初めてのMaya サーフェスモデリング

ワークスペースのセットアップ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ワークスペースのセットアップの始め方の説明です。
講師:
05:44

字幕

このチャプターでは 今まで習ってきた 知識やツールをふまえて クラシックなイタリアの 複葉水上飛行機 マッキM.5 「NURBS」のモデリングテクニックで 作ってみましょう このレッスンでは モデリングの前にする シーンのセットアップについて 解説します まず 「ファイル」「新規シーン」 選びまして 「新規シーン」にいきます 次に  「パースペクトビュー」の上で 「スペース」バーを1回タップして 1回 こう軽くたたいて それで 今から 「フロント」と「サイド」と「トップ」の ビューに イメージプレーンを セットアップします 「フロント」のビュー 「イメージプレーン」 「イメージの読み込み」を選びます それで この 「sourceimages」というフォルダーに 「MacchiM5_Blueprint.jpg」 というファイルがありますので これを選んで開きます このように出ますので 次は  「アトリビュート エディタ」 「Ctrl+A 」を押してください まず初めに この絵だと ちょっと白過ぎて ラインが ランブスのカーブが見えにくくなるので この「カラーゲイン」 この上の方にある 「カラーゲイン」というやつを 少し グレーの色にします これぐらいで いいですね そして この「イメージのセンター」 これを 「X」を「0.12」 次に 「Y」を「-14.69」 そして Zを「-50」にします すると こんな風に この  「フロントビュー」の ちょうど このグローバルセンターの この辺のあたりに この飛行機の 設計図の 前の部分がきます 同じように「サイドビュー」でも 「ビュー」「イメージプレーン」 「イメージの読み込み」を 「MacchiM5_Blueprint.jpg」で行います そして また上の方にいきまして この「カラーゲイン」 この辺りの グレーにしましょう そして「イメージのセンター」 「サイド」の場合は 「-50」 「X」が「-50」 「Y」が「-4.56」 そして 「Z」が「-4.2」になります それで ちょうど真ん中の辺りに 飛行機がきました 次 「トップビュー」なんですけども 「ビュー」「イメージプレーン」 「イメージの読み込み」をしまして また同じように この「Blueprint」 上からも 横からも 前からも ちゃんと  設計図がありますので この ひとつの「テクチャー」で すべての「ビュー」をまかないます 「トップビュー」の場合は 「-14.81」が「X」 そして 「Y」が「-50」 「Z」が「-3.95」 になります この数字は この設計図だけの 今の この設計図だけの話なので 自分で違う設計図を使う場合は もちろん 微調整をお願いします この「チャネルボックスレイヤ エディタ」 にいきまして 今 この「テクチャー」 こんな風になっていまして 本来 この 上から見た飛行機 下を向いてないといけないんですけども 今 横を向いていますので この「イメージプレーン」 1回選びまして 選びまして それで この「回転 Y」を「90」にしましょう 「回転 Y」を「90」にします すると ちょうど この真ん中の位置に 上から見た飛行機が きますので これで ちょうど良くなります 最後に この3つの「イメージプレーン」 3つとも選びます そして 「レイヤ」 「選択項目からレイヤを作成」 を選びまして それで この真ん中の この「ボックス」 2回押して「R」にします こうすると 「リファレンスモード」になって 見えはするんですけども もう選べなくなります この 「layer1」のところ 左マウスで ダブルクリックして この名前を 「layer_imageplane」にしましょう 「保存」します これで「イメージプレーン」は 終了です あとはモデリングしやすいように この「タイム スライダ」と 「レンジ スライダ」を消しましょう 「ディスプレイ」「UI 要素」 「タイム スライダ」 そして「レンジ スライダ」を セレクトして消します これで モデリングの用意ができました この設計図を基に これから「NURBS」のカーブをかいて サーフェスを作っていきましょう 以上 シーンのセットアップについてでした

初めてのMaya サーフェスモデリング

このコースではMayaのNURBSのカーブやサーフェスの構成要素、パラメターや次数、サーフェスの向きやコンティニュイティ等のコンセプトと基礎知識について解説します。NURBSのプリミティブなどさまざまなモデリングツールを使ったテクニックを説明したのち、マルチパッチモデリングのテクニック等を駆使してクラッシックな複葉水上飛行機の制作方法を解説します。

2時間53分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年02月23日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。