PowerPoint 2013 完全マスター

二人の会話でプレゼンを進める

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画面が左右に行き来して、あたかも二人の人物が会話しているように進行するプレゼン。これも画面切り替えの設定だけで可能です。ちょっと変わったアクセントをプレゼンに取り入れてみましょう。
講師:
07:18

字幕

画面が左右に行き来して あたかも二人の人物が 会話しているように進行するプレゼン これも画面切り替えの設定だけで可能です ちょっと変わったアクセントを プレゼンに取り入れてみましょう このレッスンでは二人で会話しているような プレゼンの方法を学びます ではいきますね これがサンプルですね ちょっとやってみましょうか プレゼンの構成方法にはどんなものがあるの? 有名なのは SDS 法 PREP 法 IREP 法などがあるよ SDS 法って? Summary: 全体要約 Details: 詳細 そして Summary: まとめ そういう構成をする方法だよ じゃあ PREP 法って? PREP は Point: まず結論を言って Reason: その理由を述べて Example: 具体例を挙げて さらに Point: 最後にまとめるっていう方法だよ じゃあ IREP 法って? IREP 法は Issue: まず論点を明確にして 次に Reason: 理由を述べて Example: 具体例を出して Point: 最後にまとめるっていう方法だよ ふーん もう一度説明して! 聞いとけやっ! まぁこんな感じですね こんな感じなんですけれどもー どんなふうにしてあるかというと ちょっと見てみましょうね Esc でスライドショーを終わらせます これは非常に簡単なんですね まずここからスタートするんですけれども このスライドですね ちょっとアニメーション効果見てみましょうか 「アニメーション」タブで アニメーションウィンドウを表示させます アニメーション効果は一切付いていないんですね どうなっているかというと 画面切り替え効果が付いています 画面切り替え効果の「パン」というのが付いています 「パン」ですね このダイナミックコンテンツというところに パンというものがあります そして「効果のオプション」 ここでは左からスライドが 登場するようになっています 背景はスライドマスターに作ってあります スライドマスターに背景を作って この画面切り替えの ダイナミックコンテンツの中から 画面切り替えを選ぶと 背景が変わらずにスライドだけが切り替わる という見せ方になります 次も同様ですね 次のスライドもアニメーションは一切なくて 画面切り替え パン 今度は「効果のオプション」が 右から出てくるようになっています それの繰り返しなんですね もうずっとそれです ですので画面切り替え効果だけで 構成されているんですね 左右から吹き出しが出てくることによって 何か会話をしているような プレゼンテーションを進められる という感じですね 非常に簡単なんですけれども 面白い見せ方ができるんじゃないかと思います では 実際に 簡単なので設定していきましょうね じゃあ 14 スライド目から設定します まずこれですね 14 スライド目 ここでは画面効果の切り替えだけなんです 先に 14 スライド目から 最後の 23 スライド目まで 14 スライド目のサムネイルをクリックして Shift を押しながら 23 スライド目をクリックすると 全て選ばれます そこでまず 「画面切り替え」の 「パン」を設定しますね 「パン」 デフォルトではこういうふうに 下から出てくることになっていますね 次に 14 スライド目 これは効果のオプションで左から出てくる スライドになるんですね では同じように 左から出てくるものを全て選びますね サムネイルの 14 スライド目をクリックして 次に1つ飛ばして 16 スライド目を Ctrl キーを押しながらクリックします 同じように 18 スライド目も Ctrl キーを押しながらクリック 20 も Ctrl キーを押しながらクリック 22 も Ctrl キーを押しながらクリックします これで左から出てくる 全てのスライドが選択された状態ですね ここで一括で「効果のオプション」 「左から」に設定します こんな感じですね スピードをちょっと速くしたいので 継続時間を 0.75 ぐらいにしましょう 同様に 次は 右から出てくるところも設定してみましょう 右から出てくるのは 15 スライド目 それで1つずつ飛ばしていきますね Ctrl キーを押しながら 17 19 21 そして 23 ですね これで全部選ばれましたね そして「効果のオプション」で これは「右から」出てくるように設定します スピードを先程と同じように 「継続時間」を0.75 にします それではちょっと見てみましょうか 14 スライド目からですね スライドショーで見てみます 左から出て 右から出て 左から出て 右から出て 背景は変わりませんね 左から出て 右から出て 左から出て 右から出て 左から出て 右から出ると こんな感じですね こんな感じで左右で人がいるように 会話しながらプレゼンテーションを進めていく― というような見せ方が簡単にできます このレッスンでは二人の会話で プレゼンを進めていくように 見せる方法を学びました このような会話プレゼンは プレゼンの合間に アクセントとして使うのが効果的です プレゼンターがスクリーンを左右に移動して 進行しても面白いかもしれませんね このようにちょっとした面白味が オーディエンスを惹きつけ 印象に残りやすくしてくれます

PowerPoint 2013 完全マスター

このコースでは、初めてPowerPointを触れる方から日ごろからよく利用しているビジネスパーソンや大学生、教師やセミナー講師まですべての方を対象に、PowerPointの基本操作について解説します。さらには応用テクニックや裏技など「魅せるスライドプレゼン」のためのコツを惜しみなく紹介します。

6時間47分 (57 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年02月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。