初めてのMaya サーフェスモデリング

ボディーの下部のモデリングと全体の処理

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ボディーの下部をロフトで、そしてグループ化したり、パーツに名前をつけたり、ヒストリを消去したりして処理しましょう。
講師:
08:12

字幕

このレッスンでは ボディの底の部分を ロフトで作り パーツに名前をつけたり グループ化したりする等の モデリングの処理をします まず始めに ここの このボディの この底の部分の細部を 作ってみましょう 「サイドビュー」 「スペース」バーを 1回ポンと押して 拡大します そして この角の部分の ここに近づきまして 次に  「ワイヤフレーム」ですね キーボードの「4」のボタンを押してください この角を作るには ここに3つ「アイソパラム」が必要ですので このサイドの このジオマトリを選びまして 右マウスボタンを押しこみながら 「アイソパラム」を選びます そして「Shift」キーを押しながら 「アイソパラム」を 1つ 2つ 3つと このように かきます 次に 「NURBSの編集」 「アイソパラムの挿入」を選びます 「アイソパラム」が挿入されますので あとは右マウスボタンを押しこみながら 「CV」を選んで 「CV」の 1番下の「CV」だけでいいので このように動かしていきます ここがこんな感じ そして上にあげます こう 「頂点」も少し動かしましょう これ少し後ろ側にこうします こういう感じですね 「スペース」バーを押して 元の「ビュー」に戻りまして このこっち側のモデリングは する必要がないので これいったん消します 「Delete」キーを押してください そして こちら側ができましたので 次に このさっき使った「カーブ」 これはもう使いませんので 1回消してもらいます そして「アイソパラム」を選んで この1番下の この「ライン」を選んでください そして  「カーブの編集」 「サーフス カーブの複製」を押して この「カーブ」の複製を作ります できましたら この「カーブ」を こう真ん中にもっていかないといけないので 「コントロール頂点」選びまして この「フロントビュー」 1回「スペース」バーを ポンと押して拡大します そして「ワイヤフレームモード」 「4」のボタンを押してください この2つの「ポイント」は動かないので この他の「ポイント」全部選びまして 次に「スケールツール」いきまして この赤い「X」の軸 これをずっと真ん中にもっていきます こんなふうに直線になりますので あとは「移動ツール」を選んで ずっと真ん中までもっていきます ちょうどいいところがありますので ここですね ああ もう少し右ですね ここです ここで離します そしてもう1回 「スケールツール」で 「X」軸を こうやってスケールしてください そうするとここが 全部真っ直ぐになります 次に この「サイドビュー」で こうやって 見まして それで ここの この「頂点」ですね ここの「頂点」 ここにないといけないので この「頂点」を選びます そして  前に押し出して ここの輪郭に合うようにしてください 終わりましたら 右マウスボタンを押しながら オブジクトモードにいって そして次に この「ライン」 これ 今 さっき作った 真ん中の「ライン」を選んで そしてこのオブジクトの上で 「アイソパラム」を選んで そして 「Shift」キーを押しながら この1番下の「アイソパラム」を選びます こういう感じですね ここの「アイソパラム」と この真ん中の さっき作った線を選びまして 「サーフス」「ロフト」を選びます するとこのように 「ロフト」の 「サーフス」ができあがります このように 「ロフト」は 「カーブ」だけじゃなく 「アイソパラム」同士で 作ることもできます できましたら この2つの「サーフス」選びまして 「編集」「グループ化」します これで「group1」ができたので これを 「編集」「複製」したあとに 「スケール X」を「-1」にします そうすると 反対側に同じパーツができます これ  表裏 逆なので 「NURBSの編集」 「サーフス方向の反転」を押してください これで すべての 船の下の部分が できあがりました 次に これ全部選んで パーツを全部選んでください 「カーブ」は選ばないように 気をつけてください 次に  「編集」「グループ化」します 名前をつけましょう このグループに名前をつけるので 「body」ですね 「body_group」 と名づけます 「ウィンドウ」 「アウトライナ」を開いてください すると「アウトライナ」では このような「body_group」というのが できました この他のやつ 「curve1」から 「group1」「group2」まで これはもう必要なくなってましたので 「Delete」キーを押します この「imagePlane1 2 3」は 消さないように 気をつけてください そして  名前をつけていきます この1番上の「サーフス」 これですね「loftedSurface1」 これは  「bodyTop」 これは 前に向かって右側になりますので これですね ですので「R_bodySide」 こちら側はレフトボディサイド 「L_bodySide」 そして この2つの 下の「Surface」なんですけども これ実は この2つは 「アタッチ」することができます ですので この2つ選びまして 2つの「Surface」とも選びまして そして「NURBSの編集」を選びまして 「サーフスのアタッチ」を押します この場合 「オプションボックス」にいきまして 「ブレンド」で 他の「オプション」は 選ばないようにしてください それで「アタッチ」をしますと こんなふうに繋がります 「NURBSの編集」  「サーフス方向の反転」してください この「loftedSurface3」というのが ありますけども これをデリートします これはもうありません 消します ですので この「loftedSurface2」というのを選んで これを「bodyBottom」にします あとは最後に この全部の「Surface」選びまして 「編集」「種類ごとに削除」 「ヒストリ」をして 全部の「ヒストリ」を消します このように モデリングを だいぶ終えたパーツには 処理を施しておきましょう 以上 ボディの底の部分のモデリングと モデリング後の処理について でした

初めてのMaya サーフェスモデリング

このコースではMayaのNURBSのカーブやサーフェスの構成要素、パラメターや次数、サーフェスの向きやコンティニュイティ等のコンセプトと基礎知識について解説します。NURBSのプリミティブなどさまざまなモデリングツールを使ったテクニックを説明したのち、マルチパッチモデリングのテクニック等を駆使してクラッシックな複葉水上飛行機の制作方法を解説します。

2時間53分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年02月23日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。