Photoshopで楽しむモノクロームの写真

彩度を下げる

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
写真を無彩色にするとはどういうことなのかを色空間を使って解説。Photoshop上で写真の彩度を下げる方法と、趣のある写真を作る方法を紹介。
講師:
03:52

字幕

フルカラーの写真をモノクローム写真にする 単純な手段として サイドを下げるという方法があげられます サイドは色の鮮やかさの尺度の事です 色空間のイメージで見てみましょう 丸い球が色空間です カラースペースとも呼びます この球の中に あらゆる色で満たされていると考えて下さい この球の中央の縦軸が明度になります 白からグレーそして黒へと移行します そして球を横にスライスすると 軸を中心にグルリと虹色で取り巻きます これが色相です 軸から外側に向けてこれがサイド つまり色の鮮やかさの尺度になります 軸に近いほど無彩色でそこから離れるにつれ 鮮やかさが増し純色が最大となります つまり写真をモノクロームにすると言う事は 写真を無彩色にすると言う事です フォトショップの操作では サイドを下げると言う事になります フォトショップ上でサイドを下げるには イメージメニューから 色調補正の サイドを下げるを選びます これでモノクローム写真が出来上がります これで完成と言うのでもいいでしょう 実際このサイドを下げるは フォトショップではどの様な事を 行っているのかを確認するた為に 一度元のフルカラー写真に復帰させます ファイルメニューから復帰を選びます フルカラーに復帰させた後 調整レイヤーの色相サイドを使って サイドを下げてモノクローム写真にする過程を確認します 塗りつぶしまたは調整レイヤー を新規作成から 色相サイドを選びます これでサイドのスライダーを 左の方にドラッグしていくと 色が段々抜けていき スライダーを一番左まで移動させると 先ほどの様にサイドがなくなって モノクローム写真になります 調整レイヤーですから このレイヤーを非表示にする事で 元の画像との違いも一目で分かります 厳密にはモノクローム写真とは言えませんが サイドのスライダーを 左端よりも少し右にドラッグして サイドを極端に落とした写真でも 趣のある写真に仕上がります この時色相のスライダーをドラッグして 色相を変えても面白い写真に仕上がります この様にモノクローム写真は基本的には サイドを落として白黒にしている事を覚えておきましょう

Photoshopで楽しむモノクロームの写真

味わい深いモノクロームの写真を極めてみましょう。RGBの色情報を省き、白と黒の世界で勝負するモノクローム写真は、いわば写真の原点です。このコースではカラー写真を白黒化するところから始めて、モノクロームを強調するために必要なチャンネルについて解説します。色情報にとらわれない繊細かつ大胆なモノクロームの世界をPhotoshopで愉しんでみましょう!

2時間31分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像加工
価格: 2,990
発売日:2015年02月11日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。