PowerPoint 2013 完全マスター

キーワードを「ビジュアル化」する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スライドプレゼンの場合、スライドに「読ませる文章」を書くのは避けるべきです。文章を「キーワード化」し、さらに「ビジュアル化」する方法を学びましょう。
講師:
05:49

字幕

スライドプレゼンの場合 スライドに読ませる文章を 書くのは避けるべきです 文章をキーワード化し さらにビジュアル化する そんな方法をこのレッスンでは学びます では いきます キーワードをビジュアル化する基本は 文章を単語レベルまで分解して 文字をビジュアル化するというものです 具体的にやってみましょう 「文章を単語レベルまで分解して 文字をビジュアル化する」 これは文章ですね この文章から必要最低限の単語を抜き出します こんな感じです 結果「文章 単語 ビジュアル」 というキーワードが残りました これをビジュアル化します こんな感じです スライドにはこれだけを表示すればOKです 「文章を単語レベルまで分解して 文字をビジュアル化します」という言葉は プレゼンターが喋れば良いのです では実際にやってみましょう スライドショーをEsc で終わらせます 例えばこういう文章があったとします ここで抜き出す文字は 「文章」と「単語」そして「ビジュアル化」 これをキーワードとして抜き出します では この文章をCtrl + Shift を押しながら 一旦コピーします まず「文章」 次も同じようにコピーして 今度は「単語」だけ 抜き出します 「文章」「単語」 最後は「ビジュアル化」ですね 「ビジュアル化」 実際にスライドで使うのは この3つのキーワードだけでOK です これを例えば3つShift キーを押しながら クリックして選びながら もうちょっと大きくしましょう 文字自体も1つのビジュアルなんです パッと見た時に文字でちゃんと理解できる それは「ビジュアル化されている」 ということなんです そのためには ある程度 大きさが必要なんです ですので これを 150 くらいにしてみましょう 「文章」「単語」 「ビジュアル化」 こんな感じです これを関係性が見えるように いろいろと要素を加えていきます まずは矢印をいれましょう 矢印は「挿入」のところから 「図形」を選んで 右向きの矢印です これで「文章を単語レベルまで分解して」 ということを プレゼンターが言えます その後に「これ全体がビジュアル化です」 ということを言うのに 同じく「挿入」から「図形」 カッコです カッコを選んで 「塗りつぶし」を「なし」にして 線を太くしましょう 線を4.5 くらいにします そして「書式」のところから「回転」で 左側に90 ° 回転させます こんな感じです これで1つの「ビジュアル」です これが1つの「ビジュアル」として 捉えられるということです プレゼンターは「文章を単語レベルまで 分解して文字をビジュアル化しましょう」 ということを言えば良いわけです ではスライドショーに戻ります まとめます このレッスンではキーワードを抜き出して ビジュアル化する方法を学びました スライドにはビジュアル化した キーワードがあれば それでOK です 全てをスライドで説明しようとすれば 非常にゴチャゴチャして 伝わらないスライドになります スライドプレゼンの場合はプレゼンターと スライドのコラボレーションなんです スライドは語るのではなくて 見せるものにしましょう

PowerPoint 2013 完全マスター

このコースでは、初めてPowerPointを触れる方から日ごろからよく利用しているビジネスパーソンや大学生、教師やセミナー講師まですべての方を対象に、PowerPointの基本操作について解説します。さらには応用テクニックや裏技など「魅せるスライドプレゼン」のためのコツを惜しみなく紹介します。

6時間47分 (57 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年02月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。