初めてのMaya サーフェスモデリング

回転モデリング

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
回転はリボルブともいわれ、左右対称の円錐状のオブジェクトを作るのに適しているツールの紹介です。
講師:
05:16

字幕

このレッスンでは サーフェスを作るツールの1つ 回転ツールについて説明します 回転ツールは 輪郭をまず作り それを ろくろの上で回すようにして サーフェスを作るツールです 筒状の左右対称のオブジェクトを 作るのに適しています まず輪郭を作るために カーブを描きます 「作成」「CVカーブツール」を選びまして 輪郭を描いていきます 壺の形を作りたいので 下から上に向かって描いて 内部も描いて行きます 始めと最後の点だけ このY軸に 沿って描くように 注意してください どうしてかと言うと このY軸を中心にして回すので 始めと最後の点は このY軸上にないといけません ですので キーボードの「X」キーを 押しながら 始めのポイントを 描いてください 必ずこのY軸上に描ける様になります 次に 壺の下の部分を作って 丸みを付け そして口の部分を作って 次に内部を作っていきます 最後に「X」キーを押しながら このY軸上にスナップさせます 「Enter」キーか「Return」キー を押して カーブの作成を終了します 次に「サーフェス」の 「回転」を選ぶんですけれども 「オプションボックス」を見てみましょう 「回転のオプション」を見ますと 「軸プリセット」というのがありまして どの軸を中心にして回して サーフェスを作るかというのを ここで決めるんですけれども ここY軸なので 「Y」を中心にします 「サーフェスの次数」とか 「スイープの角度」や あとは「セグメント」の数とかも これで決めることができます この辺は後で 「アトリビュートエディタ」とか 「チャンネルコントロール」で 変えることもできます 「出力のジオメトリ」も 3種類あるんですけれども 今回はもちろん「NURBS」で作ります あとは「回転」ボタンを押すだけで こういうオブジェクトが作れます 今 「Space」バーを押して 次にパースペクティブビューの方で 「Space」バーを押して パースペクティブビューに変わります ここに「revolve」の出力が ありますけれども 「Ctrl+A」キーを押して 「アトリビュートエディタ」にいきますと この「revolve」の 「回転のヒストリ」がありますので これで「スイープの開始」とか 「スイープの終了」 反対側ですね あとは「次数」を変えたりとか 「セクション」の数 今「8」なんですけれども これを増やしたり 減らしたり することができます これはヒストリが残っているから なんですけれども あと この 底の形を作るのに使ったカーブ そのカーブとのヒストリもまだ 繋がっているので 例えばこの フロントのビューで 「表示」「NURBS サーフェス」 この「NURBS サーフェス」の表示を消すと カーブが見えますけれども このカーブを選んで 右マウスを押し込みながら コントロール頂点 「CV」を選びます この「CV」を こうやって持って 今 左マウスを押しながら こんな風にドラッグして ポイントを選んで 後はこの「移動ツール」で こうやってポイントを動かせば ヒストリが繋がっているので このサーフェスの形も 変わります こういう感じに変わってきます こうやって 後でこうやってモデリングを 変えることもできますし あとこのポイントを アニメーションさせて この形自体を このサーフェス自体の形を アニメーションとして 使うこともできます この コネクションを消したい場合 このオブジェクトと この カーブのコネクションをもう消したい そしてこの 「revolve」の「ヒストリ」も要らない という場合は この 壺自体を できたらこのサーフェス自体を選んで 「編集」「種類ごとに削除」 そして「ヒストリ」を選びます 「編集」「種類ごとに削除」「ヒストリ」 を選ぶと コネクションが消えますので 「revolve」の「ヒストリ」も消えますし あと今このカーブ もう編集しても形は変わりません このように回転ツールを使うと 壺やワイングラスとか またロケットとかジェットエンジンなどまで いろいろなオブジェクトを 作ることができます また ヒストリを使って サーフェスを作る基となった カーブを編集することによって さらにモデリングを 簡単にすることができます 以上 回転ツールについて 解説しました

初めてのMaya サーフェスモデリング

このコースではMayaのNURBSのカーブやサーフェスの構成要素、パラメターや次数、サーフェスの向きやコンティニュイティ等のコンセプトと基礎知識について解説します。NURBSのプリミティブなどさまざまなモデリングツールを使ったテクニックを説明したのち、マルチパッチモデリングのテクニック等を駆使してクラッシックな複葉水上飛行機の制作方法を解説します。

2時間53分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年02月23日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。