初めてのMaya サーフェスモデリング

桁とワイヤーの制作

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
翼を支える桁やワイヤーの制作を押し出しツールで行います。
講師:
08:34

字幕

このレッスンでは 翼とボディを支える桁や 「押し出しツール」を使って サポート用のワイヤを作る方法を 解説します これが このレッスンの 完成品になります 「アウトライナ」を見ると わかりますが 「supportGroup」というのがありまして ここに それぞれ 右左の 翼のワイヤサポート類と エンジンのサポート そして左側もあります これを 全て見えないようにして 「非表示」「選択項目の非表示」 初めから作りましょう まず 1番大きな桁の モデリングから始めます 「スペース」バーを1回押して 桁は 「プリミティブ」の「円柱」で作ります 「作成」「NURBS プリミティブ」「円柱」 を選びまして そして この「トップビュー」で まず 小さく 「円柱」を作り 左マウスボタンを押しこみながら 次は 高さを決めます そして できましたら この「フロントのビュー」と 「サイドビュー」をみながら この「円柱」を動かして ちょうどいい位置に もっていきます そして 大きさを また「スケールツール」で変えましょう この場合 「移動ツール」は 「キーボード」の「W」のキー 「スケール」は 「キーボード」の「R」キーを 押します そして この「スケール」と 「移動」を 繰り返しまして ちょうどいいところに もっていきます できましたら このオブジェクトの この「makeNurbCyllnder1」 というのがありますので これで この「スパン」という値 これを「3」に変えてください そして 「コントロール頂点」 これを選びまして この上の2つを それと この下の2つ 「Shift」キーを押しながら 選びます そして この「Z」の軸に対して 小さくします すると こういう形ができますので 終了です そして これを もうひとつ こちらに作ります 「編集」「複製」をしまして 「移動ツール」 「W」キーで 「移動ツール」にもっていきまして こちらに もってきます そして キーボードの「E」キーを押して 「回転ツール」に変えまして そして 回転させます あとは この出ている部分がありますので これは 「コントロール頂点」にいきまして この一番下の「コントロール頂点」だけ 上にあげて 見えないようにしてください これで桁が 完成です それで エンジンの この サポート支柱も 同じ方法で 作ります 「円柱」を作って それで このように 組んでいくだけです 次に  ワイヤの作り方なんですけども 「押し出しツール」で作る ワイヤなんですが どうするかといいますと まず初めに 「フロントビュー」で 「CV カーブツール」で 「カーブ」を作成します 「作成」 「CV カーブツール」で 「オプションボックス」にいきまして 「オプションボックス」で この「カーブの次数」を「一次」にします 「一次」にしますと ここに まず1つ 左マウスでクリックして こちらにも 左マウスで1回クリック すると 2回押すだけで 「カーブ」ができますので あとは「Return」キー または「Enter」キーを押して 「カーブ」の作成を 終わります そして この「カーブ」なんですけども この これ 「フロントビュー」は これで あっているんですけども 「サイドビュー」 はずれていますので 「コントロール頂点」 選びまして この下の「コントロール頂点」は この「支柱」の ちょうど真ん中 そして この前の部分は ちょうど この「支柱」の辺りまで もっていきます そして また この「カーブ」選びまして 「編集」「複製」をします 今度は また 「コントロール頂点」を選びまして 今度は この後ろ側の「支柱」に合わせて 動かします ちょうど ここですね すると こういう風に 「カーブ」が2つできます 今から これを「押し出しツール」で このワイヤを作ります 「作成」「NURBS プリミティブ」 「円」を選びまして 「トップビュー」でも 「フロントビュー」でもいいんですけども 1回ポンと押してもらうと このように 「円」ができますので この「makeNurbCircle1」 というところに いってもらって ここに 「半径」というのがありますから この「半径」 この「半径」に 「0.025」という数字をいれてください このような 小っちゃい「円」になりますので この「円」を選びながら この 左側のワイヤを 選んで 「サーフェス」「押し出し」 この「オプションボックス」に いってもらって 「オプション」は こうです まず これは「チューブ」にしてください そして 「ピボット」は「再近接終点」 そして「方向」が「パス方向」 ここは そのままで 大丈夫です 「適用」を 押しますと このように ワイヤができます これは 「アウトライナ」を 開けておいた方がいいですね 「ウィンドウ」「アウトライナ」で 「アウトライナ」を開けて また 「makeNurbCirecle1」 選びまして この ワイヤを選んで 「サーフェス」「押し出し」 これですね 同じことをします すると このように ワイヤが 2本できます で この「手法」を 繰り返していくと 「ディスプレイ」「表示」 「選択項目の表示」 この 右側だけ すべて作りまして 名前を全部変えまして ちなみに  名前を変える時は 例えば これ全部 「engineSupport」にしたい という場合は このように 全部選んでしまって 「修正」 「名前を検索して置換」 というのを 選びまして で ここに 元のこの名前を入れて 例えば 「NurbCyllnder1」 「NurbCyllnder」等 入れまして 次に「engineSupport」と ここに入れて 置き換えれば すべての名前の この前の部分を 置き換えることができます このようにして それぞれの部分「グループ化」して で 全体の「グループ」を 「複製」しまして そして 「スケール」を「-1」にすれば 反対側に 同じサポートが作れます ですので この新ファイル 「03_10_start」という 新ファイルがありますので そこに もうすべて作られているのが ありますから このワイヤの位置など 確認してから 制作に挑戦してみてください このように真っ直ぐなワイヤ類等は 「一次数」の「カーブ」と 「押し出しツール」で 作ってください 「一次数」で「カーブ」にしますと 2つの「頂点」だけで 真っ直ぐな線が 作れますので こんなような 真っ直ぐのワイヤには 有効です 細かい部分は 設計図に合わせた方がいいでしょう 以上 桁とワイヤの制作の解説でした

初めてのMaya サーフェスモデリング

このコースではMayaのNURBSのカーブやサーフェスの構成要素、パラメターや次数、サーフェスの向きやコンティニュイティ等のコンセプトと基礎知識について解説します。NURBSのプリミティブなどさまざまなモデリングツールを使ったテクニックを説明したのち、マルチパッチモデリングのテクニック等を駆使してクラッシックな複葉水上飛行機の制作方法を解説します。

2時間53分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年02月23日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。