PowerPoint 2013 完全マスター

PowerPoint2013の新機能ピックアップ - アニメーション効果編

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ユニークな「画面切り替え効果」や選択肢を増した「アニメーション効果」など、プレゼンの表現力を高める新機能をご紹介します。よりインパクトのある表現にチャレンジしましょう。
講師:
08:14

字幕

PowerPoint 2013 は アニメーション効果も バージョンアップしています このレッスンでは より表現力がアップした アニメーション効果を いくつかご紹介しましょう まず最初ですね まず最初 一番の目玉になります 一番の目玉はユニークな 画面切り替え効果が 加わったことです 「はなやか」というカテゴリーに 新しく増えたものや 動きがリニューアル されたものがあります 画面切り替えで目を引いたり 意味を伝えやすくなりました では いくつかの画面切り替え効果を 見てみましょう まず最初はこちらです これはフォール オーバーという 画面切り替え効果です 前景が倒れて後ろのものが 姿を現す感じですね もう一度見てみましょう こんな感じですね これがフォール オーバーです 続きまして これは「垂れ幕」という 画面切り替え効果です その名の如く てろりんと幕が垂れてくる感じです もう一度見ますね こんな感じですね 続きましては こちらです はい これもそのまま 「カーテン」という 画面切り替え効果です カーテンの画像で使うと雰囲気が出ます もう一度ご覧いただきますね カーテンがこのように 開いていく感じですね はい 次にいきます 続いては これは「風」という 画面切り替え効果です スライドが風になびいて飛んでいきます こんな感じですね はい では続きまして こちらです これは「プレステージ」という 画面切り替え効果です 覆いをサッと外して 隠されていたものが出てくる感じですね もう一度見ますね こう サッと覆いが 取り外される感じです はい では続いていきますね 続いてはこちらです はい これは「破砕」という 画面切り替え効果ですね ガラスが割れて砕け散るような 感じになっています これなんかは 非常に意味を持たせやすいー 画面切り替えだと思います もう一度見ましょうね ガシャーン! という感じですね はい では続きましての 画面切り替え効果です はい これはですね その名の如く 「クシャクシャ」という 画面切り替え効果ですね これもこう 何か良くないものを 丸めて捨てるというような意味を 持たせやすい画面切り替え効果です もう一度見ましょうか クシャクシャ! ポイッという感じですね 非常に面白い 画面切り替え効果だと思います では次にまいりますね 次は これは「ピール オフ」という 画面切り替え効果です 紙をペロンとめくるような 画面切り替え効果になっています はい では次にいきますね 次は これですね これは「ページ カール」という 画面切り替え効果です 本をめくるような画面切り替えの 効果になっています これも実際の本やノートみたいな ビジュアルを使うと 面白い雰囲気が出せます アニメーション効果をつけなくても 面白い見せ方が できるのではないでしょうか もう一度見ますね 本がめくれていく感じですね これが「ページ カール」です はい では続きましては こちらです これ非常に面白いですね これは「飛行機」という 画面切り替え効果ですね これ どんな時に使っていいのか ちょっと分かりませんが ちょっとした面白味が出て 目を引きますよね もう一度見ましょうか 紙飛行機ですね ピュッと飛んでいきます はい では続きまして こちらです これはですね「折り紙」という 画面切り替え効果なんですけども ちょっとこれは笑ってしまいますよね もう一度見ますね いきます こんな感じですね このようにですね 非常にユニークな 画面切り替え効果が PowerPoint 2013 には 組み込まれています 上手に使えば オーディエンスの目を引き 伝わりやすいプレゼンが できるのではないかと思います はい では次にまいりますね 次は アニメーション効果ですね アニメーション効果が 多少なんですけども PowerPoint 2010 よりも 種類が増えています 特に開始効果の「コンプレス 」 こういう効果ですね これがコンプレス と終了効果の「ゴム」 これがゴムですね こんな風に伸びて消えて行く これを組み合わせて使うと こんな感じになります コンプレスで出て ゴムで消える このアニメーションはですね PowerPoint 2007 に入っていたんですね 2007 に入っていたんですけれども 2010 では一度消えました で また2013で復活したという アニメーションです このコンプレスとゴムの組み合わせ というのは 結構使いやすいので お勧めします はい では次に行きますね 続いてはですね アニメーション効果の バージョンアップの中で 最後は「アニメーションの軌跡」 についてですね 「アニメーションの軌跡」にも 大きな改良点があります こういうアニメーションの軌跡ですね では何が改良されたのか 実際に見てみましょうね はい こちらなんですけども アニメーションの軌跡ですね 「アニメーションウィンドウ」を 出してみましょう するとこんな風に ここですね アニメーションの軌跡が 設定されているんですけれども これをですね 見ますと 実は このアニメーションの 開始地点から終了地点が こんな風に半透明になって 見えるようになったんですね 今まで 2010 までは このどこまで行くのかが ちょっと分からなかったんです ですので これをどの辺りまで 動かすのかというのを こうビジュアルで確認しながら 決めることができます これ非常に便利ですね これのおかげで キネティックタイポグラフィ というものの表現なんかも 割と簡単にできるようになりました アニメーションの軌跡ですね はい はい それではまとめます このレッスンでは アニメーション効果の バージョンアップを いくつかご覧いただきました PowerPoint 2013 の画面切り替えや アニメーション効果を使えば スライドプレゼンの表現力が 大きくパワーアップします 工夫次第で面白いプレゼンが できそうですね 皆さんも是非 チャレンジしてみてください

PowerPoint 2013 完全マスター

このコースでは、初めてPowerPointを触れる方から日ごろからよく利用しているビジネスパーソンや大学生、教師やセミナー講師まですべての方を対象に、PowerPointの基本操作について解説します。さらには応用テクニックや裏技など「魅せるスライドプレゼン」のためのコツを惜しみなく紹介します。

6時間47分 (57 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年02月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。