Photoshop フィルター徹底解説

シャープ概要

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Photoshopにはシャープに関する機能がさまざまあります。フィルターメニューにだいたい7つ、ツールに1つ、このレッスンでそれぞれの場所と簡単な機能を解説します。
講師:
03:43

字幕

「Photoshop」には シャープに関する機能が様々あります 「フィルター」メニューにだいたい7つ 「ツール」に1つ このレッスンで それぞの場所と簡単な機能の解説をします まず シャープとは何でしょうか? こちらの作品を見てください 右側はシャープをかけていないもので 左側はシャープのかかっているものです 拡大してみるとそれがよくわかります この柱から上のアーチにかけてのところを 見てみましょう 左側は同じ模様でも この部分や柱のディテールが くっきり見えているのに対して 右側のものは少しぼけた印象になりますね 「100%」にして見ても 左側 特にこの黒い 上からぶらさがっている部分の 右と左では ディテールの繊細さに 違いがあることがわかるでしょう シャープは 左側のようにディテールを際立たせて それぞれの形をわかりやすくさせるものです 「Photoshop」のシャープの機能は様々あると 冒頭で話しましたが まず それを紹介していきましょう フィルターは 「ツール」にも1つあるとお話しましたね フィルターのシャープツールは こちらです ツールパレットの 「ぼかしツール」を見てみると 長押しした時に 「シャープツール」がでてきます これを使えば ビットマップの時 今のようなスマートオブジェクトではなく ただの写真の時ですね これを複製して統合しておきましょう このように スマートオブジェクトではなく ただの写真の時に ブラシと同じような感覚で なぞる毎にエッジを際立たせることができます ですが この方法だと後からやり直したり 細かくシャープの強さを 設定することができません なるべくは フィルター こちらのように スマートオブジェクトにしてから フィルターを適用し ここにもあるように マスクで部分を 部分部分にフィルターをかけていく という方法をお勧めしています フィルターの中にあるシャープですが 「フィルター」メニューの 「シャープ」を開いてください 「アンシャープマスク」「シャープ」 「シャープ(強)」 「シャープ(輪郭のみ)」「スマートシャープ」 「ぶれの軽減」とあります これらが 基本的に 「Photoshop」で行われるシャープ機能です 1、2、3、4、5、6個 6個ありますね さらに 「ビッグフィルター」の 「Camera Rawフィルター」 この中にもシャープと同様の機能があります まず「Layer 0」を選択した状態ですね この状態で 「フィルター」-「Camera Rawフィルター」を クリックすると このような画面になります 右側にある設定パネル 左から3つ目「ディテール」ですね ここに シャープに対する設定を 行う項目があります 本当にシャープは様々あるのですね これ以降のレッスンで 細かいシャープの使い方などを 見ていきましょう このレッスンでは ツールやフィルターにある シャープの簡単な紹介を行いました

Photoshop フィルター徹底解説

Photoshopのフィルター機能は画像のクオリティをあげるため以外にも、現実の撮影では再現できないような幻想的なビジュアルを表現するときに欠かせません。このレッスンでは数あるフィルターの中でも特に重要なシャープやぼかし、レンズ補正などのフィルター、またモデルの表情をレタッチするのに効果を発揮するビックフィルターなどを厳選し、作例とともに詳しく解説します。

2時間29分 (31 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年03月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。