PowerPoint 2013 完全マスター

インターフェースをカスタマイズする

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
PowerPointでは、「リボン」と「クイックアクセスツールバー」のアイテムを自由にカスタマイズできます。効率的な制作に不可欠なカスタマイズ方法をレクチャーします。
講師:
11:05

字幕

PowerPoint は インターフェイスをカスタマイズできます このレッスンでは より制作効率を高めるための カスタマイズ方法をご紹介します このコースの中でも 非常に重要なレッスンとなりますので みなさん しっかりと覚えて下さい ではいきます カスタマイズするのは 「リボン」と 「クイックアクセスツールバー」です 「リボン」はこのようなメニューです 上の方に表示されているメニューです そして「クイックアクセスツールバー」は この様にいろんなコマンドを 並べることができるバーです 今 スライドに表示されているのは 実際に私が使っている 「リボン」と「クイックアクセスツールバー」 の設定です この様に 「クイックアクセスツールバー」に 沢山のコマンドを並べています 「クイックアクセスツールバー」には よく使うコマンドを 出来るだけ多く登録しています この様に「クイックアクセスツールバー」 を使うことで スライドに近いところから 使いたいコマンドを ダイレクトに選べれるようになります その分 コマンドを選ぶクリックの回数が減り また コマンドを探すことに気を取られないため 制作効率が大幅にアップするということです では早速 「リボン」と 「クイックアクセスツールバー」の カスタマイズ方法をご紹介します Esc (キー) でスライドショーを終了させます では 「リボン」と 「クイックアクセスツールバー」の カスタマイズ方法 まず 「ファイル」タブをクリックします その中の「オプション」をクリックします すると 「PowerPoint のオプション」という ダイアログが表示されます この左の「メニュー」です 「メニュー」の中に「リボンのユーザー設定」 というのがありますので そこをクリックすると 「リボン」をカスタマイズする画面になります 今回は 「クイックアクセスツールバー」を 中心にカスタマイズしたいと思いますので その下の「クイックアクセスツールバー」を クリックしてください ここで いろんな 「クイックアクセスツールバー」に コマンドを登録できるようになります 現在 この後ろに出ているのが スライドなんですけども こちらの方に並んでいるのが 「クイックアクセスツールバー」です その下に「リボン」というものがあります では これをカスタマイズします こちらの左に いろんなコマンドが表示されています それを右側にドンドン追加していくことで 「クイックアクセスツールバー」に コマンドが登録されていきます では具体的にやってみます 例えば「コマンドの選択」 今 基本的なコマンドが 表示されていますけれども ここで いろんなコマンドを選択できます 例えば「 〔挿入〕タブ」のところを 選んでみます 「〔挿入〕 タブ」 その中で 例えば 「グラフの追加」 グラフを追加したいことは非常によくありますので 「グラフの追加」をクリックします そして「追加」ボタンをクリックすると 「グラフ」が追加されます さらに 「テキストボックス」です テキストもよく使いますので 「テキストボックス」も追加してみましょう 後は 「ビデオの挿入」 PowerPoint2013 は非常に ビデオが使いやすいので 追加しておきます 後は「画像」です 画像もよく使いますので 「画像」も追加します そして もちろん「図形」です 図形もよく使いますので 「図形」も追加しましょう 「表の挿入」 こちらも追加します このように よく使うコマンドを 登録していくということです ここには様々なタイプの コマンドが選べますので 例えば「リボン」にないコマンド こういうものも登録しても良いかもしれません 例えば 「グリッドに合わせる」というコマンドも 実は結構使うので これも追加してみましょう こんな風にドンドン良く使えそうなコマンドを 追加していきます これで 今 こちらの方に コマンドが追加されたわけです 逆に例えば 「上書き保存」です 「上書き保存」 こちらは「Cntrl + S」 を押せば ショートカットで簡単に保存できますので わざわざ「クイックアクセスツールバー」に 配置する必要もないので 削除します 「上書き保存」をクリックで選んで 今度は削除をします すると「クイックアクセスツールバー」 から消えます この様に必要なものと不要なものを こちらの方に ドンドン ドンドン入れていきます さらに 順番を変えることもできます 例えば「グリッドに合わせる」というのを 上にあげたい場合は こちらのマーク △(上へ) ▽(下へ)というのがあるんです これをどんどん上げていくと 一番上に表示される バーで言うと一番左側に表示される という様な形になります このようにコマンドを ドンドン ドンドン 「クイックアクセスツールバー」に 登録していく ということをします そしてもう1つ大切なのは こちらです 「クイックアクセスツールバーを リボンの下に表示する」 というところに チェックを入れます これで「リボン」が上に来て 「クイックアクセスツールバー」が 下に配置されます これで一度「OK 」を押してみます では ご覧ください 今 この様に上に 「クイックアクセスツールバー」があって 下に「リボン」が来ています これが「OK 」をするとこうなります 「リボン」が上になって 下に 「クイックアクセスツールバー」 先ほどよりも項目が増えています この様にして この 「クイックアクセスツールバー」に ドンドン ドンドン よく使うコマンドを登録していきます あまり使わないものは 逆に削除していきます これが「クイックアクセスツールバー」の カスタマイズの方法です では もう一度 「ファイル」から「オプション」 「クイックアクセスツールバー」に 戻ります 「クイックアクセスツールバー」 なんですけれども 一度設定したものを こちらの「インポート/ エクスポート」 というところで 書き出すことができます 「全てのユーザー設定をエクスポート」 これをすると 今 設定した 「クイックアクセスツールバー」の設定が 書き出せます 逆に「ユーザー設定ファイルをインポート」 をすると その設定したファイルを そのままインポートできます では 今回 私が使っている 「クイックアクセスツールバー」の設定 「リボン」と 「クイックアクセスツールバー」の カスタマイズした設定を用意していますので それをインポートしてみましょう では「インポート/ エクスポート」 を押します 「ユーザー設定ファイルをインポート」を 押します ダイアログが出ますので プロジェクトファイルの中に この様な項目のファイルが入っています 「PowerPoint2013 Customizations. exportedUI 」です これが 私が使っている 「クイックアクセスツールバー」 そして「リボン」のカスタマイズした 設定となります こちらをクリックで選択します そして「開く」を押してください するとアラートが出ます 「このプログラムの既存のリボンと クイックアクセスツールバーの ユーザー設定を全て置き換えますか?」 「はい」を押してください するとこちらの方に ずらっと コマンドが入っているのが 表示されます このまま「OK 」を押してください 全然 変わりました ここに「クイックアクセスツールバー」が コマンドが沢山並んでいる状態で 表示されています さらに 画面の関係で表示されていない部分は 一番右端にある「その他」のボタンを押すと 他にもコマンドが表示されるようになります これで非常に使いやすい 「クイックアクセスツールバー」が 配置されたことになります では スライドショーに戻ります はい こんな感じになっているはずです では まとめます このレッスンでは 「クイックアクセスツールバー」を カスタマイズする方法を学びました 「クイックアクセスツールバー」に コマンドを沢山登録し どこにどんなコマンドがあるのかを 大体把握しておけば 製作のスピードは断然早くなります 「クイックアクセスツールバー」を カスタマイズして スピーディーに使いこなしましょう

PowerPoint 2013 完全マスター

このコースでは、初めてPowerPointを触れる方から日ごろからよく利用しているビジネスパーソンや大学生、教師やセミナー講師まですべての方を対象に、PowerPointの基本操作について解説します。さらには応用テクニックや裏技など「魅せるスライドプレゼン」のためのコツを惜しみなく紹介します。

6時間47分 (57 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年02月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。