PowerPoint 2013 完全マスター

「じわじわと大きくなる」効果で期待感を高める

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
映画の予告編でも必ず使われている注目の鉄板テクニック。簡単なアニメーション設定で、オーディエンスの注目と期待を高めるテクニックをレクチャーします。
講師:
10:06

字幕

このレッスンでは 文字がじわじわと大きくなる アニメーション効果の設定を レクチャーします これは映画の予告編でも必ず使われている 注目効果の高い鉄板テクニックです 簡単なアニメーション設定で オーディエンスの注目と期待を 高めるテクニックを学びましょう では いきます はい これが完成版です 文字が少しずつじわじわと 大きくなっていきます もう一度 見てみます いきますよ こんな感じです こんな感じで 文字が少しずつ大きくなっていきます これはよく映画の予告編なんかで ご覧になられたかと思うんですけども ほぼ必ずこの手法が使われています ちなみに この背景は スライドマスターに設定してます スライドマスターでアニメーションを 付けている背景なんですけども この文字はスライド上で アニメーションを設定してます こんな感じです これは非常に本当に 映画の予告編で使われるぐらいなので 効果が高いんです 注目する効果が高くなります では 実際にアニメーションを 付けてみましょう ここでやってみます では Esc を押して スライドショーを終わらせます この画面で設定していきます まず文字です この文字にアニメーションを設定します テキストボックスをクリックして 「アニメーション」タブをクリックして 「アニメーションウィンドウ」を表示させます 次に このアニメーション効果 何が使われているかというと 強調効果です  「アニメーションのスタイル」から 「強調効果」の「拡大/ 縮小」というのが 使われています 「拡大/ 縮小」をクリックします こんな感じになります 「拡大/ 縮小」なんですけども これがアニメーション設定したものですけど この三角から 「効果のオプション」を見てみますね デフォルトの状態では 150% 拡大されるんです 150% 拡大されます それの数字を変えます この矢印をクリックして 「ユーザー設定」をクリックします ここで大体 110% から 120% 位の 大きさに設定します ここでは 110% にします 「110 」 と打ち込みます そして Enter で OK します まず サイズを 110% にしました 次に「タイミング」のタブをクリックします そして「継続時間」がデフォルトでは 2秒になっているんですけれど ここをもうちょっと時間を延ばします じわじわとゆっくり大きくなっていく ゆっくり少しずつ大きくなる様にする為に 時間を延ばします この矢印をクリックして 「5秒(さらに遅く)」を選びます これで「OK 」を押します こんな感じです ゆっくりとじわじわと大きくなっていってます そして 例えばこのような効果を使う時は 画面切り替えです 「画面切り替え効果」も触ってみます 「画面切り替え効果」のタブをクリックして 「画面切り替え」スタイルの 「その他」のところをクリックして この「フライスルー」というのを選びます 「フライスルー」です どういうものかというと こんな風になりました 向こうからズームで文字が出てくるような 感じになりました 「フライスルー」に設定しました さらに画面切り替えが終わったと同時に アニメーションが始まるように 「アニメーションの設定」のところで ここをクリックしまして 「直前の動作と同時」に設定します これでOK です これでスライドショーで見てみます いきます こんな感じです 文字がズームの様に出てきて じわじわと大きくなります もう一度行きます こんな感じです 非常に簡単です こういう風に 110% の拡大を ちょっと時間をかけて見せる 5秒ぐらいです 今は5秒に設定しました 5秒ぐらいで拡大されていくようにする これが基本的なじわじわと 文字が大きくなるテクニックの基本です では応用します こちらをご覧ください いきます (カメラの連続シャッター音) (爆弾の導火線の音) こんな感じです こんな感じで見せると 非常にインパクトが出ます Esc 押して終了させます もう一度見てみます ここからやります この後です いきますよ こんな感じです (カメラの連続シャッター音) 最初に一文字ずつ文字が表示されます こういう風に最後にじわじわと大きくなる 文字を設定すると 非常にインパクトが出ます これをどんな風にしているか ご覧いただきます Esc でスライドショーを終わらせます こちらのサムネイルのところを ご覧いただけると分かるんですけれど こうですね 一文字ずつ大きな文字で 一文字ずつ文字を貼り込んでいます こんな感じです 今 400 ポイント位の文字になっています これで「プレゼン+おもしろみ」 というものを打ち込んでいます これで「プレゼン+おもしろみ」 というものを打ち込んでいます そして ここなんですが それぞれのスライドに― アニメーション効果は 一切設定していません 設定されているのは 画面切り替えのタイミングなんです 「画面切り替え効果」で 「自動的に切り替え」にチェックを入れて 画面切り替えのタイミングを 0.1 秒にしています ここも 0.1 と打ち込めば 0.1 秒になります それで同じように もう 全部同じです 全てのこのスライドは 画面切り替え効果「なし」の状態で アニメーションは一切設定せずに 自動的に切り替えで 0.1 秒 さらに ちょっとした効果音を付けてます ここです「画面切り替え効果」の「サウンド」 ここに「カメラ」というのを設定しています これで「プレゼン」の「プ」のところから 「おもしろみ」の「み」までを 全て同じ設定にしています そして最後ここです このじわじわと大きくなるところは― 「プレゼン+おもしろみ」という言葉に 先ほどの「強調」の「拡大」効果です ちょっと中を見ます 110% です 110% を 「タイミング」4秒にしています 4秒で拡大されていく これを5秒でも良いです 5秒にしてみましょう こんな感じです 簡単なんです 非常に もう一度見てみます ここから再生します いきます (カメラの連続シャッター音) こんな感じです ちなみにこの最後の画面 じわじわと拡大されるところには... ちょっと Esc します 「画面切り替え効果」で「爆弾」 というのが設定されています この「カメラ」と「爆弾」のセットにすると 非常にインパクトが出る見せ方になります こんな感じです はい これは非常に本当によく使う ここぞという時に使えるテクニックなので 皆さんも是非 試して頂きたいと思います では まとめます このレッスンでは 文字がじわじわと大きくなる効果を学びました この じわじわと大きくなる文字は 注目効果の定番アニメーションです ここぞという時 強く訴求したいキーワードに 使ってみましょう

PowerPoint 2013 完全マスター

このコースでは、初めてPowerPointを触れる方から日ごろからよく利用しているビジネスパーソンや大学生、教師やセミナー講師まですべての方を対象に、PowerPointの基本操作について解説します。さらには応用テクニックや裏技など「魅せるスライドプレゼン」のためのコツを惜しみなく紹介します。

6時間47分 (57 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年02月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。