初めてのMaya ダイナミクス

パーティクルのアトリビュート

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
運動量保存やライフスパンなどのアトリビュートをアトリビュートエディタを使ってコントロールする方法です。
講師:
05:09

字幕

このレッスンではパーティクルの アトリビュートについて解説します 一度パーティクルが生まれますと 1つのパーティクルのシステム自体にある アトリビュートを使って パーティクルを制御できます ではこのアトリビュートの いくつかを見ていきましょう パーティクルを選んで この「ホルダー」ボタンを使うか それか「Ctrl+A」を押しますと 「アトリビュートエディタ」が開きます この「particleShape1」 というタブを押して 「パーティクルアトリビュート」を 見てください 「一般コントロールアトリビュート」 という項目から見ていきます 「ダイナミック」という チェックボックスがあるんですけども このチェックを左マウスクリックで 押しますと消えます それとアニメーション 再生しても パーティクルは発生しません このダイナミックチェックボックスによって 簡単に このパーティクル ON OFF 付けたり消したりできます 次に「ダイナミックウェイト」 ですけれどもこれは 例えば フィールドとか衝突とか そういう外部からの影響が どれだけ受けるかというのを 決めてくれます 今ダイナミックウェイト 「1」なんですけども これ100% 外部からの影響を受けています 今このパーティクルには 重力 というフィールドが かかっているんですけれども 今その重力を 100%受けている状態です ですので発生した後 このように 下に下がっていっています これを「0」にしますと 重力の影響が無くなって パーティクルは上に飛んでいきます 次に「運動量保存」なんですけども これはパーティクルが生まれた時に もらったこのスピード このエミッタから授かった そのスピードをどれだけ 1フレームごとに保存するか というのが「運動量保存」です 「1」の場合はすべてのフレームで 100%運動量を保存します このように飛ぶんですが もしこの「運動量保存」が「0」の場合 生まれた時の エミッタからのスピードは 消えてしまいます ですので下に落ちてしまいます これが運動量の保存です 「キャッシュのデータ」の チェックボックスを「ON」にしますと このパーティクルアニメーションを キャッシュとして一時保存できます 次に重要なのがこの「ライフスパンモード」 このアトリビュートです ライフスパンモードというのは このパーティクルが どれだけ消えずに残るか というのを決めてくれます 今「不滅」になっているので このパーティクル永久に生き続けます 消えることはありません これを「定数」にしますと こんな風に「1」の状態で パーティクルが消えます これを延ばしますと「2」にすると もう少し長生きしてくれます ここで消えます これを「ランダム範囲」にしますと 「ランダム範囲」にしますと 「ライフスパン」のうえに 「ランダムライフスパン」というのがつきます これを「1」にしますと この「0.5」 になりますね この半分の数値が この「ライフスパン」の 1番長生きと 1番早く死ぬ奴と この場合は「0.5」なので「2.5」か 「1.5」の「ライフスパン」になります パーティクルによって どれだけ生きるかというのが変わります なのでこれ1番最後のところ 見るとわかるんですけれども この辺で 無くなっているものもあれば この辺で無くなっているのも あるという状況です 「ライフスパンPP」 というのがあるんですけれど これは個別の パーティクルの 消滅するその時間を 決めてくれます 次のアトリビュート 「時間アトリビュート」なんですけども これはパーティクルがいつ始まるか というのを決めてくれます 例えば このフレーム70で始めたい 1からではなく 70から始めたいという場合は 「開始フレーム」を「70」にします すると1~70は何も始りませんが 70フレームになった途端 パーティクルが放出されます パーティクルのアトリビュートの 一部を見てきましたが 他にもたくさんの パーティクルを操作するための アトリビュートが用意されています 中でもこの「ライフスパン」 重要ですので 覚えておいてください 以上 パーティクルの アトリビュートの解説でした

初めてのMaya ダイナミクス

このコースではMayaのダイナミクスモジュールのコンセプトやいろいろなツールの使い方について紹介します。パーティクルのシステムで組んだ火花のシミュレーションや流体エフェクトを使用したリアルな爆発の表現、ソフトボディーのシミュレーションによるセカンダリーアニメーションの自動化やパーティクルエフェクトのレンダリングの方法などを例を交えながら解説します。

2時間42分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年03月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。