Photoshop フィルター徹底解説

フィルタのマスクとブレンドモードを理解する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
フィルタマスクを使えば画像の一部分にだけフィルターをかけることができます。さらにフィルターにもブレンドモードを使うことができます。その方法を学習しましょう。
講師:
05:47

字幕

このレッスンでは フィルターの「ブレンドモード」 そしてフィルターの「マスク」について 学習していきます 「ブレンドモード」はレイヤーだけでなく フィルターにもかけることができ 「レイヤーマスク」も同様です それらの方法を見ていきましょう まずこちら こちらが完成図です 早速同様に作っていきましょう まずレイヤーの 「スマートオブジェクトサムネール」 こちらをダブルクリックします そうすると まだ何もかかっていない 状態の写真が開かれました こちらで作業をしていきます 右クリックで 「スマートオブジェクトに変換」 そうしたら 「フィルター」 そして 「スケッチ」 「クロム」をクリックします このように「クロム」の適応画面 プレビュー画面が出てきますので 「OK」ボタンを押してください この状態ではまだ 「演算」「ブレンドモード」や 「レイヤーマスク」をかけていないので 完成図と見た目が違いますね 早速変えていきましょう 一つ目 「クロム」のフィルターの右側にある このマークに注目してください マウスを乗せると「ダブルクリックして フィルターの描画オプションを編集」 とあります ダブルクリックすると このような 「描画オプション」という ウインドウが出てきました こちらの「描画モード」 これを変更することで様々な効果 見た目を試すことができます こちらを「オーバーレイ」にかけてみると 似てきましたね その他には明るくかけたり 逆に濃くかけたり 適応範囲を変えたり することができます 今回は「オーバーレイ」にしますね 今のままだとすごく 金属の表現が強いので 少し薄めにして 滑らかにしておきます 「OK」ボタンを押して 確定させることができます もし間違ってしまったり やり直したい場合は もう一度ダブルクリックをすればOKです あとは こちらに 「スマートフィルターの適用範囲」 こちらを調整していきましょう 「スマートフィルター」は 「レイヤーマスク」と同じように このように マスクサムネールが追加されます 「スマートフィルターマスクサムネール」 というんですね これをクリックした状態で 「ツールパレット」の「ブラシ」を選択し 効果を出したいときは白 効果を非表示したいときは 黒で塗りつぶしていきます ブラシのサイズを大きめにしておきましょう そして硬さは柔らかめですね こうした上で 不要なところに関して 黒で塗っていくと こんな形で フィルターの範囲を消すことができます もっと柔らかめにしておくと このようにぎりぎりなところも 滑らかに変えることができますので 少しラフに塗りつぶしていっても 違和感がないようにつくることができます このように行うことで レイヤーのマスクだけでなく フィルターのマスクをかけることができ 効果を細かく調整することができます こんな感じですね 大体似てきました 仕上げとして こちらの選択範囲 車の選択範囲 これを読み込むことにして 同じように適用していきましょう 選択範囲を保存して 「test」 そして 元の作業中のレイヤーの方 に戻って この「レイヤーマスク」に 選択範囲を読み込んでいきます メニューの「選択範囲」から 「選択範囲を読み込む」 これをクリックすると 先程保存したドキュメント この今開いているドキュメントを 選ぶことができ 「chrome.tif」 左側の完成の方ですね から「Alpha1」を 先程作成した「test」 などの名前で チャンネルを選ぶことができます そして「新しい選択範囲」として 「OK」を押すと 別のドキュメントの選択範囲を もう一つのドキュメントに 持ってくることができます この状態でレイヤーパレットを開き この「レイヤー0」に対して レイヤーマスクをかけると こんな感じで 同じような効果にすることができます このようにレイヤーマスクを 複製することで 範囲を別のドキュメントから 持ってくることができます 完成図と見てみましょう 背景を同じように非表示にしてみますね 二つを並べてみます 「アレンジ」から「全てを左右に並べる」 少し効果は違いますが 同じようなテイストになりました 非常に簡単でしたね ポイントはまず フィルターをかけたとき 「描画オプション」これで ブレンドモードを変更する そしてフィルターの適応範囲を マスクにかけることで 制限する この2つでした このレッスンでは フィルターの「ブレンドモード」 そして「マスク」を学習しました

Photoshop フィルター徹底解説

Photoshopのフィルター機能は画像のクオリティをあげるため以外にも、現実の撮影では再現できないような幻想的なビジュアルを表現するときに欠かせません。このレッスンでは数あるフィルターの中でも特に重要なシャープやぼかし、レンズ補正などのフィルター、またモデルの表情をレタッチするのに効果を発揮するビックフィルターなどを厳選し、作例とともに詳しく解説します。

2時間29分 (31 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年03月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。