初めてのMaya サーフェスモデリング

押し出しツール

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
プロファイルカーブをパスカーブ上に流してサーフェスを作る押し出しツールについての解説です。
講師:
05:18

字幕

このレッスンでは 1つの「プロファイルカーブ」を もう1つの「パスカーブ」に沿って 押し出して 「NURBSサーフェス」を作ることができる 「押し出し」ツールについて 解説します 「プロファイルカーブ」というのは このオブジェクトの輪郭になる物 なんですけども まず それを作ります 「作成」 「NURBS プリミティブ」 「円」を使います そして 「フロントのビュー」で キーボードの「X」を押して グリッドスナップを付けながら 左マウスを押し込んで 広げます こういう感じです そして この 「makeNurbCircle1」という これを選んで 「セクション」を「14」に増やします 「セクション」を「14」に増やして この「サークル」の上で 「CV」 「コントロール頂点」を選んで そして 「Shift」キーを押しながら 1つ飛びで このように 「コントロール頂点」を 選んでいきます 後は この「スケールツール」にいって 左マウスを押し込みながら 左に動かして スケールダウンして スケールを落として行って こんな風に 星の形を作ります これが 輪郭になります これが輪郭です 次には 「パスカーブ」といって この輪郭を押し出していく 「カーブ」を描くんですけども 「サイドビュー」で 「作成」 「CVカーブツール」を使います 同じ様に 「X」キーを押しながら この 1番濃い線が こう 重なっているところ そこに1回押して で 後は まあこんな感じで 「カーブ」を描いて下さい そして 「Return」か 「Enter」キーを押して 「カーブ」の作成を終了します こちらが こちらが 輪郭となる 「プロファイルカーブ」で こちらが「パスカーブ」です 「押し出しツール」を使う場合 まず初め この 「プロファイルカーブ」 輪郭の方を先に選びます そして 「パスカーブ」 押し出す「カーブ」を選んで 次に「サーフェス」 「押し出し」というのを選びます 「オプションボックス」に行きますと いくつか オプションがあるんですけども 大体 このままでOKなので 後は この「押し出し」のボタン 1回押します すると このように この配管と言うか 筒状の物が カーブ状に製作されます 今 この「サーフェス」 表裏 逆になっているので この「サーフェス」が 選ばれている時のまま 「NURBSの編集」 「サーフェス方向の反転」を選んで 裏と表を 反転させましょう あと 「アトリビュートエディタ」にいきますと さっきのオプションの 作る時のオプションが また後で変更できますので 「Ctrl+A」を押して 「アトリビュートエディタ」を開いて 「extrude1」というのを 選んで下さい まず初めに この「固定パス」というのを 選びますと このオブジェクトが 完璧に このカーブに沿って 動いてくれますので これを押すことが お勧めです 長いパスの場合 このオブジェクトが その「カーブ」を 追随しない場合があります 次に 「回転」を押しますと この出来上がった筒を 回転することができます これ 「360」度までしか 「スライダ」がないんですけども 別に 「3600」とか入れても できます 今のとこ 「360」にしときましょう この先っぽの筒の大きさを コントロールすることができます こっちの方に 左に動かしますと 段々と 筒が細くなる状況にできます それか 右に動かすと 段々大きくなります ちょっと「グリッド」を消しまして ここを 悪魔の角みたいなものを 作りたい と思ったんですけれども そうですね 「1200」ぐらいかな それにして こういう感じで こんな風に 生物的なオブジェクトも このツールで 簡単に作る事ができます このように 「押し出しツール」を使えば 配管や配線などの パイプの物や 長い棘などの 生物的なモデルなども 作ることができます また この「パスカーブ」とか 「プロファイルカーブ」を アニメーションすることによって ヒストリさえ 繋がっていれば 「サーフェス」も アニメーションすることが できますので そういう使い方も お勧めです 以上 「押し出しツール」について でした

初めてのMaya サーフェスモデリング

このコースではMayaのNURBSのカーブやサーフェスの構成要素、パラメターや次数、サーフェスの向きやコンティニュイティ等のコンセプトと基礎知識について解説します。NURBSのプリミティブなどさまざまなモデリングツールを使ったテクニックを説明したのち、マルチパッチモデリングのテクニック等を駆使してクラッシックな複葉水上飛行機の制作方法を解説します。

2時間53分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年02月23日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。