初めてのMaya サーフェスモデリング

カーブの投影、トリム、フィレットツール

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
サーフェスの上にまたサーフェスを構築するのに便利なカーブの投影、トリム、そしてフィレットツールの解説です。
講師:
05:12

字幕

このレッスンでは 「サーフェス」に「カーブ」を投影する方法 その投影された「カーブ」を使って 「トリム」ツールや「フィレット」ツールを 使う手法について 解説します まず初めに 「カーブ オンサーフェスの投影」ツール について 説明します 「カーブ オンサーフェスの投影」ツールを 使いますと このようなカーブを 「サーフェス」に投影して 「カーブ オンサーフェス」といって 「カーブ」が 「サーフェス」の上にある状態を 作ることができます 方法としましては 「カーブ」を まず作りまして 「サーフェス」の前に置きます そして 今 「スペース」バーを押して 「フロントビュー」にいきます 「フロントビュー」で この 投影をするわけなんですけれども 「カーブ オンサーフェスの投影」 ツールのオプションに 「投影対象」というのがありまして 「アクティブビュー」を使って投影する というのがあります これをONしてますので この「フロントビュー」が アクティブビューになって この「カーブ」を 「サーフェス」に投影します まず初めに 「カーブ」を選んで 「サーフェス」を選んで 「適用」を押します すると こんな風に 「カーブ」が 「サーフェス」に投影されます また 「スペース」バーを押して 「パースペクティブビュー」に戻ります すると こんな風に「カーブ」が この「サーフェス」に 投影されているのがわかります これ 何ができるかと いいますと 「NURBSの編集」 「トリムツール」を使って この オブジェクトに穴を開けたり この部分だけ 穴を開けたり また この部分だけ 抽出したりといったことができます 「NURBSの編集」 「トリムツール」を選んで こんな 白黒の点々のオブジェクトになりますので 残したい方を 左マウスでクリックします 例えば この外側だけ残したい場合 外側を こうやってクリックします そして 「Return」キー または「Enter」キーを押すと こんな風に 穴が出来たオブジェクトが現れます 今 「G」キーを押して 元に戻しています これが 「トリムツール」です 次に 「トリムツール」 「サーフェスカーブ」を使って 「トリムツール」ができましたが もう1つ 「フィレット」ツールといって オブジェクトを繋げたりもできます ここに 円筒がありまして この円筒を 今 「移動ツール」に持っていって こう近くに持っていきます こういう感じです この円筒と この「NURBS」の球を 繋げたいんですけども 繋げるために ここに1つ「カーブ」を描いて それで ここと ここを繋げようと思います この部分と 球に描いた「カーブ」を 繋げたいと思います ですので まず これをします この 「カーブ オンサーフェスの投影」をします 「カーブ」を選んで 「サーフェス」を選んで 「NURBSの編集」 「カーブ オンサーフェスの投影」をします こんな風に 「カーブ」ができますので 後は この「カーブ」を選びます そして こちらの 円筒の「アイソパラム」 右マウスを押し込みながら 「アイソパラム」を選んで この一番最後の 「アイソパラム」ですね この一番端っこの この輪っかを選びます これと これです これ この「カーブ」ですね この「カーブ」です この2つを選びます そして 「NURBSの編集」 「サーフェイスのフィレット」 「フリーフォームフィレット」というのを 選びます すると 今 「スペース」バーを押して拡大しました こんな感じになります これ ちょっとねじれてますけど 直し方は 実は簡単で この円筒を選んで そして この「Y」軸に沿って 円筒を回しますと こんな風に元に戻りますので で この「カーブ」と この「カーブ」 見えないようにするには 「表示」「NURBSカーブ」 表示の「チェックマーク」を 消します こんな風に この円筒とこの球 上手く繋がったように見えます これが 「フリーフォームフィレット」ツールで 2つのオブジェクトを 上手く繋げることができます ただ このオブジェクトは あまり変形には強くないので 激しく変形するような物には 適していません また テクスチャーも 3つのオブジェクトになるので テクチャーは貼りにくいです このように 「カーブ」を「サーフェス」に投影したり 「トリム」を使って 穴を開けたり 「フィレット」ツールで 2つの「サーフェス」が 繋がっているように見せたりできます ただ 変形するオブジェクトに適していないのと テクスチャーを貼るのが 複雑という難点があります 以上 「カーブの投影」「トリム」と 「フィレット」ツールについての解説でした

初めてのMaya サーフェスモデリング

このコースではMayaのNURBSのカーブやサーフェスの構成要素、パラメターや次数、サーフェスの向きやコンティニュイティ等のコンセプトと基礎知識について解説します。NURBSのプリミティブなどさまざまなモデリングツールを使ったテクニックを説明したのち、マルチパッチモデリングのテクニック等を駆使してクラッシックな複葉水上飛行機の制作方法を解説します。

2時間53分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年02月23日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。