はじめてのIllustrator CS6

図形ツール類を使う

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Illustrator には、四角形、円、星形などの基本的な図形を簡単に描くツールがいくつか用意されています。ドラッグして直感的に描くこともできますし、厳密なサイズ指定をして描くことも可能です。これらの図形を描くツールは、最も使用頻度が高いツールですので、使いこなしていきましょう。
講師:
09:44

字幕

Illustrator には、四角形、円、星形などの基本的な図形を簡単に描くツールが幾つか用意されています。ドラッグして、直感的に描くこともできますし、厳密なサイズ指定をして、描くことも可能です。これらの図形を描くツールは最も使用頻度が高いツールですので、使いこなして行きましょう。まずは、基本的な図形を使って、簡単な風景画を描いて行きます。ツールパネルの右列の上から四つ目を見て下さい。ここに基本的な図形を描くツールが入っています。長押しをすると、上から長方形ツール、角丸長方形ツール、楕円形ツールなど、基本的な形が入っています。まず最初に、長方形ツールを選びます。そして、あらかじめ用意してあったスウォッチから、塗りの色をオレンジにしておきます。まずは大きさを指定して四角形を描いてみます。アートボード内でクリックをして、200 X 200 mm にしてみます。OK をクリックすると、指定した通りの四角形が描けます。選択ツールで選択して、四角形を移動した後、グラデーションツールで、グラデーションの方向を変更しておきます。次に、円を描いてみます。今度は、楕円形ツールに持ち替えます。先ほどの、右列の上から四つ目のアイコンを長押しして、楕円形ツールを選択します。 そして今度は、キーボードのShift Key を押しながら、ドラッグしてみましょう。楕円形ツールで、Shift Key を押しながらドラッグをすると正円を描くことができます。ここで Shift Key を離すと、この様に自由な楕円になりますので、Shift Key を離さない様にして、正円を描きます。そして先にマウスを離してから、後からキーボードを離して下さい。この正円は、赤にしておきます。選択ツールに持ち替えて、画面の左下の方に移動しておきます。次は、もう一度長方形ツールに持ち替えます。長方形ツールを選んで、自由なサイズで長方形を描きます。選択ツールに持ち替えて、この長方形を囲っている四角形バウンディングボックスを使って、サイズを変更します。大体で結構ですので、先ほどの正円が下が少し隠れるような感じで、長方形を描きます。この長方形は、スウォッチを使ってピンク色にしておきます。次に、三角形を描いてみましょう。三角形を描くには、長方形ツールの所を長押しして、多角形ツールを選びます。多角形ツールはドラッグすると、一番最初は六角形が描けるように設定されています。このマウスを離さないまま、プレスしたままで、キーボードの下向き矢印を押します。 そうすると、多角形の角の数が減ります。ここで、三角形になるまで角を減らして、マウスを離さないで押したまま、今度は Shift Key を押してみます。そうすると、三角形が垂直に立った状態になります。この状態でマウスを離してから、キーボードを離します。この三角形は黄色にしておきます。そして選択ツールを使って、下の方に移動し、バウンディングボックスを使って、縮めておきます。一度何もない所をクリックして選択を解除します。この三角形を少し変形させてみます。今度はダイレクト選択ツール、白い矢印を使って、三角形の一番頭にあるアンカーポイントを、ずらしてみます。この様な二等辺三角形にしておきます。もう一度選択ツールに持ち替えて、この二等辺三角形の上にマウスカーソルを合わせた後、Mac の方は Option Key、Windows の方は Alt Key を押します。そうしますと、マウスカーソルが複製できる状態に変わりますので、これで右の方にドラッグします。何もない所を一度クリックして、選択を解除した後、白い矢印のダイレクト選択ツールに持ち替えて、この様に左の方にアンカーポイントを動かします。そして、今度はゴールドに変えておきます。 段々何ができてきたか、お分かりになったでしょうか。今、夕焼けの海に浮かんでいるヨットを描こうとしています。では、もう一度楕円形ツールに持ち替えて、この三角形の下辺りで、横に長い楕円を描きます。その後、ダイレクト選択ツールを使って、一度何もない所をクリックした後に、この横に長い楕円の、上の円弧の丁度真ん中の辺り、ここをクリックした後、Delete Key を押します。これで、楕円形が下半分だけの半円になりました。これを選択ツールを使って、三角形の下辺りに移動させておきます。そして、長方形ツールを使って、マストを立てた後、選択ツールを使って、何もない所をクリックして解除します。次は、この三角形二つをShift を押しながら、同時に選択した後、メニューバーのオブジェクトの、重ね順から、最前面へ、こちらを選ぶことによって、画面の一番上に出てきます。次に、夕焼けの空に浮かぶ金星を描きたいと思います。今度は長方形ツールを長押しして、スターツール、こちらを選択します。そして画面右上の方でドラッグをすると、星が描けます。この時、Shift Key を押しながら描くと、星が垂直に立った状態で描くことができます。 適当な大きさの所で、マウスを離してから、キーボードを離して下さい。選択ツールに持ち替えて、バランスの良い場所においておきます。最後に、フレアツールを使ってみます。今、スターツールになっている所を長押しして、一番下にあるフレアツールを選んで下さい。そして太陽の右上辺りで、ドラッグをします。選択ツールに持ち替えた後、何もない所をクリックして、選択を解除します。フレアツールはこの様に、簡単に光の輝きを描くことができるツールです。さて、ここでは、ツールパネル右列の上から四つ目にある、基本的な図形だけを使って、簡単な風景を描いてきました。正確なサイズで基本図形を描いたり、描いた図形を変形したりすることによって、簡単でもそれなりに表現力のあるイラストを描くこともできます。これらの基本図形を描くことは、様々なグラフィックを作成する際のベースとなりますので、確実にマスターしておいて下さい。

はじめてのIllustrator CS6

このコースではIllustratorをまったく触ったことのない初心者の皆様でも迷うことのないように、基本的な操作からひとつひとつ丁寧に解説していきます。画面各部の名前や操作方法から始まり、ドキュメントの作成、図形の描画、色の変更など基礎的なことを網羅しています。

6時間55分 (48 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Illustrator Illustrator CS6
価格: 3,990
発売日:2014年01月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。