JavaScriptプログラミング入門講座

数値の繰り上げ・繰り下げ・四捨五入

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
数値の繰り上げや繰り下げ、四捨五入する方法を解説致します。
講師:
07:17

字幕

このレッスンでは JavaScript で 数値の繰り上げ 繰り下げ 四捨五入をする方法について 解説していきます まずはダウンロードしてきた ファイルの中にある 「mathround.html」 こちらをエディタで開いてください そしてこれが そのファイルを開いた状態です このファイルは html の中の body タグの中に scriptタグを置いて この部分に JavaScript のコードを 入れ込んでいける形になっています こちらのファイルを使いながら 今回のレッスンを 解説していきたいと思います それではまず準備として ひとつ 小数点の数値を格納した 変数を用意しておきましょうか まずこの部分を消します そして変数を宣言します 「var」 ここでは変数の名前を 「num」としておきましょう そして 適当に小数点の数値を入れておきます 2.39 としておきましょう そしてセミコロン これで この 2.39 という数値の入ったー 変数 num が出来上がりました それではこの 2.39 という数値を 繰り上げてみたいと思います 繰り上げ には JavaScript の関数であるー Math.ceilというものを利用します この「ceil」の後の引数に 先程の num という変数を入れます これでこの 2.39 という数字が 繰り上げた数というのが この Math.ceil というものから 戻り値として返ってきます それでは実際に ブラウザで確認してみたいと思います こちらに「document.writeln( ... ) 」 と書きます そしてファイルを保存した状態で この html ファイルを ブラウザで確認してみたいと思います すると このように 「3」と出てきましたね それではエディタに戻ります このように このMath.ceilでは この小数点以下の値を繰り上げて 次の整数に持っていきます つまりは 3ですね 先程ブラウザ上で「3」と 表示されていましたので きちんと繰り上げられているのが分かります それでは次に 繰り下げについて 見ていきたいと思います 繰り下げに関しては Math.floor というものを使います このように書きます 先程と同じように この floor の隣の引数のところに 変数の num を入れます こちらもブラウザ上で確認してみましょう 「document.writeln ( ... )」ですね このままの状態で ブラウザで確認してしまいますと 上の数値と下の この繰り下げの数値が 横に並んでしまって ちょっと分かりづらいので 上のこちらに 改行タグを追加しておきましょう 「+""」そしてー 改行タグ < br > を入れます それではこの状態で保存をして ブラウザで確認してみます 先程の「3」の下に 改行されて 次は「2」と出ていますね それではエディタに戻ります このように元々の数字は 2.39 という数字でしたので この小数点以下が 繰り下げられて 「2」という整数になったわけです それでは最後に 四捨五入について見ていきたいと思います 四捨五入ですが 今回は「Math.round();」 このように書きます そして先程と同じように この round の引数に 変数 num を入れます それではブラウザに出力してみましょう 同じように「document.writeln (...)」ですね そして先程の繰り下げのところに < br >を同様に追加しておきましょう それではこの状態でファイルを保存して ブラウザで確認してみたいと思います html をブラウザで確認すると 「2」と出ていますね エディタに戻ってみます このように元々の数字は 2.39 でしたので 小数点以下が四捨五入されて 「2」という形になったわけです では一度数値を変えてみましょうか 例えば2.5とかでしたら どうなるでしょう 同様にファイルを保存して ブラウザで確認してみます ブラウザで確認すると 今度は四捨五入されて 「3」となっていますね エディタに戻ります 今回は 2.5 というのが 元々の数値ですので 小数点以下の5が四捨五入されて 整数の3になったわけです 以上で今回のレッスンは終了です 今回は JavaScript で 数値の繰り上げ 繰り下げ 四捨五入をする方法について 解説いたしました 忘れずに覚えておいてください

JavaScriptプログラミング入門講座

このコースではプログラミングを学んだことのない方でもわかるように、JavaScriptの基礎について順を追ってひとつひとつ解説していきます。またコースの後半ではHTMLの要素を書き換える方法や、指定した時間に処理を実行するタイマーの使い方などについても学びます。このコースを見てJavaScriptを使った動きのあるWebサイトを製作してみましょう!

5時間18分 (37 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年02月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。