初めてのMaya インターフェース

プレイブラストで動画にしてみよう

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは作り終わったアニメーションをMayaのプレイブラストという機能を使って、簡単に動画として見る方法を解説しています。
講師:
02:08

字幕

このレッスンではプレイブラストという 機能について説明します プレイブラストというのはこの今あるシーンの アニメーションを独立した動画 にしてくれる機能です プレイブラストを使うには まず タイムスライダに右マウスボタンを押したまま この「プレイブラスト」 そして このオプションボックスを選びます 「プレイブラスト オプション」 がでてきますので そのまま この「ビュー」を オンのまま これは 今見ているビューを 動画にしてくれるということです 装飾の表示は このような XYZ のマーキングとかを そのまま動画に出力してくれます 下の方に行って 「スケール」は 0.5 これは今見ているビューの 半分の大きさの動画を作ってくれます もしファイルに保存したい場合は 「ファイルに保存」をオンにして 名前を付けて 「参照」を押すと どこにこのファイルを保存するか 決めることが出来ます 普通の状態だと このように プロジェクトフォルダの movies というフォルダに保存されます あとは「プレイブラスト」という ボタンを押すだけです すると このように ウィンドウが開いて 独立した動画のアニメーションを 見ることが出来ます 今このシーンのオブジェクトは とてもシンプルなので 別にこれを このようにプレイブラストを作らなくても プレイを押すだけでも リアルタイムで見れますけれど もし本当に キャラクターアニメーション等をはじめて 特に複数の変形しているキャラクターが スクリーンにいる場合は どうしてもリアルタイムで 見ることができないので プレイブラストにする必要があります 以上 プレイブラストに関しての 説明でした

初めてのMaya インターフェース

このコースでは3Dアニメーションのパイプラインの解説やMayaの基本概念、またユーザーインターフェース全体の説明をプロジェクトを作成しながら学習します。モデリングやアニメーションなどの個々のモジュールは紹介にとどめていますが、このコースを習得後に上記のモジュールのコースに取り組むための土台となる知識が身に付きます。

1時間17分 (20 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年09月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。