初めてのMaya インターフェース

プロジェクトフォールダーのセットアップ

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンではMayaで制作をする時に絶対作らないといけない、プロジェクトというフォールダー構造を作ります。もしこのフォールダー構造なしでプロジェクトをすすめていくと色々と不都合な事が起きます。
講師:
03:27

字幕

このレッスンでは Maya で新しくプロジェクトフォルダを 作る方法について解説します Maya ではプロジェクトを始める前に プロジェクトフォルダというのを新しく作り それを設定する必要があります プロジェクトフォルダとはこの様になっていて このフォルダの下に 例えばシーンを保存する場合 この scenes フォルダというものに 自動的に入るようになっています また レンダリングしたイメージは images フォルダに入るようになっています では このフォルダ構造の 作り方を説明します まず Maya の「ファイル」> 「プロジェクトウィンドウ」をクリックします 「ファイル」> 「プロジェクトウィンドウ」です 新しく Maya のプロジェクトを作るので 「新規」というボタンを押します そして「現在のプロジェクト」の所に プロジェクトの名前を入れます 今はインターフェースを習っているので interface と書きましょう このフォルダ構造は この「場所」という所に作られます 使っている OS や PC によって 変わりますけれども 大抵 /User/ 自分のユーザーネーム /Document 書類フォルダですね それの /maya/projects というのが既にあって その下に「現在のプロジェクト」の フォルダが作られます 作られるフォルダは 「プロジェクトの主な場所」という所に 設定してあって 自分で好きな名前を付けることもできますが このままにしておいた方が良いです 「場所」という所の横の フォルダを置くと 自分で好きな場所に書くことができます 「適用」というボタンを押すと このフォルダの構造で interface という名前で この場所に書かれます では このフォルダが本当に作られたか 見てみましょう 「書類」に行きます maya > projects > interface というのが出来ました このフォルダ構造ができましたので 今「ファイル」>「シーンを保存」にしますと 自動的に /User/trainer/Dcuments/ maya/projects/interface/scenes が 今作ったフォルダの構造の 新フォルダにセーブされることになります もし このプロジェクトフォルダを 自分で変えたい場合 その場合はどうするかと言うと 「ファイル」>「プロジェクトの設定」 というのがありますので これを押して 自分の好きな プロジェクトフォルダを選び 「設定」を押すと そのプロジェクトフォルダに プロジェクトがセーブされます このプロジェクトフォルダの良いところは 全てのシーンの必要なファイルが このフォルダの中に入っているので 例えば このプロジェクトを 他の PC のファイルで使いたい場合も 例えば interface のフォルダを ハードドライブなどに保存して持ち出せば そのまま このシーンを使うことができます というわけで Maya のプロジェクトを始める前に 是非 プロジェクトフォルダを作る または プロジェクトフォルダの場所を 設定するクセを作るようにしてください 以上 プロジェクトフォルダに 関する解説でした

初めてのMaya インターフェース

このコースでは3Dアニメーションのパイプラインの解説やMayaの基本概念、またユーザーインターフェース全体の説明をプロジェクトを作成しながら学習します。モデリングやアニメーションなどの個々のモジュールは紹介にとどめていますが、このコースを習得後に上記のモジュールのコースに取り組むための土台となる知識が身に付きます。

1時間17分 (20 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年09月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。