初めてのMaya サーフェスモデリング

パラメータについて

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
カーブとサーフェスのパラメータについての解説です。
講師:
05:00

字幕

このレッスンでは NURBSの 「カーブ」や「サーフェス」にある パラメータについて 解説していきます NURBSの 「カーブ」や「サーフェス」には パラメータというものがあって パラメータは 「カーブ」や「サーフェス」の ある点の持っている 座標の数値の様なものです 例えば このカーブの場合 右マウスクリックで 「カーブポイント」を選びます 右マウスを押し込みながら 「カーブポイント」を選んで この線の1点を選びますと この右上に この「カーブ」の 「U」のディレクション 「0.49849」という数字が出ます この数字が このパラメータの数値というもので この点の持っている パラメータの数値です これ 一番初め 始点というのですけども 線の一番初めは もちろん「0」になります そして 一番最後は 「3」になります これはどうしてかと 言いますと 「エディットポイント」を見ると 解るのですけども 「エディットポイント」 一番初めは「0」です 1 2 3 という風に なってます これはスパンが 3つあるからなのですけども この「エディットポイント」 常に この 1とか 2とか 3とか そういう きっちりした数字になる様に この線の特異のパラメータでは こういう風になっています これが「均一」という パラメータの方法です これは「サーフェス」も同じで この「サーフェス」 「U」と「V」のディレクションが あるのですけども この上下の方向が 「V」の方向 左右が 「U」の方向になっていまして 「サーフェスポイント」を選べば パラメータの数値が見られます この左下が 「U」と「V」が 「0」 右上が 「U」と「V」 どちらも「1」 右下は 「U」が「1」 Vが「0」 左上は 「V」が「1」で 「U」が「0」になっています この様に 「サーフェス」の真ん中は 「U」が0.3に近く 「V」は0.5に近い数値になっています これが パラメータというものなのですけども もう一つ パラメータの方法がありまして 「弦の長さ」という方法があります 「作成」「CVカーブツール」の 「オプションボックス」にいきまして 「ノットのスペーシング方式」 というのがあります これに「均一」と「弦の長さ」 というのがありまして この「弦の長さ」で 「カーブ」を描きますと 「Return」か「Enter」キーを 押して 終わりです また 「カーブポイント」にいきまして 一番初めの始点を選ぶと 「0」は同じですけども 最後の点を選ぶと 「13.20」などと 小数点の大きな数になります これは どういう事かと言いますと 今回は そのノットですね 「エディットポイント」の数ではなく 弦のこの 線の長さによって このパラメータが決まっているんです ですので 例えば この「エディットポイント」を選んで ここですね ここに「カーブポイント」を 置いたとしても 数は きっちりした数にはなりません これに どういう意味があるか と言いますと 「均一」の場合 これ 「サーフェス」が 2つあるんですけれど こっちが「均一」で こちらが「弦の長さ」の方法で 作られています だいたいモデリングする時は この「均一」で モデリングする方が 良いのですけども 例えば テクスチャーを 伸ばしたくない場合 そういう場合は こちらの「弦の長さ」の 「サーフェス」の方が有利です どういう事かと言いますと 今から キーボードの「6」のボタンを押して テクスチャーを付けます もう この2つのオブジェクトは テクスチャーが 付いているのですけども テクスチャーを見える様にしますと よく解るのですけども 同じ ほとんど同じ 「アイソパラム」の 「アイソパラム」の配置は ほとんど同じなのに 右側の方は テクスチャーの ストレッチが少ないです どうしてかというと こっちは「弦の長さ」を 基本にして テクスチャーを付けているので どれだけ ここの点が離れていても 関係なく テクスチャーを貼ってくれます こちらの方は ここからここまでの 距離が長いのに パラメターが ここからここまで あまり進まないので テクスチャーが伸びてしまいます 実際に モデリングしている時は パラメータを 1つにしておく必要があるので モデリングのし易い 「均一」にしておけば 問題ないのですけども 「均一」「弦の長さ」 それぞれに テクスチャーの貼り具合など 利点 難点があることを 覚えておいてください 以上 「カーブ」や「サーフェス」の パラメータの解説でした

初めてのMaya サーフェスモデリング

このコースではMayaのNURBSのカーブやサーフェスの構成要素、パラメターや次数、サーフェスの向きやコンティニュイティ等のコンセプトと基礎知識について解説します。NURBSのプリミティブなどさまざまなモデリングツールを使ったテクニックを説明したのち、マルチパッチモデリングのテクニック等を駆使してクラッシックな複葉水上飛行機の制作方法を解説します。

2時間53分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年02月23日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。