやアニメーションなどの個々のモジュールは紹介にとどめていますが、このコースを習得後に上記のモジュールのコースに取り組むための土台となる知識が身に付きます。

1時間17分 (20 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年09月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。