Illustrator CS6でポストカードを作成しよう

パス上文字ツールで文字を入力、書体を変更

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「パス上文字ツール」を使って、カーブしたパスにそって文字を入力する方法を学びます。文章を曲線やジグザグ線に沿って入力できることがわかると、新たなレイアウトのアイディアが広がります。
講師:
06:45

字幕

ここでは「パス上文字ツール」を使ってカーブしたパスに沿って文字を入力する方法を学びます。文章はいつも直線の上に入力するだけではなく曲線やジグザグ線に沿っても入力できることが分かると新たなレイアウトのアイデアが広がることでしょう。このサンプルの誕生日カードではHappy Birthday というテキストが円弧に沿って入力されいます。これと同じようにやってみましょう。先ずはサンプルファイルを開きます。メニューバーの「ファイル」>「開く」手元のマシンにある「jp003-02-03」このフォルダの中にある「ポストカード.ai」を開きます。このファイルのついて解説します。「レイヤー」パネルを開いて見るとレイヤーが2つ入っています。「背景レイヤー」には、この紫の枠とストライプの部分が入っています。そして「文字レイヤー」の中に5行のテキストが入っています。この「文字レイヤー」に対して次に Happy Birthday というテキストを追加していきます。では、「Happy Birthday」というテキストをのせるための円弧を描いていきます。「楕円形ツール」を使えいます。「楕円形ツール」を選択したら画面の中央あたりでクリックします。 そして、半角英数で「幅:65mm」。「高さ:65mm」と入力してください。「mm」が付けなくてもIllustratorが保管してくれますので、数字だけを入力すればよろしいです。そして、OK をクリックします。直径65mmの正円が出来ました。この正円を今作業しているアートボードのちょうど中央に持っていきたいと思います。「選択ツール」を選んでコントロールパネルのこのプルダウンメニューを開きます。「アートボードに整列」を選択してください。こうすることによってこのアートボードを基準にして整列が行われます。次に、いくつか並んでいるアイコンのうち、左から二番目「水平方向中央に整列」をクリックします。こうすることによって水平方向のちょうど中央に正円が移動されました。次にこの正円の上半分の円弧だけを残して下半分を消しておきたいと思います。ダイレクト「選択ツール」に持ち替えて何もないところを一度クリックします。そしてこの正円の下半分の円弧のちょうど中央あたりここにマウスカーソルを重ねると「アンカー」ポイントの位置が見えてきます。ここをクリックします。この中央のアンカーポイントが選択されましたので。キーボードの「delete」を押します。 こうすることによって、上半分の円弧だけが残り、半円になりました。この半円を使って、文字を入力していきます。今設定されている塗りと線は「パス上文字ツール」を使ったときに消えてしまいますので心配しなくて結構です。では「「パス上文字ツール」を選びます。ツールパネルの右列の上から三つめ「文字ツール」このサブメニューの中に「パス上文字ツール」が入っています。上から3行目です。これを選択してこの円弧の上のどこか任意の部分でクリックをします。半角英数で「Happy Birthday」と入力してください。最後に、「!」を付けておきます。では、後で扱いやすいように、文字列を中央揃えの設定にします。「選択ツール」に持ち替えてメニューバーの「ウインドウ」から「書式」>「段落」を選びます。「段落」パネルが出てきますので上に並んでいるアイコンのうち左から2番目の「中央揃え」をクリックしてください。次にフォントを変更します。今段落パネルのタブの左側に「文字」というタブがあります。こちらをクリックして文字パネルに変更します。1行目のプルダウンメニューを開いてMac の方は「Apple Chancery」というフォントを選びましょう。 Windows の方は似た雰囲気のフォントご自分の好きなものを選んでください。これで、フォントが変更されました。次に、フォントサイズを変更します。文字パネルの上から3行目「フォントサイズを設定」こちらの数値を全て消して半角英数で「39」と入力します。そして「enter」で確定します。文字が大きくなったことによってパスからはみ出ていまい「Birthday」という単語が消えてしまいました。今この右側に小さな「+」アイコンがありますけれどもこの状態は、文字がパスより外側にはみ出て残っているよというしるしです。このはみ出てしまった「Birthday」という単語をもとに戻していきたいと思います。「選択ツール」で、この「パス上文字ツール」で作られたフレーズを選択するとこの左側に「ブラケット」と呼ばれる線があるのがわかると思います。ここにマウスカーソルを重ねると右向きの小さな矢印が出てきます。この状態で、ブラケットをドラグして。左の下まで引っ張ってください。「Birthday」という文字が出てきたところで、手を放します。この円弧に沿ってバランス良く文字が入っていれば結構です。「shift」を押しながら上方向にドラグしましょう。 だいたいこのあたりに入っていればOK です。何もないところをクリックして選択を解除します。このレッスンでは、曲線やジグザグ線など自由に描かれたパスに沿って文字を入力できる「パス上文字ツール」の使い方について学びました。自由なアイデアで文字を扱うとグラフィックの表現力は格段にアップします。

Illustrator CS6でポストカードを作成しよう

このコースでは、実践的でいろいろと応用が利くポストカードのデザインをIllustratorを使って練習します。具体的には正確な印刷物のサイズを指定し、フォントや文字の大きさなどを選び、背景にオリジナルの模様を入れ、好きな写真とテキストデータを配置して作っていきます。また美しいポストカードをデザインする手順をひとつひとつ分解してわかりやすく解説していきます。

1時間48分 (17 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年01月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。