初めてのMaya インターフェース

シェルフ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または

このレッスンではツールをワンクリックで使える便利なシェルフタブやシェルフアイテムのインターフェース、そしてシェルフの色々な設定が変えられるシェルフエディタについての説明をしていきます。

講師:
02:34

字幕

このレッスンはステータスラインの すぐ下にあるシェルフという インターフェースについての 解説です シェルフは この上の部分の シェルフタブと 下のシェルフアイテムというボタンから 成り立っています シェルフアイテムのボタンは 上のメニューのツールと 連動して動くようになっています 例えば これはポリゴンの球を作るボタンで これを押すことは 「作成」>「ポリゴンプリミティブ」>「球」を 選ぶのと同じことです 左マウスクリックを1回して ここで左マウスクリック&ドラッグをすると ポリゴンの球が作れます いちいち この 「作成」>「ポリゴンプリミティブ」> 「球」に行かなくても 1クリックでこのツールを呼び出せるので とても便利です この上のタブの部分で どのワークフローにいるかによって このシェルフのツールの 表示を変えることができます 「ポリゴン」をやっている時は このポリゴンツールのシェルフ アニメーションしている時は 「アニメーション」タブを押して アニメーションに関連した シェルフのツールを表示できます 自分の好きなツールが ここにない場合 ここにまた 自分用の ボタンを設置することもできます 例えば 私はポリゴンモデリングの エッジループの 挿入ツールというツールが好きですけれど それを使うには まず「ポリゴン」メニューセットにして 「メッシュツール」> 「エッジループの挿入ツール」と 自分の好きなツールを メニューから選べます そして Shift+ CTRL キーを押しながら 左マウスクリックをします これは Mac も PC も同じで Shift+CTRL キーです 同時に押しながら 左クリックを押しますと シェルフに この 「エッジループの挿入ツール」のボタンが 新しく設置されます このタブの名前とか ツールの名前とか アイコンとかを変えたい場合は この下向きのボタンを押してもらって 「シェルフのエディタ」というのがあるので それを開くと 「シェルフ エディタ」の ウィンドウが開きます これでそれぞれのシェルフの内容の コマンドの名前を変えたり シェルフ自体の名前を変えたり また シェルフの中にある コマンドの内容を変えたりもできます このように1クリックで すばやくツールやコマンドが使える シェルフについての解説でした

初めてのMaya インターフェース

このコースでは3Dアニメーションのパイプラインの解説やMayaの基本概念、またユーザーインターフェース全体の説明をプロジェクトを作成しながら学習します。モデリングやアニメーションなどの個々のモジュールは紹介にとどめていますが、このコースを習得後に上記のモジュールのコースに取り組むための土台となる知識が身に付きます。

1時間17分 (20 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年09月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。