PowerPoint 2013 完全マスター

スライドを「コピー」する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スライドを増やすとき、いちいち新規スライドからつくっていては効率的ではありません。すでにつくったスライドを「コピー」し、つくりかえていく方法をレクチャーします。
講師:
04:58

字幕

スライドを増やす時  いちいち新規スライドから作っていては 効率的ではありません このレッスンでは 既に作ったスライドをコピーして 作り変えていく方法をレクチャーしましょう ではいきます スライドを一枚作ったら とりあえずそれをコピーしましょう コピーはサムネイルの部分をクリックして Ctrl キーを押しながら 下にドラッグします 次のスライドの内容は そのコピーを改変して作っていきます こうするとデザインや アニメーション効果が崩れず 統一性のあるプレゼンになります では早速 実際にやってみましょう (スライドの効果音) こちらが一枚目に作ったスライドです (スライドの効果音) こんな感じです これと同じように2枚目を作ります では Esc でスライドショーを終了させます まず やり方です このサムネイルを左クリックして 押しっぱなしにしたまま Ctrl キーを押して そのまま下に ぎゅっと下げます これでスライドがコピーされました 今度はその内容を作り変えていきます 2枚目です 「Point 1」これを2に変えます そしてここですね ここを― 「映像や音声など最適なメディアを 組み込めます」に変えます これで文字を書き換えました 次はここの部分を 「いろいろなメディアを 素材として活用」です 「いろいろな メディアを 素材 として活用」 ちょっと狭いので枠を広げます こういう感じです ここでアニメーションの― 画面切り替え効果を 変えておきましょう 普通のフェードにします フェードをやりました これでちょっと見てみましょう これは1枚目ですね スライドショーで見ます (スライドの効果音) はい クリックすると (スライドの効果音) こんな感じです では次行きます (スライドの効果音) クリックすると (スライドの効果音) はい この様に同じような展開で スライドを作っていく場合は スライドをコピーして その内容を書き換えていくと 非常にアニメーションの 設定の手間も省けますし 均整の取れたズレのないスライドが作れます それでは最後にまとめます このレッスンではスライドをコピーして 作り変えていく方法を学びました スライドをコピーしながら プレゼンテーションを作って行く方法は 製作の効率化や デザインやアニメーションを― 踏襲できるというメリットだけではありません スライドの作り手が常にプレゼンの流れを 意識できるということも 大きなメリットです よりスムースな流れを作り 伝わりやすいプレゼンにするための テクニックでもあります 是非 取り入れてみてください

PowerPoint 2013 完全マスター

このコースでは、初めてPowerPointを触れる方から日ごろからよく利用しているビジネスパーソンや大学生、教師やセミナー講師まですべての方を対象に、PowerPointの基本操作について解説します。さらには応用テクニックや裏技など「魅せるスライドプレゼン」のためのコツを惜しみなく紹介します。

6時間47分 (57 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年02月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。