PhoneGap Buildで作るGPSを使ったスマートフォン用地図アプリ

Geolocation Pluginの利用設定

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
アプリ内でGPS機能を利用する為に、PhoneGapのGeolocation Pluginを、アプリ内で利用する為の設定方法について、解説致します。
講師:
02:14

字幕

このレッスンでは アプリ内でGPS機能を利用するために PhoneGapの Geolocationプラグインを アプリ内で使用するための 設定方法について 解説いたします まずはダウンロードしてきた こちらの 「plugin」というフォルダの中に入っている こちらの「config.xml」ファイル こちらをエディタで開いてください そしてこれがそのファイルを開いた状態です このファイルを使いながら 今回のレッスンの解説を 進めて行きたいと思います それでは早速レッスンを始めていきましょう PhoneGap およびPhoneGap Buildでは 端末の機能 例えば今回のようなGPS といった機能を利用するためには こちらの「config.xml」ファイルの中で それに対応したプラグインを 読み込んであげる必要があります 今回はそのプラグインの読み込み方法に ついて解説いたします こちらの「config.xml」ファイルの中の ずっと下を見ていきますと こちらの部分ですね こちらの部分で今回のGPS機能に アクセスするための プラグインを読み込んでいます この「cordova.geolocation」 というものですね この「config.xml」ファイルは 以前のレッスンでGitHubから ダウンロードしてきた プロジェクトテンプレートファイルを 利用しているので このように 元から プラグインが読み込まれる設定 になっていますが もし自分自身で この「config.xml」を 一から準備する場合には このように利用したい機能の プラグインを読み込むのを 忘れないようにしてください このような形でプラグインを 読み込むことで 初めてそういった 端末にアクセスするための機能が アプリの中で利用することが できるようになります 以上でレッスンは 終了です 今回はアプリ内で GPS機能を利用するために PhoneGapの  Geolocationプラグインを アプリ内で利用するための 設定方法について 解説いたしました 以降のレッスンでは GoogleMaps APIを使って アプリ内で基本的な 地図を表示する方法について 解説いたしますので そちらも合わせてご覧ください

PhoneGap Buildで作るGPSを使ったスマートフォン用地図アプリ

PhoneGap BuildとはHTMLやCSS、JavaScriptなどを使って制作したファイルをモバイルアプリに変換してくれるWebサービスです。このコースではPhoneGap Buildを使いながらGPS機能を用いた地図アプリの作成する方法について学習します。PhoneGap Buildの事前準備や地図機能の実装方法などについて詳しく解説します。

1時間15分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年03月11日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。