PowerPoint 2013 完全マスター

「魔法のガイドライン」を設定する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スライドの見栄えを左右する要素は“美しく整っていること”。「ガイドライン」を使えば、オブジェクトをキレイに整列できます。ここでは「魔法のガイドライン」の設定方法をレクチャーします。
講師:
12:21

字幕

スライドの見栄えを左右する要素は 美しく整っていることです ガイドラインを使えばオブジェクトを きれいに整列できます このレッスンでは「魔法のガイドライン」 というものの設定方法をレクチャーします では参ります 「魔法のガイドライン」とは オブジェクトをなんとなく 美しく整列できるガイドラインです 具体的には外枠のガイドライン 二分割のガイドライン 三分割のガイドラインで構成されています 例えばこんな風なレイアウトですね デザインがあったとします これは実は この様なガイドラインに 沿って作られています この写真はひまわりが これは三分割のガイドラインなんですけれど ひまわりがここまで来るように トリミングされています そして この文字です 文字はこの三分割のガイドラインの 右側に配置してます そしてこれが中心のガイドラインです 中心のガイドライン 二分割のガイドラインです その真ん中に配置されています こちらも同じような感じです こちらはこんなガイドラインに沿っています まず人の写真です これは丁度半分 二分割のガイドラインの 左側に来るようにしています 手の部分が この三分割のガイドラインの 真ん中に なんとなく納まるように トリミングしています 文字は二分割のガイドラインの右側に配置 小さい文字は二分割のガイドラインと 三分割のガイドラインの間に来るように 小さくしています こちらもです 見てみますね こんな感じで 文字を 二分割のガイドラインの右側 三分割のガイドラインの上の方に配置します この人は この三分割のガイドラインの このあたりまで来るように トリミングしています この「魔法のガイドライン」は 紙の企画書にも使えます 例えばこの様な企画書 これはこういう形で このガイドラインに納まるように― 文字が配置されています こちらも同じです こちらもこういう形で均整の取れた ガイドラインを活用して配置されています こちらはビフォア(Before )の レイアウトなんです こういうスライドはよくありますよね? いろんな写真やイラストがあって 文字があってという感じですね これを「魔法のガイドライン」に適応します すると こうなります こんな感じです こういう形でスッキリと見やすくなったと 思うんですけれども これにはこういうガイドラインが 配置されています この見やすさのポイントなんですけれども この部分です この部分は真っ白ですね この下もそうです こういう白い部分は 「ホワイトスペース」と呼ばれる部分です ホワイトスペースというのは 白い場所なんですけれども 実は白いだけじゃなくて 何色であっても こういう風に空間を空けるということです 空間を空けることによって 目が この文字にちゃんと行くわけです あとビジュアルもこちらの方に 二分割の左に配置して 均整がとれるようになっています では具体的にその「魔法のガイドライン」の 設定方法を説明します 例えば一般的なプロジェクターで プレゼンをする時に使われるのは 4:3 サイズのガイドラインの設定です まず センターのガイドラインです これは 0.00(ゼロ)の位置です 0.00 の位置に線を引きます もともとガイドラインを表示すると このガイドラインは表示されています 続いて外枠のガイドラインです 外枠のガイドラインの位置は 上下が 9.00 左右が 12.00 というところに 線を引きます 左右が 12.00 というところに 線を引きます 続いて三分割のガイドラインです 三分割のガイドラインは この2本です この2本 縦の2本が 4.00 という位置 横の2本が 3.00 という位置に ガイドラインを引きます これが4:3サイズの時の ガイドラインの引き方です 全部でこんな風なガイドラインが 引かれることになります 続いて16:9 の場合です PowerPoint2013 の 16:9 サイズの場合のガイドラインは まず中心です センターのガイドラインは 同じく 0.00 の位置 外枠のガイドラインです こちらは上下が 9.00 の位置 左右が 16.2 の位置です そして三分割のガイドラインは 縦が 5.40 の位置 横が 3.00 の位置です これがガイドラインになります 全部でこういう感じで ガイドラインが引かれます それでは実際に ガイドラインを引いてみましょう どうやってやるかです では Esc でスライドショーを終わらせます では新規スライドを立ち上げて 引いてみます 新規スライドは「ファイル」から「新規」 「新しいプレゼンテーション」を開きます ちょっとややこしいので プレースホルダ この部分を削除します まず4:3から引いてみましょう 今 16 :9 なので4:3に変えます 4:3にするには 「デザイン」タブをクリックして 「スライドのサイズ」を標準 4:3に変えます ガイドなんですけれど この線がガイドです ガイドラインです このガイドの表示の仕方は 「表示」タブをクリックして 「ガイド」にチェックです すると表示されます ガイドラインはまず 「ガイド」にチェックを入れると この二分割のガイドラインは表示されます これは 0.00 の位置にあります これは 0.00 です こちらも0.00 の位置です 次に外枠のガイドラインを描きます ガイドラインの書き方は 例えば この 横のガイドラインに ポインターを合わせて 左クリックします そして押しっぱなしにします そして Ctrl キーを押しながらドラッグします そして 9.00 の位置でクリックを解除します これで1本引けました 同様に左クリックして Ctrl を押して 9.00 の位置です 今度は左右です 今度は真ん中の縦のガイドラインを 左クリックして Ctrl を押しながら 12.00 の位置に持っていきます 同様に右側も Crtl キーを押してドラッグして 12.00 の位置です これで外枠のガイドラインが引けました 次は三分割のガイドラインです 今度は真ん中の横のガイドラインを 左クリックしながら Crtl を押して ドラッグして上げます これは 3.00 の位置です 同じくこちらも 3.00 の位置です 次は横です こちらの縦のガイドラインを 左クリックして Ctrl を押しながら 4.00 の位置です 4.00 の位置に動かします これで4:3サイズの ガイドライン設定は完了です 続いてもう一度 ファイルを新規で立ち上げます 「ファイル」から「新規」 これは16:9 のスライドですね 同じようにプレースホルダを 削除します Delete します こちらも同じです 最初に二分割のガイドライン 0.00 の地点が書かれています では外枠のガイドラインいきます 外枠のガイドラインは 真ん中の線をクリックして Ctrl を押しながら 9.00 の位置 同じく 下も 9.00 の位置です 次 横です 縦のガイドラインをクリックして Ctrl を押しながら 16.2 の位置です こちらも 16.2 の位置です 次 三分割です まずはこれを同じようにクリックして これは 3.00 です 下にも 3.00 次は縦のガイドラインをクリックして 今度は 5.40 です 5.40 にすると これで三分割のガイドラインが引けました これで 16:9 サイズの ガイドライン設定は OK です それではスライドショーに戻ります まとめます このレッスンではオブジェクトを きれいに配置するための ガイドラインの設定を学びました このガイドラインにオブジェクトを 合わせて配置すると なんとなく きれいな レイアウトになります レイアウトに迷う時間が短縮され さらにきれいに見えるという お勧めのレイアウト方法です

PowerPoint 2013 完全マスター

このコースでは、初めてPowerPointを触れる方から日ごろからよく利用しているビジネスパーソンや大学生、教師やセミナー講師まですべての方を対象に、PowerPointの基本操作について解説します。さらには応用テクニックや裏技など「魅せるスライドプレゼン」のためのコツを惜しみなく紹介します。

6時間47分 (57 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年02月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。