初めてのMaya サーフェスモデリング

バイレイルによるモデリング

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
バイレイルは二つのカーブ沿いに一つか複数のプロファイルカーブ(断面のカーブ)を使ってサーフェスを作る事ができるツールです。便利なバイレイルツールの使い方を紹介します。
講師:
08:40

字幕

このレッスンでは 2つの「パスカーブ」に沿って 1つか複数の「プロファイルカーブ」の 押し出しができる 「バイレイルツール」について 解説します 「押し出しツール」は 1つの「プロファイル」と 1つの「パスカーブ」で 「サーフェス」を作りましたが 「バイレイルツール」は 「パスカーブ」を2つ そして 1つ以上の「プロファイルカーブ」を 押し出す事ができる ツールです ちなみに この「パスカーブ」は 「バイレイル」では 「レイルカーブ」と言います では作ってみましょう まず「作成」 「CVカーブツール」を選びます そして 「トップビュー」を使って 「レイルカーブ」を2つ作りましょう 左マウスクリックで このように ポイントを置いていって 「Enter」キー 「Return」キーで終了です そして もう一度 「CVカーブツール」で 同じように 「カーブ」を作って 「Enter」キー 「Return」キーで終了します これが 「レイルカーブ」となります 次に 「プロファイルカーブ」を1つ作ります ここに 1つ作るんですけども 方法としては まず初めに 「CVカーブツール」 もう一度選びまして この「カーブ」の上で 右マウスを押し込みながら 「CV」を選びます ここに 1つ目の「カーブ」を置きたいので キーボードの「V」キー キーボードの「V」キーを 押し込みながら そうすると この 「ポイントスナップ」っていうのが 付きますので そして この「カーブ」の 一番初めのこの点の上で 左マウスを 1回クリックします すると ここに 1つ目の「カーブ」の 1つ目のポイントが 出来ますので 後は この「サイドビュー」を使って 「カーブ」を描いていきます それで この最後の「ポイント」 ここの「ポイント」に 入れたいので また この上で 右マウスを押し込みながら 「CV」を選んで 次はまた 「V」キーを押しながら ここに入れます こういう感じです すると このビューを見てもらうと わかりますけども この初めと 最後のポイントが この「レイルカーブ」の 一番初めのポイントに 上手くスナップしています あとは 「Enter」キー 「Return」キーを押して 「カーブ」の作成を終了します この「レイルカーブ」と 「プロファイルカーブ」なんですけど このように 「カーブ」のこの位置 「ポイント」が 同じところにないとできません 次に 全てを選択から外します そして 「サーフェス」 「バイレイル」 「バイレイル1ツール」というのを 選びます この「バイレイル1ツール」を選ぶと この左下に 「ヘルプ」がでます 「プロファイルカーブ」を選択しますと でますので これが 「プロファイルカーブ」なので この「カーブ」を1つ選びます それと また「ヘルプ」の方で 「プロファイルカーブが選択されています」 「2本のレイルカーブを選択します」 とでますので ここと ここと 選びます すると こんな感じに 「サーフェス」が出来上がります これが 「バイレイル1ツール」で この「プロファイル」を使って この「カーブ」上に こんな風に 「サーフェス」を作ることができます で この凸凹した感じなんですけども これが どうして出来たかと いいますと ここの「カーブ」が 「レイルカーブ」の この部分が 凹んでいるので この上の部分も 凹む様になっています これは 「サーフェス」の 「バイレイル」の 「バイレイル1ツール」の 「オプションボックス」を見ると わかるんですけども 今 「比例」というオプションを 「トランスフォーム コントロール」を 使っているので こうなっています これを もし 「非比例」というのを 使いますと この「サーフェス」 1回消して 「非比例」で 「バイレイル1ツール」を使いますと まず 「プロファイル」を選んで 「レイルカーブ」を選ぶと こんな感じに ぺったんこの 上がぺったんこの 「サーフェス」になります これが 「バイレイル1ツール」なんですけども 「バイレイル2ツール」の場合は この「プロファイル」を 2つ使う事ができます ですので 「プロファイル」を2つ作るために もう一度 「CVカーブツール」を選んで この上で 右マウスを押し込みながら 