PowerPoint 2013 完全マスター

「アウトラインモード」で構成を考える

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
PowerPointは“思考ツール”にもなります。「アウトラインモード」を使えば、プレゼンの構成を頭を整理しながら組み立てることができます。
講師:
06:52

字幕

PowerPoint は思考ツールにもなります 「アウトラインモード」を使えば プレゼンの構成を 頭を整理しながら 組み立てることができます このレッスンでは「アウトラインモード」の使い方を レクチャーします では参りますね アウトラインモードへの切り替えは 「表示」タブをクリックし リボンの 「アウトライン表示」をクリックすれば このようなアウトライン表示が表示されます ここにどんどん思いついたことを 打ち込んでいって 後で整理していきます 具体的にやってみましょうか ではスライドショーを Esc キーで終わらせます ではですね 新規スライドを立ち上げて具体的に アウトラインモード使ってみますね ファイルをクリックして「新規」ですね 新規のスライド 新しいプレゼンテーション 真っ白のものを選びますね 新規スライドが立ち上がりました アウトライン表示― アウトラインモードに変えるには 「表示タブ」 をクリックして 「アウトライン表示」をクリックします これがアウトライン表示ですね ここにどんどん思いついたことを書いていきます 例えば一番最初ですね 一番最初のスライドのところをクリックして ここに例えばですね― こう打ち込むと ここにタイトルのような形で文字が入りますね 次ですね ここで Ctrl キーを押しながら Enter キーを押します するとこのスライドの この今サブタイトルを入力というふうに出ている プレイスフォルダに文字が書き込まれます これタイトルのスライドは こんな感じの内容にしようかなということで 内容を入れてみました 次にですね 次のスライドに移りたい場合は ここでも Ctrl+Enter を押しますね すると次の本文スライドが立ち上がります ここでもどんどん思いついたことを 入れていきます 例えばタイトルとしてー 課題の提示 そしてその中身は また Ctrl+Enter を 押して打ち込みます そのまま Enter を押すと次の項目に行きますね 項目ですね こんな感じですね また次のスライドに行くには Ctrl+Enter を押します また打ち込んでいきますね そして中身を入れるのは また Ctrl+Enter です そしてそのままですね この項目で改行したい場合は Shift を押しながら Enter を押します そして Enter を押すと また次の項目が出ますね はい こんな感じですね こんな感じでアウトラインモードで流れを だいたい組み立てていくんですね 別に決まったものじゃなくてもいいですね とにかく思いついた流れ― 思いついたフレーズをどんどん書き込んでいきます 実際にこの部分ですね この四角い部分をこのように 入れ替えることもできます 順番が入れ替わるんですね ですので後で構成を変えていくこともできます こういう形でアウトラインモードを使って プレゼンテーションの流れを 組み立てていくということですね それではまたスライドに戻りますね はい スライドショーを見ます ではちょっとまとめますね このレッスンではアウトラインモードの使い方を学びました アウトラインで組み立てたファイルですね― 先程作りましたけれども それをそのままプレゼンテーションのスライドにすることは もちろん可能です しかし箇条書きなどの体裁に囚われてしまって 自由なスライド制作に影響する場合もあります ですのでアウトラインはあくまでも プレゼンの構成とシナリオを書くために 扱うことをお勧めします アウトラインで設計した内容を参照しながら 新たなファイルでスライドを作っていきましょう

PowerPoint 2013 完全マスター

このコースでは、初めてPowerPointを触れる方から日ごろからよく利用しているビジネスパーソンや大学生、教師やセミナー講師まですべての方を対象に、PowerPointの基本操作について解説します。さらには応用テクニックや裏技など「魅せるスライドプレゼン」のためのコツを惜しみなく紹介します。

6時間47分 (57 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年02月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。