Photoshopで楽しむモノクロームの写真

色の価値

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
なぜ人はモノクロームに惹かれるのか。写真の撮影時に記憶した色は、時がたつにつれ、色に対する欲求が深まるところを、これらの色情報をばっさりと切り捨て、実際にはありえないたった2色に置き換えるよるモノクローム独特の世界の魅力について触れていく。
講師:
03:31

字幕

人間が見る対象は すべて 何らかの 色情報を持っています 色情報は デジタルの世界では 多くの場合 RGBという いわゆる 赤 緑 青の 光の3原色で 表現されています デジタルカメラで 撮影した画像も RGBの 色の組み合わせによって 人間の見た目に 近づけています もちろん このRGBの組み合わせも 人の目で見た色を 完璧に表現しているわけではなく デジタルカメラで 撮影した写真が ファインダーを 覗いた時に見た対象とは 異なっていることが 普通です あの空は もっと青かった この果物は もっと赤かった など 撮影時に感じた色は 時が経つにつれ より思い入れが強くなり 実際に撮影した画像と 乖離していくことが 多くあります これらは 記憶色と呼ばれ 撮影した対象の思い入れが 強くなればなるほど 撮影された画像の色との 違いが気になります 赤は もっと赤かったはずだ 木々の緑は もっと 生き生きとしていたはずだ など 場合によっては 被写体が持っている 実際の色よりも 鮮やかな色を 要求したりします ところが モノクローム写真の場合は それらの色情報を バッサリ切り捨てていますので 記憶色が入り込む 余地がありません といいますか 逆に 実際には存在しない 白ともう一色の世界を 表現しようとしているわけですから モノクローム写真は 主観 および 極端な言い方をすると 思い入れの塊 のようなものです また 実際の フルカラーの世界を 白色と もう1色の たった2色の世界に 落とし込むわけですから どの色を 黒や 他の単色に置き換えるのか どの色を 白色に置き換えるのか などに 決まり事はありません 普通の モノクロームの写真では 濃い部分の色が 黒や白以外の単色に置き換わり 薄い色の部分が 白色に置き換わりますが 赤外線写真のように 敢えて 濃い色の部分を白く飛ばして 表現する方法もあります ですから モノクローム写真とはいえ 元の色を どのように生かすかが ポイントになり そのさじ加減が 表現の妙味になるのです 実際には存在しない 色の世界 =モノクロームの写真 だからこそ 撮影者は 表現者としての 幅が広がり より強く 自己主張ができます だからこそ 多くの人が モノクローム写真に 魅かれるのです

Photoshopで楽しむモノクロームの写真

味わい深いモノクロームの写真を極めてみましょう。RGBの色情報を省き、白と黒の世界で勝負するモノクローム写真は、いわば写真の原点です。このコースではカラー写真を白黒化するところから始めて、モノクロームを強調するために必要なチャンネルについて解説します。色情報にとらわれない繊細かつ大胆なモノクロームの世界をPhotoshopで愉しんでみましょう!

2時間31分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像加工
価格: 2,990
発売日:2015年02月11日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。