Photoshop フィルター徹底解説

フィルターを使ってみよう

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
フィルターは古くからあるPhotoshopの特筆すべき機能です。画像に変更を加えることなくさまざまな効果をつけることができます。フィルターの基本的な設定を学びましょう。
講師:
05:12

字幕

フィルターは昔からある Photo Shopの特筆すべき機能です 画像に変更を加えることなく 様々な加工をつけることができます フィルターの基本的な設定を学びましょう このような作例があります 最初はこのように上部に 2つのレイヤーが表示されていますが 今回はこのレイヤーに注目してください このレイヤーは 他のレイヤーと違い 「スマートフィルター」というのがあり その下に3つの項目があります 「Find Edges」「Shadow Highlights」 「High Pass」です これらがフィルターなんですね そして「スマートフィルター」の左側にある この目のボタン これをクリックすると 表示・非表示を切り替えることができます これをクリックすることで 他のフィルター この3つのフィルター自体を 非表示にしました そうするとこのように 元の写真が表示されます そしてスマートフィルターをクリックしてみます ひとつひとつのフィルターが 表示されましたね フィルターは3つあります ではひとつひとつ見ていきましょう まずこちら「High Pass」 これはこのように 写真をくっきり見せます 非表示にしたときはこのように 少しぼやけていますが 「High Pass」を表示させると このようにくっきりします そしてここに連なっている 「High Pass」のところ 他のもそうですが 名前のところを ダブルクリックすることで このように 「スマートフィルターを編集中はこの フィルターの上にリストされるフィルターを プレビューできません」 フィルターパラメーターのダイアログで 設定を確定すると スマートフィルターが適応されます」 と表示されます これは編集中はこのプレビュー画面に 出てこないのですが 「OK」ボタンを押して ダイアログで設定して戻ってきたら また表示されますよと 警告しているんですね 「OK」ボタンを押します そうするとこのように「ハイパス」 のウインドウが表示され 値を変更できるようになりました かなり濃くしたい場合 薄くしたい場合ですね このように変更することができます それはこの2つも同じです 「Shadow Highlights」これは 明るさと濃さを変更しています このように出てきます シャドウを明るくしたり ハイライトを暗くしたり OKボタンで戻り 変えられます もともと英語のファイルだったのが 適応するとこのように 日本語のファイルに変わりますね 「Find Edges」はこのように 輪郭の検出です このようなスケッチのような表現を 行うことができます そしてこれら3つに共通するのが この右側のアイコンです これは描写モードを変更するものです 例えばこちらの輪郭検出 これの右側「ダブルクリックして フィルターの描写オプションを編集」 ダブルクリックすると このように 「描写オプション」というウインドウが表示され 「描写モード」そして「不透明度」が 変更できるようになっています 「不透明度」を変更すると このように フィルター自体が薄くなりますし 「描写モード」を変更すると このフィルターに「演算」が かかるようになります さらに注目すべきがこちら 「スマートフィルター」です この「スマートフィルター」は レイヤーマスクのように ブラシでこれらのフィルターの 適応範囲を制限することができます まずは「ツールパレット」から「ブラシ」 これを選択して 大きめにし このように「スマートフィルター」に 選択を合わせ 色を黒にして塗りつぶすと その部分だけが写真のようになりました 「スマートフィルター」を見ると 黒く塗りつぶされていますね その部分が フィルターが非表示になり 元のレイヤー この状態が見えている ように制限できるんです 非常に便利ですね フィルターの位置ですが こちらは メニューの一番上の「フィルター」 ここに並んでいます 昔からあるので これどうやって使ったらいいんだろう よく使われていた表現だから 古臭く感じちゃうかも というのもあるかもしれませんが 少し工夫を加えることで こういったテクスチャたちも 雰囲気のある自分だけの テクスチャ フィルターとして 使うことが可能です 新しいフィルターもいくつかあるので これらも紹介していきますね このレッスンではフィルターの使い方の 基本的な解説を行いました

Photoshop フィルター徹底解説

Photoshopのフィルター機能は画像のクオリティをあげるため以外にも、現実の撮影では再現できないような幻想的なビジュアルを表現するときに欠かせません。このレッスンでは数あるフィルターの中でも特に重要なシャープやぼかし、レンズ補正などのフィルター、またモデルの表情をレタッチするのに効果を発揮するビックフィルターなどを厳選し、作例とともに詳しく解説します。

2時間29分 (31 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年03月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。