初めてのMaya インターフェース

アウトライナとハイパーグラフ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または

このレッスンではアウトライナとハイパーグラフという使用頻度の高い二つのシーンウインドウを使って階層構造を見たり変更したりする方法の解説をします。

講師:
04:26

字幕

このレッスンでは Maya で 制作をする時に使うことの多い― 2つのシーンを管理する ウィンドウについての解説をします 1つはアウトライナというウィンドウで これは「ウィンドウ」「アウトライナ」 を選ぶことで このように表示させます このアウトライナを使うことで シーン内のオブジェクトの階層構造が 分かるようになっています 例えばこの Nurbs Sphere1 の 横のプラスを押すと その子供である Nurbs Sphere2 と Nurbs Sphere3 が現れます そしてこのアウトライナを使って それらのオブジェクトを 選択することもできます たくさんのモデルが入り組んだ 複雑なシーンでは このアウトライナを使って オブジェクトを選択した方が確実です またこのアウトライナを使って 階層構造の変更もできます 例えばこのNurbs Sphere3 を この階層から外したい場合 Nurbs Sphere3 を選択して 左マウスボタンを押しながら そのままプラスのマークが出るので Nurbs Sphere1 の上に持っていって 白い線が出るようにしてボタンを離すと Nurbs Sphere3 がこの階層から外れます また元に戻したい場合は Nurbs Sphere3 を選んで 左マウスを押しながら そしてこの Nurbs Sphere1 に入れます もう1つよく使われるシーンの 管理ウィンドウはハイパグラフと言います 「ウィンドウ」「ハイパグラフ階層」 を選んでください この「ハイパグラフ階層」という ウィンドウが現れます Nurbs Sphere1 Nurbs Sphere2 アウトライナと似たような表示ですが このウィンドウは少し異なります 一番の違いはハイパグラフはオブジェクトの ノードのコネクションを見ることができます 例えばこのNurbs Sphere1 を選んで このボタンを押します これは入力と出力の接続を見せてくれます Make Nurbs Sphere1 Nurbs Sphere のシェイプノード それからシェイディングノード そしてここにトランスフォームノード などと個別のノードが このように表示できます 元の階層構造に戻りたい場合は このボタンを押します それからこの Nurbs Sphere3 ひし形をしていますが どうしてかと言うとこのオブジェクトは アニメーションがあるからです これを選んで赤い線が タイムスライダーにあるのが見えますが 動かすとアニメーションをしています こういう使い方もできます それからハイパグラフの場合は PC の場合は Alt キー Mac は Option キーを押して 中央のマウスボタンを押しながら動かすと 左右に動けます 同じように PC の場合は Alt キー Mac は Option キーを押しながら 右マウスボタンを押しながら 動かすことによってズームもできます アウトライナではこれはできません アウトライナはトラックだけはできますが たくさんのオブジェクトがあって ウィンドウの中に収まりきらない場合に それを使います またこのようにオブジェクトがたくさん ハイパグラフにある場合 自分が見ているところをブックマークにして そこを見たり 違うところを見たり 飛ぶことができます 私はだいたいアウトライナを使って オブジェクトの整理をするんですが 特に階層構造の変更をする場合は アウトライナの方がずっとやりやすいです あとオブジェクトもきちんと 縦に整理されているので見やすいです ハイパグラフはとにかくたくさんの オブジェクトがある場合 自分で部分部分で整理したい場合は このハイパグラフを使い しかもノードのコネクションが見たい場合は ハイパグラフを使います 以上 使用頻度の高い2つの 新管理ウィンドウについての解説でした

初めてのMaya インターフェース

このコースでは3Dアニメーションのパイプラインの解説やMayaの基本概念、またユーザーインターフェース全体の説明をプロジェクトを作成しながら学習します。モデリングやアニメーションなどの個々のモジュールは紹介にとどめていますが、このコースを習得後に上記のモジュールのコースに取り組むための土台となる知識が身に付きます。

1時間17分 (20 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年09月03日
再生時間:1時間17分 (20 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。