Photoshopで楽しむモノクロームの写真

モノクロームのプリセットを使う

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
白黒調整レイヤーのプリセットを使うことで、モノクローム写真を簡単に調整可能。デジタルカメラのレンズフィルターのような効果が、あらかじめセッティングされているプリセットを使って、あたかも撮影時にレンズフィルターをはめて撮影したような写真を作る。
講師:
02:38

字幕

モノクローム写真の調整する簡単な方法として 色調補正の白黒調整レイヤーを作成し そこからプリセットを適応する という方法があります このプリセットはデジタルカメラの レンズフィルターの様な効果が あらかじめ セッティングされているものです このレッスンでは プリセットを使って あたかも 撮影時にレンズフィルターをはめて 撮影したような写真を作ります プリセットは色調補正パネルから 白黒調整レイヤーを作り そこで適応させます ここで白黒調整レイヤーの プリセットをクリックします ここにはあらかじめ 色々な フィルターが用意されています 例えば 赤外線のプリセットを使うと 銀塩フィルム時代の赤外線フィルムや レンズに赤外線フィルターをはめて 撮影した時のように 緑の部分が非常に明るくなり また明暗のコントラストがはっきりとした モノクロの写真になります これとは逆にブルーフィルターを適応させると 空が白っぽくなります 同じモノクローム写真とはいっても レッド系やブルー系のフィルターを適応すると 一部コントラストが反転したり 非常に異なった印象に仕上がります また各色のカーソルを左右に移動させて プリセットの適応具合を見ながら 細かな調整を加えていくことができます このように大まかなイメージを プリセットで適応させて さらに 各色のスライダーで 追い込んでいくというイメージです 調整レイヤーのプリセットを うまく利用することで より手軽に色々な濃淡の モノクローム画像が楽しめます

Photoshopで楽しむモノクロームの写真

味わい深いモノクロームの写真を極めてみましょう。RGBの色情報を省き、白と黒の世界で勝負するモノクローム写真は、いわば写真の原点です。このコースではカラー写真を白黒化するところから始めて、モノクロームを強調するために必要なチャンネルについて解説します。色情報にとらわれない繊細かつ大胆なモノクロームの世界をPhotoshopで愉しんでみましょう!

2時間31分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像加工
価格: 2,990
発売日:2015年02月11日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。