初めてのMaya サーフェスモデリング

次数について

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
カーブとサーフェスの次数に関しての解説です。
講師:
03:55

字幕

このレッスンでは NURBSの「カーブ」や 「サーフェス」の次数について 解説していきます NURBSの 「カーブ」や「サーフェス」は 成り立ちからして かなり数学的です 「次数」は 「カーブ」や「サーフェス」の 曲がり方の 自由さや正確さを 表します 例えば この 「作成」 「CVカーブツール」 「オプションボックス」にいきますと 「オプション」に この「カーブの次数」 というのがあります 普段モデリングするには この「三次」を使えば 十分です この「次数」とは 何かといいますと 「三次」の場合は 左マウスクリックで このように 「CV」ポイントを打っていきます 4つ 打ちますと この様に「カーブ」が現れます この「カーブ」 現れた「カーブ」 これを「スパン」というんですけれども この「スパン」ができるまでの 何回 「CV」を打たないといけないか というのが いわゆる「次数」です 例えば 「一次」の場合 「CV」を 2回打てば この線が現れます そして そのあとは 1回ずつ押すごとに 「カーブ」が現れます その代り 「カーブ」は直線的で まるで ポリゴンの エッジのようになっています 「二次」の場合は 「CV」を3つ打てば 「カーブ」が現れます 「五次」の場合は 6回打つ必要があります 「七次」の場合は 8回です こんな風になります この「五次」とか 「七次」とか 普段は 使う必要がないのですけども 例えば この前で作ったモデルを CADのプログラムに 描き出したりする場合 そして そのCADのプログラムで 例えば 自動車のデザインの 工業的な 制作をする場合などは 「五次」や「七次」などの 正確さが 必要になってくる場合が あります 「五次」とか 「七次」になるほど この 「スパン」を作るのに 「CV」の数が 必要になってくるので それによって 自由度や あと 正確さが増します そして 「サーフェス」の場合 このボタンを押して今から NURBSの「サーフェス」の プレーンを作るのですけども こうやって 左マウス押しながら 押しながら こう動かせば NURBSのプレーンができます そして 「Ctrl+A」を押しますと こんな風に 「次数 UV」という 「アトリビュート」が 見えるのですけども この「次数 UV」 今 「3」「3」になっています どっちも「三次」なのですけども これは 後で変えることができます 例えば 「NURBSの編集」 「サーフェスのリビルド」 というのを開きますと 「サーフェスのリビルドオプション」の 下の方に 次数の「U」と「V」がありまして これで リビルドすることによって 例えば 「U」は「一次」で 次数の「V」の方向は 「七次」とか そういう風に 作り変えることができます 実際に モデリングした時の 「次数」は「3」で もっと設計などに係わる 正確さが必要な場合にだけ 「5」や「7」の「次数」を使います そして この様な「サーフェス」の場合 次数は「U」と「V」で こっちが「U」方向 こっちが「V」方向なのですけども 「次数」の数を 変えることができます 以上 「カーブ」や「サーフェス」の 「次数」の解説でした

初めてのMaya サーフェスモデリング

このコースではMayaのNURBSのカーブやサーフェスの構成要素、パラメターや次数、サーフェスの向きやコンティニュイティ等のコンセプトと基礎知識について解説します。NURBSのプリミティブなどさまざまなモデリングツールを使ったテクニックを説明したのち、マルチパッチモデリングのテクニック等を駆使してクラッシックな複葉水上飛行機の制作方法を解説します。

2時間53分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年02月23日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。