初めてのMaya サーフェスモデリング

カーブやサーフェスの向き

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
カーブやサーフェスの向きや、表と裏、そしてその反転の仕方についての説明です。
講師:
04:20

字幕

このレッスンでは NURBSの 「カーブ」や「サーフェス」の 向きについて 説明します 「カーブ」や「サーフェス」には 向きがあって その向きによって 表と裏もあります この向きを知るには 右マウスを押し込みながら 「コントロール頂点」 「CV」を選びます そして この四角い アイコンがあるのが 始点と言って 始まりの点です 次にUの アイコンが来ます ですので この「カーブ」はこういう風に 方向が決まっています これは どうやって 「カーブ」を描いたかによって 決まっています 「作成」 「CVカーブツール」を選びまして 左マウスクリックで こんな風に カーブを描いていきます 「Enter」キーか 「Return」キーを押して カーブの作成を終了し また同じように 右マウス押し込みながら 「コントロール頂点」を見ますと こちらが始点 こちらが 2つ目の点になっているので こういう風な方向に なっているのが解ります これは こちらからこう描いたからです これがカーブの方向なのですが 方向を変えるには 右マウスボタンを押し込みながら 「オブジェクトモード」にいきます そして 「カーブ」を左マウスクリックで オブジェクトで選んで 「カーブの編集」 「カーブ方向の反転」を選びますと 右マウスボタンを押しながら 「CV」モードにすると解りますが 「カーブ」の始まりのポイントが 右側に移ったのが解ります 元に戻します また「カーブ方向の反転」をすると 元に戻ります 「サーフェス」も同じで この2つの「カーブ」を 下から選んで 「サーフェス」「ロフト」という ツールを使います この「カーブ」から「サーフェス」を 作るのですけども こんな風に「サーフェス」が作られます 今  「スペース」バーを押して 4ビューにいきまして 「パースペクティブビュー」にいきます また 「スペース」バーを押します そして これが 「サーフェス」なのですけれども こちら側がグレーなのに こちら側が黒いのが解ります これは こちらが表で こちらが裏ということです 表と裏 この色だけで 解り難いという場合は この NURBSの 「サーフェス」を選んだまま 「ディスプレイ」「NURBS」 「法線」というのを選びます この「法線」というのは どちら側が表なのかを 示してくれる線で この線が伸びている方 こちらが正しい面になります こちらが表で こちらが裏です 実際 レンダリングした時は 今 どちらでもレンダリング できるのですけども どうしてかと言うと 今 「Ctrl+A」 を押して 「アトリビュート エディタ」を開きます この「レンダリング詳細」という 項目がありまして そこの「両面」というのが 付いているからです これを「両面」消しますと こちら側からは見えますが こちら側からは透明になって レンダリングされなくなります この「サーフェス」も もちろん方向がありまして 「コントロール頂点」 また選びます 右マウスボタンを押し込みながら 「コントロール頂点」を選んで こちら側からこちら側に V方向 こちら側が U方向 という風になっています それで こちらが UとV方向の 終点です こちらが始点になります この「サーフェス」も 表と裏 反転することができまして 方向を反転するには まず「オブジェクトモード」で このNURBSを選びます 「サーフェス」を選びます そして「NURBSの編集」 「サーフェス方向の反転」 というのがありますので これで 反転させます こちらが黒くなりまして こちら側がグレーで しかも 「法線」は こちらを向くようになります この様に 「サーフェス」には 向きや 表と裏があります そのことを 頭において モデリングしてください いつでも「法線」を見ることによって 表がどちらか解りますし 反転することによって いつでも向きを変えて 表と裏を 反転させることができます 以上 「カーブ」や「サーフェス」の 向きについての説明でした

初めてのMaya サーフェスモデリング

このコースではMayaのNURBSのカーブやサーフェスの構成要素、パラメターや次数、サーフェスの向きやコンティニュイティ等のコンセプトと基礎知識について解説します。NURBSのプリミティブなどさまざまなモデリングツールを使ったテクニックを説明したのち、マルチパッチモデリングのテクニック等を駆使してクラッシックな複葉水上飛行機の制作方法を解説します。

2時間53分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年02月23日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。