PowerPoint 2013 完全マスター

PowerPoint2013の新機能ピックアップ - 操作編

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
オブジェクトの整列をサポートする「スマートガイド」、画像内の色も抽出できる「スポイト」など、操作性を高める新機能をご紹介します。スライド制作効率をアップさせましょう。
講師:
04:35

字幕

PowerPoint 2013 は 2010 をベースに 大きくバージョンアップしています このレッスンでは主に 操作に関する新機能を見てみましょう ます一つ目は デフォルトのスライドサイズが 「16:9」に設定されていることです これまでのバージョンは 「4:3」のスライドサイズでした これまでの一般的なプロジェクターは 「4:3 」サイズの投影が中心でしたが 最近ではワイドな「16:9」サイズに 対応したプロジェクターも増えています また 大型ディスプレイや タブレットPCなど 16:9のワイドサイズで プレゼンができる デバイスも増えてきました そんな時代の流れに いち早く対応した結果が この16:9のデフォルトサイズです 広い画面で よりインパクトのある プレゼンが可能となります 続きましては オブジェクトの整列をスマートガイドが サポートしてくれる機能です これが非常に便利です オブジェクトを並べる時 このように 整列を教えてくれるガイドラインが 表示されます 上下左右の整列だけでなく 等間隔の整列も表示されます 整列はスライドを綺麗にわかりやすく 見せるための重要なポイントです この機能だけでもスライドの 見やすさが大きく変わるはずです それでは次にいきますね 続いてはスポイト機能です スポイト機能は写真の中の色を 正確に取り込める機能です これは ちょっとやってみましょうか では はい 例えば こういう写真があったときに 空の部分をもう少し上に 広げたいと思った場合 今までなら… この辺り ここですね ここの色を細かく 調整する必要がありましたが スポイト機能を使えば このような写真の中の色をですね スポイト機能を使いますと はい こんな感じですね このように写真の中の色を そのまま使うことができます 非常に便利な機能ですね ではスライドショーに戻りますね はい このように スポイト機能を使えば 企業のロゴの色をそのまま キーカラーとして 使う場合にも非常に便利です スポイト機能によって色を 調整する手間が省け 作業が大きくスピードアップします それでは次の機能です 次は オブジェクトの型抜きが バージョンアップしたこと 例えば こんなこともできます はい これはどうなっているかというと 映像を文字で型抜きしてあるんですね PowerPoint 2010 では 図形の合成と型抜きができましたが PowerPoint 2013 は 更に画像や映像 文字の型抜きが できるようになっています 表現力が強力に バージョンアップしましたね それでは次にまいります 最後にもう一つ 大きく変わった点です それはインターフェースが タッチパネルに対応したことです クイック アクセス ツールバーに このようなコマンドが追加されました このコマンドで「タッチ」を選択すると このようにコマンドの間隔が 広がって表示されます 主にタブレットPCで PowerPoint を操作するとき コマンドをタッチしやすくなる というわけですね はい それではまとめますね このレッスンでは 操作面のバージョンアップを いくつか取り上げました PowerPoint はまさに かゆいところに手が届く といった改良がなされています これらの新機能を積極的に 使いこなしていきましょう

PowerPoint 2013 完全マスター

このコースでは、初めてPowerPointを触れる方から日ごろからよく利用しているビジネスパーソンや大学生、教師やセミナー講師まですべての方を対象に、PowerPointの基本操作について解説します。さらには応用テクニックや裏技など「魅せるスライドプレゼン」のためのコツを惜しみなく紹介します。

6時間47分 (57 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年02月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。