初めてのMaya サーフェスモデリング

船体のコックピットをトリム

全349コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
トリムツールを使ってコックピットの部分に穴をあけましょう。
講師:
06:24

字幕

このレッスンでは ボディのコックピットを 「カーブ オンサーフェスの投影」と 「トリムツール」を使って作る方法を 解説します まず「サイドビュー」から 「カーブ」をかいて それを この「サーフェス」に投影します 「サイドビュー」を 1回「スペース」バーを押しこみながら 拡大してください 次に 「作成」 「CV カーブツール」を選びます こっちから こういう風にかいていきます 左マウスでクリックして 「コントロール頂点」をかいていきましょう できるだけたくさんの 「ポイント」を使った方が きれいに作れます 「カーブの編集」 「カーブの開閉」を押しまして 「カーブ」を閉じます そして 「コントロール頂点」を選びまして 最後の微調整をします 次に 「カーブ」を選んで 「サーフェス」を選んで 「NURBSの編集」 「カーブ オンサーフェスの投影」を選びます すると こんなふうに 「カーブ」が「サーフェス」に投影されます 次に 「サーフェス」を選んで 「NURBSの編集」 「トリムツール」を選びます そして左マウスで 1回このボディの こちらではなく ボディの方を1回クリックすると このようになります 次に「Return」キーか 「Enter」キーを押して終了です このようにボディに「トリム」で 「トリムツール」で穴があきます 次はこの「トリムツール」の この中の部分 今空洞なので ここに 「サーフェス」を作りたいと思います まず初めに 右マウスクリックで 「トリム エッジ」というのを選びます この「トリム エッジ」という 構成要素は この「トリム」でできた この「カーブ」 これを選ぶことができます 「トリム エッジ」 左マウスで1回「トリム」の このエリアをクリックしてください 黄色い線で 「トリム エッジ」が強調されます 次に 「カーブの編集」 「サーフェス カーブの複製」を選んで この「トリム カーブ」をコピーします そして 「修正」 「中央にピボットポイントを移動」 を選んで 「ピボットポイント」を この「カーブ」の真ん中にもってきます そして下にもっていって 「移動ツール」のあとは 「スケールツール」で この「Y」軸に対して スケールします こういう感じですね もう少し下の方にもっていきまして それで この「トップビュー」をみて スケーリングします こうやってスケールします それで 前後に ちょっとスケールした後に また前にもっていって ちょうど この後ろの部分と 合うようにしてください 次に この「カーブ」を選んだまま 右マウスボタンを押しこんで 「トリム エッジ」をこの「サーフェス」の トップのボディの 一番上部の「サーフェス」の上で 「トリム エッジ」を選びます そして「Shift」キーを押しながら 「トリムエッジ」を選びます これで 真下の この「カーブ」と 「トリム エッジ」が選ばれています 次に「サーフェス」「ロフト」をして このように 中の部分の「サーフェス」を作ります あとは ここに「シート」を作りましょう 「作成」 「NURBS プリミティブ」「球」 「球」を作りまして ちょうどこの上の部分で こうやって「球」を作ります 今「Shift」キーを押しているので ちょうどこの この真ん中の部分に作れます 次に ちょっとスケールを この「Z」の方向にして そして 「移動ツール」で 後ろにもっていきます 上にもってきて あと これ 1回外にだして モデリングしましょう こうやって ここに  「アイソパラム」をいれて もう少し細かくします 「アイソパラム」を選んで 「Shift」キーを押しながら 「アイソパラム」を3つ程いれます こうやって 右マウス押しこみながら この辺からクリックしてもっていって 3つ「アイソパラム」を作ります 「NURBSの編集」「アイソパラムの挿入」 選びますと 「アイソパラム」がはいります 次に 右マウスを押しこみながら 「コントロール頂点」を選んで この1番下の この「コントロール頂点」 この下の部分ですね これを選んで そして 「回転ツール」しまして この「X」軸 赤い 赤いやつですね これを 左マウスで押しこみながら このように90度ぐらい回転させて 次に「移動ツール」で 前にもっていきます 少し 上にあげます こういう感じです 今度は「スケール」で 「スケールツール」で 「Y」軸に 少しスケーリングします そして この「X」軸にも スケーリングしましょう こういう感じですね また「移動ツール」で 「Z」軸に少し前にもっていって そして オブジェクトモードに 戻しまして こうやって コックピットにいれます これでコックピットの穴の部分が 完成しました このような変形しないモデルの場合は 「カーブ オンサーフェスの投影ツール」と 「トリムツール」を活用しましょう 以上 ボディのコックピットの モデリングの解説でした

初めてのMaya サーフェスモデリング

このコースではMayaのNURBSのカーブやサーフェスの構成要素、パラメターや次数、サーフェスの向きやコンティニュイティ等のコンセプトと基礎知識について解説します。NURBSのプリミティブなどさまざまなモデリングツールを使ったテクニックを説明したのち、マルチパッチモデリングのテクニック等を駆使してクラッシックな複葉水上飛行機の制作方法を解説します。

2時間53分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年02月23日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。