PowerPoint 2013 完全マスター

スライドマスターの使い方

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「スライドマスター」は、スライドの「レイアウト」をつくるだけでなく、スライドの「背景」としても活用できます。スライドマスターの上手な使い方を学びましょう。
講師:
05:14

字幕

スライドマスターはスライドの 書式やレイアウトを統括するものです このレッスンではスライドマスターが どのようなものであるのかを理解していきます では早速 こちらのスライドを見て スライドマスターというものを 理解していきたいと思います まず スライドマスターを どこで見るかといいますと 「表示」です 「表示」タブをクリックします 「表示」タブをクリックして 「スライドマスター」をクリックします するとスライドマスターの表示が出ます ここには何が設定されているかと言いますと まず こちらです 書式設定です これはプレースホルダと呼ばれるものが 入っています そこでどのようなフォントやサイズで 文字を書きこめるようにするかを指定したり そこでどのようなフォントやサイズで 文字を書きこめるようにするかを指定したり 他にも こういう 「扉」です 「扉」と呼ばれる画面の指定です 書式の指定 あとはこのように2つのカラムを こういうところにどういうものが 入れられるのかという指定をするという いわゆる書式の設定です 書式の設定を― このスライドマスターというところで できるということです これがスライドマスターの基本的な使い方です スライドマスターを一度 閉じます 「マスター表示を閉じる」 スライドマスターは いくつでも作ることができます 例えば この画面に 別のマスターを設定してみます その場合 このサムネイルの画面 もしくはこのスライドの画面上で― 右クリックします そこで「レイアウト」というところを選びます そうするとスライドマスターに いくつか設定してある マスターが表示されます そこで例えば違うものを選ぶと こういう感じに内容が変わります Ctrl +Z で戻します サムネイル上でまとめて ここからここまでをShift を押しながら クリックして 右クリック 「レイアウト」ですね 「レイアウト」を変更しますよ ということも出来ます 「レイアウト」を変更しますよ ということも出来ます もう一度 Ctrl + Z で戻します この様にスライドマスターというのは 書式を設定するということ以外にも 背景を設定することにも使えます 例えばこちらのスライドマスターを もう一度 見てみます 「表示」のところから 「スライドマスター」に行きます 今 ここにMSP ゴシック 64 ポイントで 文字が入っているんですけれども これを例えば― HGP 明朝E こちらに変更しますと 元のスライドでも 文字が変更されるということです この様に書式を変更する もしくは 先ほどの様に 右クリックして レイアウトで 他の背景― 例えば真っ白に変えてしまう こういうこともできます 逆に真っ黒にするということもできます このようにスライドマスターというところに 背景と書式を設定することができます まとめます このレッスンでは スライドマスターが どのような役割を持つものかをご紹介しました スライドマスターは書式を設定して テンプレート的に使うというだけではなく 背景を設定することにも使えます いくつかの背景を スライドマスターに設定することで スライド上で簡単に背景を 切り替えることができます ですので 背景を作るときは スライドマスターに作るということを やってみてはいかがでしょうか?

PowerPoint 2013 完全マスター

このコースでは、初めてPowerPointを触れる方から日ごろからよく利用しているビジネスパーソンや大学生、教師やセミナー講師まですべての方を対象に、PowerPointの基本操作について解説します。さらには応用テクニックや裏技など「魅せるスライドプレゼン」のためのコツを惜しみなく紹介します。

6時間47分 (57 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年02月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。