初めてのMaya ダイナミクス

アクティブとパッシブリジッドボディ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
リジッドボディの概要の解説です。アクティブボディとパッシブボディの違いを説明します。
講師:
04:19

字幕

このレッスンでは リジットボディの概要の解説をします リジットボディを使えば オブジェクトにフィールドの影響や または リジットボディによる衝突によって シュミレーションをさせて リアルなアニメーションを作ることが 出来るというモジュールです そして 中にはアクティブボディと パッシブボディというのがありまして その違いも説明します まず初めに アクティブリストボディの作り方ですが オブジェクトを選びまして この場合 ナーブスでもポリゴンでもOKです 「ソフト/リジットボディ」という メニューがありますので 「アクティブ リジット ボディの作成」を 押します そしてこのプレーンの方も アクティブにしますので 「ソフト/リジットボディ」 「アクティブ リジット ボディの作成」を 押します ふたつとも アクティブリジットボディなので このふたつ 両方とも 衝突や フィールドの影響を受けます フィールドを作るときに この球だけを選んで 「フィールド」「重力」を選びますと この球にだけ この重力フィールドが かかりまして この球は落ちていきます ただ このふたつが衝突した場合 このナーブスのブレーンが このナーブスの球の衝突を感じ取って シミュレーションが続いていきます まず巻き戻します 必ず他のダイナミクスの モジュールと同じように リジットボディを使うときは シミュレーションの前に 一番初めのフレームに巻き戻して下さい そして 「再生」ボタンを押します こういう風にナーブスの球と ナーブスのブレーンがぶつかり合って シミュレーションをすることが出来ます これが両方からリジットボディの アクティブリジットボディの場合の シミュレーションなんですが このプレーンを動かさずに この球が このプレーンにぶつかるだけという アニメーションを作りたいという場合は このプレーンを選びまして この「rigidbody2」という ノードの中に 下の方にいきますと 「アクティブ」 「オン」という アトリビュートがあります これを「0」に変えます キーボードの数字の「0」を入れて下さい すると「オン」だったものが 「オフ」になります これを「オン」にしたい場合は「1」を 入れると「オン」になります こうすることによって 「アクティブ」「オフ」ということで このオブジェクトは 今パッシブボディというものになりました パッシブボディはアクティブボディが 衝突したときに このアクティブボディは止まりますが パッシブボディのほうは リアクションがありません ですので 今 「プレイ」ボタンを押しますと こんな風に アクティブボディは 表面で止まります これはこのオブジェクトを選びまして 「ソフト/リジットボディ」 「パッシブ リジット ボディの作成」を しますと 同じような状態になります この 「パッシブ リジット ボディ(の作成)」で リジットボディの作成をした場合は この「アクティブ」が「オフ」になって 作成されます もっとリアクションが欲しい場合は このオブジェクトを選びまして 「回転ツール」によって 少し回転させますと ぶつかったときに こんな風に転がっていきます 他にも これを元に戻しまして 右マウスボタンを押し込みながら 「コントロール頂点」を選んで 「移動ツール」で この頂点を 動かしていきます こういう 真っ平らじゃない状態にして 「オブジェクト モード」いきまして 同じようにシミュレーションしますと こんな風にぶつかって止まります このアニメーション自体は このオブジェクトの リジットボディの アトリビュートがたくさんありますので これをコントロールすることによって 動きが変わります このようにリジットボディを使えば オブジェクトにフィールドの影響を 与えることによって またリジットボディの衝突によって シミュレーションさせて リアルにアニメーションすることが できます 一度リジットボディのノードを オブジェクトに付けますと いつでもアトリビュートから アクティブかパッシブか 変更することが出来ます 以上 リジットボディの概要と アクティブとボディの違いについてでした

初めてのMaya ダイナミクス

このコースではMayaのダイナミクスモジュールのコンセプトやいろいろなツールの使い方について紹介します。パーティクルのシステムで組んだ火花のシミュレーションや流体エフェクトを使用したリアルな爆発の表現、ソフトボディーのシミュレーションによるセカンダリーアニメーションの自動化やパーティクルエフェクトのレンダリングの方法などを例を交えながら解説します。

2時間42分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年03月02日
再生時間:2時間42分 (27 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。