Photoshopで楽しむモノクロームの写真

クラシックカーグラビアの作成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ペイントで明暗を強調することで、モノクローム写真ならではの質感と表情が浮かび上がる。写真のどこを、どの色をまたどの明るさを強調したいのかを、自分で判断し、他にはないオリジナルのモノクローム写真に仕上げる。
講師:
07:54

字幕

車やバイク 列車などはー ペイントされた金属の質感が 非常にグラマラスで 魅力的です モノクローム写真にしても この質感は損なわれることがなく 逆に モノクローム写真ならではの 優しさと強さを兼ねた表情が浮かび上がります 特に 黒に近いセピア色や 濃い青銅色など 独特の味わいが 表現できます 今回は この列車の写真を 味わいのある モノクローム写真にしてみましょう まず モノクロームにした際の 全体の色味を整えるために 塗りつぶし または 調整レイヤーを 新規作成から 白黒 を選びます 新規レイヤーで 濃淡を整えます 各色のスライダーを動かして 好みの明暗を探ります 赤い車体などは 黒つぶれさせたくありませんしー かといって 明るすぎると 薄っぺらい印象になってしまいます 部分的な濃さは 後ほど調整できますのでー 大まかに 全体を整える感じでいいでしょう ただ 列車のプレートなど 余り目立たないポイントにも ブルー系で 絞めることができますのでー 余り目立たない色でも スライダーを 移動させて 変化の具合を試してみましょう 今回は レッド系を 45 イエロー系を 15 に ブルー系を 30 に設定しました 次に コントラストを高めます 塗りつぶし または 調整レイヤーを 新規作成から トーンカーブを選びます ここで 背景の壁や 前面のガラスの反射部分ー また 連結の黒い所などを考慮して コントラストを 少し明るめに強調します 次に Windowsでは Altキーを Macでは Optionキーを押しながらー 新規レイヤーを作成 をクリックします レイヤー名を ここでは 覆い焼き に変更します 描画モードは オーバーレイ に変更します オーバーレイの 中性色で塗りつぶす に チェックを入れて OKをクリックします このレイヤーに 白と黒を強調させるための モノトーンの彩色を 施します 描画色と背景色を 初期設定に戻す をクリックして さらに右側の 描画色と背景色を 入れ替え をクリックすると 描画色が 白に 背景色が 黒に 設定されます ブラシツールを選んでー ブラシの種類は ソフト円ブラシを選びー 直径は 100ピクセルに 設定しています 不透明度は 50%にして 一度に 濃く塗られないように 設定しています このブラシで 左側の列車のー 明るい部分をドラッグして 白さを強調していきます また 右側の列車の 白いラインの部分やー ロゴの部分を クリックして 明るい部分を強調します 次に キーボードの Xキー を押して 描画色と背景色を 入れ替えます 描画色が 黒になります このブラシで 車体の黒い部分を ドラッグして より濃さを強調します 余り全体を塗ってしまうと 黒い塊に なってしまうので 気をつけましょう さらに 写真に対して ヴィンテージ効果をかけたいので レンズの 周辺光量低下の 効果を加えます Windowsでは Altキーを Macでは Optionキーを押しながらー 新規レイヤーを作成 をクリックします レイヤー名を ここでは ヴィンテージ と変更します 描画モードは 乗算に 乗算の中性色で塗りつぶす に チェックを入れて OKをクリックします 次に フィルターメニューから レンズ補正 を選びます カスタムをクリックして 周辺光量補正 の 適用量のスライダーをー 左いっぱいに ドラッグして 四隅を 暗くします また中心点は ここではー +の 80 に設定して 広げています OK をクリックすると このように 適用されました 適用量の確認は レイヤーの 表示 非表示で 確認ができます また 不透明度を下げて 周りになじませます ここでは 90%に 設定しました 周辺光量を決定したら 仕上げに 昔の写真のような 色付けをします 初めに作った 白黒1 レイヤーを選択してー パネル上部の 着色に チェックを入れます すると 明るいセピア色になります このままでもいいのですが 雰囲気のある モノクローム写真に 仕上げたいので 着色のチェック の横にある カラーボックスをクリックして カラーピッカーで 色を 変更してみましょう ここではグレーに 少しだけイエローが混ざっているー この部分を 適用させたいので これで OKをクリックします また 色味を 濃い青銅色に変えてもー 趣のある 写真の仕上がりになります このように ペイントによりモノクローム写真 ならではの 質感と表情が浮かび上がります 写真のどこを どの色を またどの明るさを 強調したいのかを 自分で判断することでー 他にはない オリジナルの モノクローム写真が 仕上がります

Photoshopで楽しむモノクロームの写真

味わい深いモノクロームの写真を極めてみましょう。RGBの色情報を省き、白と黒の世界で勝負するモノクローム写真は、いわば写真の原点です。このコースではカラー写真を白黒化するところから始めて、モノクロームを強調するために必要なチャンネルについて解説します。色情報にとらわれない繊細かつ大胆なモノクロームの世界をPhotoshopで愉しんでみましょう!

2時間31分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像加工
価格: 2,990
発売日:2015年02月11日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。