Photoshopで楽しむモノクロームの写真

覆い焼きで深みを出す

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
デジタルならではの覆い焼きの手法として、ブラシ塗りの手法を解説。ブラシのサイズや不透明度調整しながら、深みのあるモノクローム写真を完成させる。
講師:
05:06

字幕

銀塩フィルムの時代は 実際に フィルムに 感光した画像を より強調するために プリント時に 覆い焼きなどの手法を用いて イメージ通りの写真に 仕上げたりしました 今回紹介する手法は デジタルならではの 覆い焼きの手法として ブラシ塗りの手法を 解説します このブラシ塗りの手法は ちょうど 女性のお化粧のような イメージです 陰影をつけて 目鼻立ちを強調したり チークをつけて 顔の明るさを目立たせたり お化粧では 様々に着色をして 自己表現をしています 今回の手法は モノクローム写真 ということで 描画色と白色を 写真に塗りこみ 被写体の モノクロームでのイメージを 強調します ブラシ塗りを使うには 描画モードを オーバーレイにして 新規レイヤーを 作成します ウインドウズでは Altキーを押しながら マックでは オプションキーを押しながら 新規レイヤーを作成を クリックします レイヤー名は わかりやすいように 覆い焼き と入力します 描画モードは オーバーレイ [オーバーレイの中性色で塗りつぶす] にチェックを入れます OKをクリックします 新規レイヤーを作成したら 描画色とブラシを 設定します ここでは [描画色と背景色を 初期設定に戻す] をクリックして 描画色を黒 背景色を白 に設定します ブラシツールを選んで ブラシの種類は ここでは ソフト円ブラシを選びます ブラシのサイズは 少し大き目な 100ピクセルに 設定しています この際 画像編集に ペンタブレットを使っている場合は [不透明度]に 筆圧を適用させる ボタンをクリックしておくと ペンタブレットに 適した設定になります 描画色の 不透明度は ブラシ塗りをしていく場所に 合わせて変化させます 初期設定では 100%ですが ちょっとだけ 影をつけたい場合は 10%に 濃い目に 塗っていきたい場合は 60% という風に ブラシ塗りを適用させる 場所に合わせて 変えていきます その際  キーボードの 2 を押すと 20パーセントに 3を押すと 30パーセントに 不透明度を 設定できるので 便利です それでは早速 塗っていきましょう ある程度 背景を 黒く塗っていったら 次は 白色を 塗っていきます 描画色と背景色を 入れ替えるには Xキーを押すと このように 切り替わるので 便利です 描画色を 白に設定して ここでは 犬の 光の当たっている場所などを ドラッグして ハイライトを強調したりします また 描画色を 切り替えて 今度は 犬の陰影を このように ドラッグして 強調していきます さらに細かい部分を 塗りたい場合は ブラシのサイズを 小さ目にして このように 塗り重ねていきます また 描画色を グレーに変更して 微妙な陰影を つけていくのもいいでしょう このように 女性のお化粧の要領で 丁寧に ブラシ塗りによる 濃淡をほどこし 深みのある モノクローム写真を 完成させましょう

Photoshopで楽しむモノクロームの写真

味わい深いモノクロームの写真を極めてみましょう。RGBの色情報を省き、白と黒の世界で勝負するモノクローム写真は、いわば写真の原点です。このコースではカラー写真を白黒化するところから始めて、モノクロームを強調するために必要なチャンネルについて解説します。色情報にとらわれない繊細かつ大胆なモノクロームの世界をPhotoshopで愉しんでみましょう!

2時間31分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像加工
価格: 2,990
発売日:2015年02月11日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。