初めてのMaya ダイナミクス

パーティクルの衝突

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
パーティクルをオブジェクトと衝突させる方法についての説明です。
講師:
07:14

字幕

このレッスンでは パーティクルとオブジェクトを 衝突させる方法について解説します Mayaではパーティクルと NURBSやポリゴンオブジェクトを 衝突させることができます そして衝突した後どうなるか という衝突イベントというものを 設定できます ではどうやって衝突させるか見てみましょう まず初めにパーティクルを選びます 左マウスクリックです そして「Shift」ボタンを押し込みながら 衝突させるサーフェスを選びます この時必ずパーティクルを 先に選んでください そして「パーティクル」 「衝突の作成」を選びます 巻き戻しまして もう1回 「再生」ボタンを押しますと こんな風に パーティクルが当たって 跳ね返ってという動きをしています これで衝突はできたのですが 跳ね返りの強さなど これはこの「geoConector1」 という濃度が 衝突したオブジェクトに できていますので それによってコントロールします このオブジェクトを選びますと 「geoConector1」となりますのでこれを 左マウスでクリックすると このように開いて アトリビュートが4つ出てきます この「弾性」というのが 跳ね返りの強さを表していまして 「1」の場合飛んできたスピードと 同じスピードで跳ね返ります こういう感じになります これが「0」の場合 跳ね返りは 抑えられて 表面を滑るように動きます これが「弾性」です 「摩擦」というのは このパーティクルが 衝突したサーフェスと 平行になった場合 どれだけそのパーティクルの スピードが落ちるかというのを 決めるのが「摩擦」です 「摩擦」が「0」の場合 このスピードはまったく落ちずに パーティクルのスピードは落ちずに ずっと落ちていきます この「摩擦」が「1」の場合 「摩擦」が100%になりますので オブジェクトは サーフェスの表面に くっついてしまいます ですので今は「弾性」を「0.5」くらいに そして「摩擦」を「0」にしましょう とこんな感じになります そしてMayaでは 衝突した後に 衝突イベントというものを 作ることができます 「パーティクル」 「パーティクル衝突イベントエディタ」 というのを開きます ここにセレクトされている パーティクルが記載されていまして この下でイベントを 作ることができます イベントには 「放出」と「分割」がありまして 「放出」というのは パーティクルが衝突した場合 新しいパーティクルが生まれます そして元あったパーティクルは そのままシミュレーションされます 「分割」の場合は パーティクルか オブジェクトに当たった場合 この今あるオブジェクトは消えて 新しいオブジェクトだけ放出されます これが「分割」です ちなみにこれを「放出」にして 「元のパーティクルの消滅」をすると 同じことになります ですので今巻き戻して 「放出」にします そして「プレイ」ボタンを 「サーフェス」ボタンを押すと 何も起こりません どうしてかというとこれを押しただけでは イベントは発生しません この「イベントの作成」ボタン というのを押します これを1回押しますと 「イベント」が作成されます ここに選択した「イベント」 「event0」というのが出ます 今これを再生しますと こんな感じにパーティクルが ここにぶつかったと同時に 出ていきます そしてまたこの1番初めの パーティクルがここに当たったとき またパーティクルが 出ていきます これを1回だけにしたい場合 このパーティクルが このサーフェスに当たった初めてのときだけ 放出したいという場合は この 「どの衝突にイベントを発生させますか?」 というのがありますので 「すべての衝突」 左マウスでクリックして消します そして「衝突数」というのがありますので 1回めだけだから この「衝突数」を「1」とします そして巻き戻しまして また「再生」ボタンを押しますと ここでぶつかった時だけ パーティクルが放出されます このパーティクルなんですが このグレーのやつが 新しいパーティクルなんですけれども このパーティクル 重力のフィールドに 影響を受けていないので どんどん遠くにまで飛んで行ってしまいます ですので「ウィンドウ」 「リレーションシップエディタ」 「ダイナミックリレーションシップ」 というウィンドウを開きまして 「particle2」これが このグレーのパーティクルなんですけれども これと 「gravityField1」を繋げます 左マウスで1回クリックすると 「gravityField1」がこのように 青くハイライトされますので これでこの「particle2」と 「gravityField1」は繋がりました ですので今また再生しますと こんな風に グレーのパーティクルは 下に落ちていきます でこの元あった パーティクルを消したいという場合は 「元のパーティクルの消滅」 というのを押しますと ぶつかったと同時に 元あったこのパーティクル 青いパーティクルは消えまして 新しいパーティクルだけ 出ていくことになります 今オブジェクト「particle1」と 「2」とあるんですけれど ハイライトされている この青く 青い帯で 包まれている パーティクルだけ このイベントで コントロールされています 次に このパーティクル このサーフェスと衝突させたいので まず グレーのパーティクルを選んで そしてサーフェスを選んで 「パーティクル」 「衝突の作成」をします そして「geoConnector1」が 新しくなっていますので またここにいって 「0.5」と入れてください すると今度は このグレーのパーティクル このサーフェスを 突き抜けるのではなく ここにぶつかってまたこういう風に 表面を通って落ちていきます この衝突なんですけれど 「ウィンドウ」 「リレーションシップエディタ」 「ダイナミックリレーションシップ」 を開きますと 「セレクションモード」という部分に 「衝突」というのがあります これを押しますと どのパーティクルが何と 衝突しているかというのが出てきます こういう感じです 「particle1」も「particle2」もこの 「nurbsPlane1」と衝突しています これで付けたり消したりもできます このようにMayaで簡単に パーティクルとオブジェクトの衝突 そして衝突後のイベントの設定が できるようになっています リアリティが増すように 使っていきましょう 以上パーティクルとオブジェクトの 衝突について解説しました

初めてのMaya ダイナミクス

このコースではMayaのダイナミクスモジュールのコンセプトやいろいろなツールの使い方について紹介します。パーティクルのシステムで組んだ火花のシミュレーションや流体エフェクトを使用したリアルな爆発の表現、ソフトボディーのシミュレーションによるセカンダリーアニメーションの自動化やパーティクルエフェクトのレンダリングの方法などを例を交えながら解説します。

2時間42分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年03月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。