初めてのMaya サーフェスモデリング

尾翼の制作

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
円錐や円柱などのプリミティブとデフォーマを利用して尾翼を作る方法の説明です。
講師:
07:11

字幕

このレッスンでは 「プリミティブ」のオブジェクトと デフォーマを使って 尾翼を作る方法について 解説します これまでは 「カーブ」をかいて 「ロフトツール」や 「バイレイルツール」で 「サーフェス」を作っていましたが 今回は 「プリミティブ」と デフォーマの 「ラティス」というツールを使って モデリングをしていきます この 垂直尾翼ですけども この尾翼は 円錐で作るのが正しいので 「作成」「NURBS プリミティブ」 「円錐」を使います 「プリミティブ」を使う時は その作るシェープに 1番近いものを使うのが ミソです それで 「円錐」を使うんですけれども 「円錐」を この大きさと合わせます ですので このように 「円錐」をかいて 左マウスで押しこみながら 動かすだけです そして上に 今度は 左マウスを押しこみながら 上げていきます 大体この形と合うように 大きさ 幅 合わせてください そして「移動ツール」で この垂直尾翼の場所に もっていきます 次に 「スケールツール」で この幅を 薄くして 垂直尾翼と合わせます でこれ この「makeNurbCone1」というノードを開いて 「スパン」 これを「3」にしてください すると ここにあと2つ 「アイソパラム」が現れます これを「コントロール頂点」で 編集してもいいんですけども 「コントロール頂点」 多すぎて難しいので オブジェクトモードに戻りまして これをデフォーマで編集します 「メニューセット」を 「アニメーション」にしますと 「デフォーマの作成」という メニューが現れますので 「デフォーマの作成」「ラティス」 というデフォーマを選びます 「ラティス」というのは このような箱のようなもので ええ この「パースペクトビュー」で 「F」キーを押します こういう箱のようなもので オブジェクトを変形させる ツールなんですけども 「アトリビュート」で重要なのは 「シェープ」のええ 「S」「T」「U 分割数」というやつで 「S」というのは ここの分割数です で 「T」はこの分割数 縦ですね で 「U」は この横の分割数になります 今回は 「T」と「U」の分割数を「3」にします 「2」「3」「3」という分割数でいきます そして 「サイドビュー」にいきまして この「ラティス」のすぐ上で 右マウスボタンを 押しこめますと 「ラティスポイント」という 構成要素が選べますので 「ラティスポイント」を選びます そして この4つの「ポイント」を選んで 後ろに こう もっていきます この1番上をもって 今度は後ろに 少し上にあげます こういう感じです こちらも ちょっと前の方がいいですね ここが こう丁度 縦の線になるように作ります そして 次に この前の部分選びまして 前にもっていきます この1番上の部分を かなり前にもっていかないと で こう見ますと ちゃんと 垂直尾翼の形になります で 編集し終わりましたら この 「ラティス」を消すには どうしますかといいますと この中の オブジェクトを選んで 「編集」「種類ごとに削除」 「ヒストリ」を選びますと こんな風に 「ラティス」が消えます この後ろの部分ですけども これは 「円柱」がちょうどいいので 「作成」「NURBS プリミティブ」 「円柱」を選びます 「円柱」を選ぶ時 「オプションボックス」にいきまして 「キャップ」という アトリビュートがあるので これを「両方」につけてください そして 「トップビュー」で 今度は この大きさに合わせます この後ろの分ですね この大きさに合わせます そして 上にひきあげて 左マウスボタンでひきあげて できあがりです 次に「移動ツール」で この場所に持っていきまして あとは「スケールツール」で まず平たくして 少しこちらの方に 大きさをあげます こういう感じですね 大きくします そして これも同じなんですけども この「makeNurbCyllnder1」という このノードを開けますと ここにアトリビュートがあります 「セクション」「20」は ちょっと多いので 「セクション」を 「8」ぐらいにします で 「スパン」も「4」ぐらい こういう感じになります これは 「コントロール頂点」 これぐらい ありますので 特にこの上の部分 「コントロール頂点」が多いので 選ぶのが 難しくなりますので こういう時は デフォーマを使いましょう この「円柱」を 選びまして 「デフォーマの作成」 「ラティス」を選びます で 今回は 「T」の分割数が「4」ぐらい で 「U」の分割数も 「4」ぐらいにします で 「ラティスポイント」を選びまして ちなみに これ この 「ラティス」の上でなくても 「ラティス」が選ばれていれば 右マウスボタンを押して 「ラティスポイント」を 選ぶことができます 次に この2つの「ラティスポイント」 少し このように スケールダウンして そして左にもっていくことで 少し丸く見えることができます そして この2つの「ラティスポイント」を 上手く動かして この形に合わせます こちらも同じです この2つ「ラティスポイント」 スケールダウンして 少しこっちに もっていきます こう見ますと なかなかいい感じに できています この部分を 少しこっちに持っていって ストレートな直線になるようにした後に これ全体的に こっちに持っていくと またいいですね できました ですので この中の これを選びまして 次に 「編集」「種類ごとに削除」 「ヒストリ」を使いまして 「ラティス」を消します この 水平尾翼 この後ろのやつですね これも 「円柱」で同じように作れますので 挑戦してみてください このように 「個別」のパーツ的な 「サーフェス」を作る場合 「プリミティブ」も かなり便利に使うことができます 「コントロール頂点」の編集が 煩雑にならないように 「ラティス」などの デフォーマを利用しましょう 以上 「プリミティブ」とデフォーマを利用した 尾翼のモデリングの 解説でした

初めてのMaya サーフェスモデリング

このコースではMayaのNURBSのカーブやサーフェスの構成要素、パラメターや次数、サーフェスの向きやコンティニュイティ等のコンセプトと基礎知識について解説します。NURBSのプリミティブなどさまざまなモデリングツールを使ったテクニックを説明したのち、マルチパッチモデリングのテクニック等を駆使してクラッシックな複葉水上飛行機の制作方法を解説します。

2時間53分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年02月23日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。