「CV」を選んで そして キーボードの 「V」キーを押し込みながら 「ポイント」を選びます そして 「サイドビュー」に行きまして 同じ様に「カーブ」を描いて そして 最後の「ポイント」は ここの「ポイント」に スナップするように 右マウスを押し込みながら 「CV」を選んで キーボードの「V」キーを押しながら 左マウスクリックを ここに1回することによって 最後の「ポイント」を作ります 後は もう 「Enter」キー 「Return」キーを押して 「カーブ」を終了し そして こちら側の ええ ですね 「CV」を選んで 好きに「プロファイル」を作って下さい この山型の 変な形にしても良いです これをしますと まず この「オブジェクトモード」にして 全てが ええ こうやって選択されていない状態で 「サーフェス」「バイレイル」 「バイレイル2ツール」 これを選びます そして まず初めに ええ 2本の「プロファイルカーブ」を 選択しますと 左下の「ヘルプライン」に でますので 「プロファイルカーブ」を 1つ 2つ選びます そして 「2本のレイルカーブを選択します」 とでるので これと これですね 「レイルカーブ」 2つ選びます すると こんな風に「サーフェス」ができます で 勿論 こちらの「プロファイル」を こうやって使っているので この「プロファイル」に合った形になります 最後に 「バイレイル3ツール」なんですけども この 「ジオマトリ」を消しまして 「3ツール」の場合 ええ ここの形をコントロールします 今回は この2つとも 「プロファイルカーブ」だった 「カーブ」が ええ 「レイルカーブ」になって で この1つ 2つ そして ここにもう1つ 「プロファイルカーブ」を描きます ですので 今回は ええ また 「CVカーブツール」を選んだ後に この「カーブ」の上で 右マウスを押し込みながら 「エディットポイント」を選びます そして このトップの この「エディットポイント」 「X」のマークですね この上で「V」キーを押しながら 左マウスを一度クリック 今ちょっと間違えましたね もう一度やります 「エディットポイント」 そして 「V」キーを押し込みながら 左マウスを1回クリック ちょっと今動きましたね もう1回やります 「エディットポイント」を選んで 「V」キーを この「X」キーの上で 1回クリックします そして ええ 次に この「フロントビュー」にいきまして この「プロファイル」を決めます こんな感じですかね 最後の「ポイント」は こっちまた 「エディットポイント」を選びまして で この「ポイント」に スナップします 「V」キーを押し込みながら 選びます そして 「Return」キーを押して完成です これが 新たな「プロファイルカーブ」になります 後は ええ 全てを選択から外して 「サーフェス」「バイレイル」 「バイレイル3+ツール」にします そして ええ 任意の数の 「プロファイルカーブ」を 選択しますと 「ヘルプライン」でますので 今度は この「カーブ」を 3つとも選びます そしたら 「追加のプロファイルも選択するか」 「Enterキーを押して レイルカーブの選択を開始します」 とでるので 1回 「Return」キーか 「Enter」キーを押して 次に この「レイルカーブ」 ええ この2つですね この2つが 「レイルカーブ」なので この2つを選びます すると こんな風に 「ジオマトリ」が出来上がります 「NURBSの編集」 「サーフェス方向の反転」をして 裏表をひっくり返して こんな感じになります このように 「バイレイルカーブ」を使えば 複雑 かつ 滑らかな「サーフェス」が 複数の「レイルカーブ」と 「プロファイルカーブ」を使って 作成できます 方法も いろいろありますので 「ヘルプライン」の手順に沿って 選択を進めましょう 以上 「バイレイルツール」に関しての 解説でした

初めてのMaya サーフェスモデリング

このコースではMayaのNURBSのカーブやサーフェスの構成要素、パラメターや次数、サーフェスの向きやコンティニュイティ等のコンセプトと基礎知識について解説します。NURBSのプリミティブなどさまざまなモデリングツールを使ったテクニックを説明したのち、マルチパッチモデリングのテクニック等を駆使してクラッシックな複葉水上飛行機の制作方法を解説します。

2時間53分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年02月23日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。