Photoshopで簡単におしゃれな3Dイメージを作ろう!

プリセットを利用して土星を作る(4) _ レンダリング

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
3Dオブジェクトはそのままだとキレイに表示されず、レンダリングが必要です。レンダリングに関するいくつかの方法を解説します。
講師:
04:58

字幕

オブジェクトはそのままだと きれいに表示されません 「レンダリング」が必要です 「レンダリング」に関する いくつかの方法を このレッスンで解説していきます まずレンダリング方法ですが メニューからの場合は 「3D」から 失礼しました 3Dを選んでなかったですね この3Dを選んだうえで この「3D」のメニューパネルをクリックし 「レンダリング」 こちらをおこないます そうすると左下に このように進行状況が 「表示されますよ」というふうに 警告が出て あとは画面全体が ちょっとあわあわーと してきましたね 「Escape」でやめることができます レンダリング途中でやめたので ザラザラしたままです 次にパネルから行う方法 同様に3Dを クリックした状況で 「属性」パネルの下 もしくは「3D」パネル こちらからレンダリングをすることができます このようにクリックして レンダリングをおこないます こちらがweb用の画像なので 800×600の72の解像度なんですが それでも画面全体を レンダリングするには 3分くらいかかってますね ちょっと重いです データ転送 こういう時も「Escape」キーで 途中でやめることができますし さらには 選択範囲 選択範囲を作ってその部分だけ レンダリングさせるということも可能です たとえばこの部分 まだきたないですね ここだけを選択範囲を作り 「3D」から「レンダリング」 こちらをします ショートカットキーがあります 「Option+Shift+Command+R」です Windowsの場合は 「Alt+Shift+Ctrl+R」です 押してみましょう 「Option+Command+Shift+R」 押すとこのように 選択範囲のみが レンダリングされて いま ここの粗々と こっちのほう まだきれいに 滑らかになってきましたね 待っていると もうレンダリングが終わりました 特にここら辺の差が わかりやすいですね 見やすいように ここ こんなに違うようになりました 部分部分だけレンダリング というだけであれば そんなに強力じゃないパソコンでも 十分にできますので ちょこまかと見てみるのも いいと思います またレンダリングに関して 時間がかかりすぎるので 多少画質を犠牲にしても いいから早く終わらせたい という場合には Photoshopの一番上のメニュー 「Photoshop」をクリックし 「環境設定」から「3D」 こちらの「レイトレーシング」 「高品質しきい値」これを低くしてください そうすると こちらのサイズが これで「OK」ボタンを押すと レンダリングが比較的早くなります あまり画質 きれいじゃないですけどね ほらもう終わりました でも非常にきたないですね こちらの「環境」の「3D」設定で 「レイトレーシング」を「3」に変えると 次はどうでしょうか まあまだ そこまできれいでは ないですけどないですけど 先ほどよりはまあいいかな というレベルですね なのでこちらの設定によって しきい値が変わってきます できれば「10」くらいは ほしいですね こんな感じで レンダリングをしていってもらいましょう 残り時間が8分 7分 結構かかっていますね このまま完成まで飛ばします レンダリングが完了しました 見てみるときれいに 表示されてますね また3Dの編集をおこなうと またレンダリングを しなくてはいけなくなるので そこらへんだけ気を付けてください このレッスンでは レンダリングについて解説をいたしました

Photoshopで簡単におしゃれな3Dイメージを作ろう!

あまり知られていませんが、Photoshopには3D編集機能が実装されています。細かいモデリングを行うのは難しいですが、既存の3Dモデルを開き、Photoshopならではの多彩な機能でテクスチャを作り、モデルにそのまま貼り付けることが可能です。このコースではプリセットの利用の仕方からさまざまなテキスト表現までを順に解説していきます。

2時間11分 (18 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年03月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。