PowerPoint 2013 完全マスター

オブジェクトのコピー

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
オブジェクトはすべて新しくつくるよりも、「コピーしてつくりかえる」ほうが効率的です。オブジェクトを手早く美しくコピーして使用する方法をレクチャーします。
講師:
11:12

字幕

オブジェクトは一つ一つ新規制作していては 時間がかかってしまいます 文字なら文字 図形なら図形を コピーして改変する オブジェクトはコピーして使うと 効率的かつ綺麗なスライドが作れます このレッスンではオブジェクトの 効率的なコピーの仕方を学びます では行きますね 例えば こんなスライドを 作りたい時はどうするか 具体的にやってみましょう Esc キーを押して スライドショーを終了させますね はい ではこのスライドに作っていきます まず文字を打ち込みますね 文字を打ち込む時は 「挿入」タブをクリックして 「テキストボックス」をクリックします そしてスライドの外で 一回カチッとクリック そのまま文字を打ち込んでいきます それでですね テキストボックスをクリックで選択して これをですね この画面の スライドの中央ですね 中央に配置したいので その場合はー 「ホーム」タブの中の「配置」ですね 「配置」をクリックして「配置」 そこから「左右中央揃え」を選びます これで真ん中になりますね 更に この文字自体も 中央揃えにしておきたいので 「クィックアクセス」ツールバーですと ここにありますね リボンの中ですと「ホーム」タブの こちらですね これが「中央揃え」 ここをクリックします そして このフォントをちょっと変えますね フォントを Arial という フォントに変えます テキストボックスをクリックして 「ホーム」タブの中の こちらですね ここから Arial に変更します 更に文字の大きさを変えましょうね 文字の大きさをもうちょっと大きくします 「ホーム」タブの… ここですね フォントサイズ この中から 60ポイント位選びましょうか 60ポイント 選びますね そして この文字の一部分だけ ちょっと太字にしたいので ここからですね PowerPoint を太字にしますね PowerPoint を左クリックして そのままドラッグして選択します そして「ホーム」タブの中にある 「B」ですね ボールド( Bold )をクリック もしくはショートカットですね ショートカットですと ここに出てますけども Ctrl +B を押すと太字になります Ctrl+B こんな感じですね 太字になりました はい これでまず上の文字ができましたね 続いてですね 下の「95.8%」という 文字を作るんですけれども 新たにまた打ち直すのではなくて この文字をそのままコピーして使います コピーする時はテキストボックスを クリックして選択 そのままクリックした状態で Ctrl+Shift を 押しながら下にドラッグします クリックを外します すると文字が垂直ですね 丁度 真下にコピーされることになります 大体コピーする時はこのように CtrlとShift キーを押しながら上下左右ですね 水平・垂直にコピーするー 癖をつけておくと非常に 位置が揃いやすくなります ではこれを書き換えますね 同じように文字のところを ドラッグで選択します そして95.8%と打ちますね そしてこれも文字の一部分を 大きさ変えますね 95.8%のところをドラッグして 選択します そして 文字の大きさですね これは 200位にしましょうか その場合このフォントサイズですね フォントサイズの所を選んで ここに数字を打ち込みます 200 こんな感じですね 更にこの文字が今選択された 状態なのですけども 先程と同じようにボールドをかけますね 太字ですね 「ホーム」タブのこのBを押すか Ctrl+B のショートカットですね じゃ Ctrl+B で太字にします はい こんな感じですね これで位置を調整すると 大体前のスライドと 同じような状態になります はい ではちょっとまた スライドショーに戻りますね はい では次はですね 図形です 図形に関しても同じです これも具体的にやってみましょうね では Esc で スライドショーを終了させます はい ここに作っていきますね 図形ですね まず「挿入」タブを クリックして「図形」クリック そこから角が丸くなった 角丸四角形を選びます そして Ctrl と Shift を押しながら クリックした状態でCtrl+Shift を押しながら ドラッグして図形を描きます こんな感じですね 角丸ですね 角の丸は この黄色いハンドルを 調整すると角の丸みが変わります この位にしますね はい 次に文字を打ち込みます 図に文字を打ち込むときは この図形が選択された状態で そのまま文字を打ち込みます こんな感じですね ではですね ちょっとこの図形を 加工していきますね まず図形の外枠を... 消しますね 今 上に図形が選択された状態で 「描画ツール」「書式」というのが 出ていますけれども ここに 「図形の枠線」というのがあります ここから これをクリックして 「線なし」にしますね 更にこの選択された状態で 「図形の塗りつぶし」の色を ちょっと濃い赤い色にしますね そしてこの文字ですね もうちょっと大きくしましょうね 文字の大きさを変えます この場合 「ホーム」タブから ここですね フォントサイズを そうですね 66にしましょうか 66に設定しますね はい こんな感じですね これで一つ図形ができました では次ですね これをそのままコピーして 次の図を作りますね このコピーの仕方 先程の文字と同じですね この図をクリックして選択して クリックした状態で Ctrl+Shift を押しながら 横にドラッグします そしてクリックを外すと コピーされます ここでもう一つこの図形を 作りたいんですけども ここで一つのショートカットを ちょっと使いますね ここで使うショートカットは Ctrl+Y です Ctrl+Y をすると直前の動作が 繰り返されます やってみますね Ctrl+Y こんな感じですね このように直前の動作が 繰り返されますので この三つの図が等間隔に今 並びました 等間隔に並んでいます ここから 図を変更していきますね まず真ん中の図をクリックして 文字を書き換えます 文字の部分をドラッグで選択します ここを文字を書き換えていきます 次はこっちですね こっちの図を選択して同じように 文字をドラッグで選択 そして 文字を打ち変えます そして色を変更しますね 真ん中の図を選択して 「書式」のツールですね 上の 書式から「図形の塗りつぶし」を 何でもいいですよ 緑にしましょうか 緑を選びます はい 同様にこちらの図も クリックで選択して 「図形の塗りつぶし」から そうですね この辺りの色を 選びましょうか こういう色を選びます これでこの三つをドラッグで 全部選択しますね 選択してクリックして Shiftキーを 押しながら横にずらすと 真ん中に揃えることができます はい これもコピーの仕方ですね 文字も図も同じです このようにコピーして作ると 非常に効率的に作ることができます ではスライドショーに戻りますね では まとめます このレッスンではオブジェクトを コピーする方法をレクチャーしました スライド内のオブジェクトは できるだけコピーして作りかえましょう 作業効率が上がるだけでなく 綺麗に整列することもできます

PowerPoint 2013 完全マスター

このコースでは、初めてPowerPointを触れる方から日ごろからよく利用しているビジネスパーソンや大学生、教師やセミナー講師まですべての方を対象に、PowerPointの基本操作について解説します。さらには応用テクニックや裏技など「魅せるスライドプレゼン」のためのコツを惜しみなく紹介します。

6時間47分 (57 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年02月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。