Photoshopで楽しむモノクロームの写真

ダイナミックレンジを広げる

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
複数枚の露光の異なる写真を合成して、1枚の写真をモノクローム化したものよりもダイナミックレンジの広いHDR写真を作る。カメラ任せとはひと味違った、自分ならではのHDR画像を作り上げる。
講師:
05:31

字幕

デジタルカメラを 持っている人でしたら HDR  ハイダイナミックレンジ という言葉を 聞いたことがあると思います HDRとは 露出値を変えた 数枚の写真を重ね合わせることで デジタルカメラの 露出限界を超えた写真を 作るものです 多くのデジタルカメラに 搭載されている機能で 1回のシャッターで 数枚分の露出値を 変えた撮影をします ただ デジタルカメラでの HDRは 自動で 合成してしまいますので 言ってしまえば 機械任せのHDR合成写真です また デジタルカメラの HDR撮影の設定は 露出値の設定を 細かくできない場合がありますので 自分が設定した 撮影した写真を Photoshopで HDR合成をした方が より自分のイメージにあった HDR写真ができあがります 今回は Photoshopを使って HDRのモノクローム写真を 作ってみます まず HDR写真を作るには 数枚の 同じシチュエーションでの 写真が必要となります もちろん 露出値を変えていなければ 露出限界を 広げることはできませんので ー1 0 +1 や ー2 -1 0 など デジタルカメラの 露出補正機能などで 露出値を変えた写真を 複数枚用意します 今回は 3枚の写真を使って HDR写真を作ります これらは順に 暗い 中間の明るさ 明るい の3段階の露光で 連続して撮影した写真です 同時に撮影したもの ではないので 3枚の写真が 微妙に 位置がずれているかもしれませんが 多少のずれは 構いません ファイルメニューから [自動処理]の [HDR Proに統合] を選びます [開いているファイルを追加] をクリックします すると 現在ここに開いている ファイル名が 3つ表示されます OKをクリックすると 別のウインドウが 開きます 処理には 多少時間が かかるかもしれません HDR Proに統合 の画面では 大きく 3つのエリアに 分かれています 左上は 3つの写真をHDR合成した 結果を表示します 左下には 統合に使用した画像の サムネイルが 並んでいます すでに自動で HDR合成されているので これを  右側の調整エリアで モノクローム化や 階調の微調整を おこなっていきます まず モノクローム化をします 詳細パネルの [彩度]を 左いっぱいまで ドラッグします これで モノクローム化しました 次に [ゴーストを除去] にチェックを入れます これにより 微妙な画像のずれが解消します [エッジの光彩]では エッジの光彩の半径と強さを 高めることで 明るさと コントラストが 強調ができます ここでは 半径は28に 強さを 2に高めます [トーンとディテール]の ガンマ値を高めると エッジのコントラストを 調整できます ここでは初期設定の 1に設定しておきます 最後に トーンカーブで 全体のコントラストを 調整します [トーンカーブ] をクリックして 白とびや黒つぶれを しない程度に ゆるいS字型に 設定をします OKをクリックすると Photoshopで統合された HDR画像が開きます これで 1枚の写真を モノクローム化した時よりも ダイナミックレンジの広い画像が 仕上がりました このように カメラ任せとは一味違った 自分ならではの HDR画像を 作りあげて 楽しみましょう

Photoshopで楽しむモノクロームの写真

味わい深いモノクロームの写真を極めてみましょう。RGBの色情報を省き、白と黒の世界で勝負するモノクローム写真は、いわば写真の原点です。このコースではカラー写真を白黒化するところから始めて、モノクロームを強調するために必要なチャンネルについて解説します。色情報にとらわれない繊細かつ大胆なモノクロームの世界をPhotoshopで愉しんでみましょう!

2時間31分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像加工
価格: 2,990
発売日:2015年02月11日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。